50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新宮市議会 2019-06-11 06月11日-01号

平成30年度同様、二つ公益事業収益事業から成る事業で当協会を運営していくことになります。損益計算ベースでの収入については、3ページに記載のとおり、経常収益総額は8,131万円を見込んでおります。昨年度と比較して8万5,000円の増額となっています。 一方、経常費用総額も同様で、元の内訳は4ページから5ページに記載のとおりですが、令和元年度の正味財産増額は見込んでおりません。 

新宮市議会 2018-06-12 06月12日-01号

平成29年度同様、二つ公益事業収益事業から成る事業で当協会を運営していくことになります。損益計算ベースでの収入につきましては、3ページに記載のとおり、経常収益総額は8,122万5,000円を見込んでおり、昨年度と比較して297万6,000円の減となっています。一方、経常費用総額も同様で、その内訳は4ページから5ページに記載のとおりですが、平成30年度の正味財産増額は見込んでおりません。 

田辺市議会 2016-09-20 平成28年 9月定例会(第4号 9月20日)

また、貸与につきましては、時価による貸し付けを基本としていますが、「田辺財産の交換、譲与、無償貸し付け等に関する条例」において無償貸し付け、または減額貸し付けが可能となる条件として、「国等又は公共的団体において、公用もしくは公共用又は公益事業の用に供するとき」と規定されています。  

新宮市議会 2016-06-15 06月15日-02号

平成27年度同様、二つ公益事業収益事業からなる事業で当協会を運営していくことになります。損益計算ベースでの収入については、3ページに記載のとおり、経常収益総額は8,281万9,000円を見込んでおり、昨年度と比較して251万円の減となっています。一方、経常費用総額も同額で、その内訳は4ページから5ページに記載のとおりですが、平成28年度の正味財産増額は見込んでおりません。 

田辺市議会 2015-02-27 平成27年 3月定例会(第1号 2月27日)

また、町内会自治会等住民自治組織との連携協力を深めながら、安全で安心な明るく住みよいまちづくりを進めるほか、みんなでまちづくり補助金につきましては、従来の公益事業はもとより、本年は、市民の皆様による田辺市合併10周年に資する事業にも支援を行うなど、市民まちづくり活動の充実と発展に努めるとともに、企業各種団体、さらには大学など、多様な主体参画によるまちづくりを積極的に展開してまいります。

田辺市議会 2014-02-27 平成26年 3月定例会(第1号 2月27日)

また、町内会自治会等住民自治組織との連携協力を密にしながら、安全で安心な明るく住みよいまちづくりを進めるほか、みんなでまちづくり補助金については、従来の公益事業に加えて、本年は、市民の皆さんによる世界遺産登録10周年に資する事業にも支援を行うなど、市民まちづくりへの参画を促進するとともに、企業各種団体、さらには大学など、多様な主体参画によるまちづくりを積極的に展開してまいります。  

新宮市議会 2013-06-11 06月11日-01号

本年の4月に公益法人から一般法人への移行をした関係から、二つ公益事業収益事業からなる事業で当協会を運営していくことになります。これは、平成24年度決算のほうも事業の組みかえ等で反映させてはいますが、今年度からが本格稼働となります。 次に、損益計算ベースでの収入について御説明いたします。 2ページをお開きください。 

田辺市議会 2013-02-27 平成25年 3月定例会(第1号 2月27日)

本件につきましては、市民よる主体的なまちづくり推進目的として、市民団体が行う公益事業に対して交付するみんなでまちづくり補助金の公正かつ適正な執行を図るために、これまで要綱をもって設置していたみんなでまちづくり補助金交付審査委員会について、当該委員会における審議等が直接住民権利義務に影響を及ぼす権利行使の前提となるものであることから、市の附属機関として明確に位置づけるため新たに条例制定をするものです

新宮市議会 2012-03-07 03月07日-02号

教育部参事文化複合施設担当]兼文化振興課長中岡保仁君)  この財団法人佐藤春夫記念館につきましては、この事業内容公益事業としまして文化振興事業に特化してございます。佐藤春夫の顕彰、それから研究事業、それから資料の収集、整理、保存ということで、なかなか一般的な公募にはなじまないというふうに私ども考えてございます。

新宮市議会 2011-06-14 06月14日-01号

◆4番(榎本鉄也君)  そしたら、最後に公益事業の、これは公益事業だぞという認可というか、決定権限というのはどこにあるんですか。 ◎財政課長向井雅男君)  この新熊野体験研修協会の高田はほうに事務所を置いてますんで、この場合は県をまたがっていませんので、県内に委員会というのがありまして、そちらのほうに、和歌山県のほうに申請を出すことになります。

田辺市議会 2009-02-27 平成21年 3月定例会(第1号 2月27日)

次に、62ページのまちづくり推進事業費1,120万1,000円につきましては、市民による主体的な公益活動を促進するための経費で、市民と行政との協働推進するための学習会における講師謝礼金市民活動の総合的な支援拠点であります田辺市民活動センター業務運営に係る委託料、市民活動団体が実施するさまざまな公益事業支援するためのみんなでまちづくり補助金が主なものでございます。