運営者 Bitlet 姉妹サービス
112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-03-09 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月09日−08号 児童虐待の防止には、早期発見、早期対応、非常にこれが大事な取り組みとなってまいります。虐待の通報があったとき、情報収集のおくれが虐待防止のおくれにつながってまいります。  市は、青少年行政や教育委員会等、児童との接点が多く、自治会や民生委員など関係機関とも密接な関係にあります。住民基本台帳もあります。 もっと読む
2017-03-09 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月09日−08号 児童虐待の防止には、早期発見、早期対応、非常にこれが大事な取り組みとなってまいります。虐待の通報があったとき、情報収集のおくれが虐待防止のおくれにつながってまいります。  市は、青少年行政や教育委員会等、児童との接点が多く、自治会や民生委員など関係機関とも密接な関係にあります。住民基本台帳もあります。 もっと読む
2017-03-08 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月08日−07号 また、市民の身近な相談窓口として対応しており、児童相談所並びに各関係機関と連携し、児童虐待の未然防止や早期発見に取り組んでいるところでございます。  次に、市長は、児童福祉法第59条の4に基づき児童相談所を設置しないのかとの御質問でございます。  児童福祉法第12条で、「都道府県は、児童相談所を設置しなければならない。」 もっと読む
2017-03-08 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月08日−07号 また、市民の身近な相談窓口として対応しており、児童相談所並びに各関係機関と連携し、児童虐待の未然防止や早期発見に取り組んでいるところでございます。  次に、市長は、児童福祉法第59条の4に基づき児童相談所を設置しないのかとの御質問でございます。  児童福祉法第12条で、「都道府県は、児童相談所を設置しなければならない。」 もっと読む
2017-03-07 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月07日−06号 フィンランドで児童虐待による死亡率が低いのは、ネウボラの下支えが大きいと考えられます。児童精神科医カイヤ・プーラさんは、特にゼロ歳から3歳までの乳幼児期には御両親とのかかわりがとても大事で、お父さん、お母さんが同程度子育てにかかわっていくのが大切です。 もっと読む
2016-12-14 新宮市議会 平成28年 12月 定例会-12月14日−03号 城南中学校では児童虐待防止月間に合わせ、オレンジリボンの授業を行ったとのことですが、ぜひ認知症サポーター養成講座も行っていただきたいと思います。担当課の準備が、今、準備中ということだったので、準備が整った際には、ぜひ学校での授業にも取り入れていただきますようお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。 もっと読む
2016-12-06 和歌山市議会 平成28年 12月 定例会-12月06日−05号 児童虐待は、社会全体で解決すべき重要な問題となっています。平成16年から、厚生労働省では、毎年11月を児童虐待防止月間と定め、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、集中的な広報啓発活動を実施しています。  私にも何かできないかと、街頭活動で虐待防止の訴えや虐待防止協会の屋外イベントに参加し、虐待防止の訴えをしています。 もっと読む
2016-09-16 田辺市議会 平成28年 9月定例会(第3号 9月16日) 育児不安とは育児行為の中で一時的、あるいは瞬間的に生じる疑問や心配ではなく、持続し、蓄積された不安の状態と定義づけされており、出産意欲の減退、児童虐待の要因の一つとして着目されています。  特に、妊娠期から乳幼児期における母親の精神的負担は大きいと言われ、客観的には全く心配事がないように見えても、実は強い不安感を抱いているという母親は決して少なくありません。   もっと読む
2016-09-15 和歌山市議会 平成28年  9月 定例会-09月15日−06号 今後は、さらにこども総合支援センター体制の強化と家庭児童相談員の能力向上を図り、ふえ続ける児童虐待を未然防止することに取り組むことが大切と考えています。  以上でございます。 ○議長(野嶋広子君) 北教育局長。  〔教育局長北 克巳君登壇〕 ◎教育局長(北克巳君) 28番森下議員の一般質問にお答えします。   もっと読む
2016-09-15 和歌山市議会 平成28年  9月 定例会-09月15日−06号 今後は、さらにこども総合支援センター体制の強化と家庭児童相談員の能力向上を図り、ふえ続ける児童虐待を未然防止することに取り組むことが大切と考えています。  以上でございます。 ○議長(野嶋広子君) 北教育局長。  〔教育局長北 克巳君登壇〕 ◎教育局長(北克巳君) 28番森下議員の一般質問にお答えします。   もっと読む
2016-06-27 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第3号 6月27日) 初めに、児童虐待の防止についてから質問させていただきます。  本年、5月27日、児童福祉法等の一部を改正する法律が成立し、6月3日公布となりました。 もっと読む
2016-06-27 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第3号 6月27日) 初めに、児童虐待の防止についてから質問させていただきます。  本年、5月27日、児童福祉法等の一部を改正する法律が成立し、6月3日公布となりました。 もっと読む
2016-06-22 和歌山市議会 平成28年  6月 定例会-06月22日−06号 いろいろな、先般、児童虐待の問題についても質問がありましたけれども、そういう一つ一つの問題が発見できるという機会はいろいろあると思うんです。保育所であったり、小学校であったり、その一つが学童保育でもあると思います。 もっと読む
2016-03-11 田辺市議会 平成28年 3月定例会(第4号 3月11日) また、この大綱に基づき、全ての子どもたちが夢と希望を持って成長していける社会を実現するため、ひとり親家庭、多子世帯等、自立応援プロジェクト、児童虐待防止対策強化プロジェクトとして、施策の方向が取りまとめられ、重点施策としましては教育の支援、生活の支援、保護者に対する就労支援、経済的支援等を掲げ、10の基本方針と合わせて児童虐待の発生防止等を通して、総合的に推進するとしております。   もっと読む
2016-03-08 新宮市議会 平成28年  3月 定例会-03月08日−04号 児童虐待問題で、全国平均、県内の平均、新宮市の虐待件数の平均、これちょっとお願いしたいんですが、当局いかがですか。 ◎子育て推進課長(南拓也君)   虐待の件数なんですけども、平成26年度の実績で報告させていただきます。  全国におけます児童虐待件数は8万8,931件、和歌山県では932件。そのうち紀南児童相談所管轄受付件数が、田辺市になります。これについては148件となります。 もっと読む
2016-03-04 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月04日−04号 一、育児の不安や児童虐待などが問題となるとともに、いじめや子供たちの自尊心の低さが課題となっていること。  一、このような社会の大きな変化を受けて、平成18年度に教育基本法が改正され、「父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有する」と明記されたこととお教えいただきました。   もっと読む
2015-12-14 和歌山市議会 平成27年 12月 定例会-12月14日−08号 この点、児童虐待を防止する上でも、今、最も求められる重要な取り組みであることから、全戸訪問が果たせるよう積極的に取り組まれたい。  次に、災害救助費における見舞金について、昨年は大雨により床下、床上浸水があったにもかかわらず、罹災者に対する支給件数は余りにも少ないものとなっているが、これは制度そのものがホームページ上での広報にとどまるなど、市民に十分周知されていなかったことに起因するのではないか。 もっと読む
2015-12-14 和歌山市議会 平成27年 12月 定例会-12月14日−08号 この点、児童虐待を防止する上でも、今、最も求められる重要な取り組みであることから、全戸訪問が果たせるよう積極的に取り組まれたい。  次に、災害救助費における見舞金について、昨年は大雨により床下、床上浸水があったにもかかわらず、罹災者に対する支給件数は余りにも少ないものとなっているが、これは制度そのものがホームページ上での広報にとどまるなど、市民に十分周知されていなかったことに起因するのではないか。 もっと読む
2015-12-03 和歌山市議会 平成27年 12月 定例会-12月03日−06号 現在は、さまざまなリボンや色がございまして、わかりやすく、例えば、イエローリボンは障害者の社会参加促進、オレンジリボンは児童虐待防止、パープルリボンは女性に対する暴力根絶、ピンクリボンは乳がん早期発見、ブルーリボンは北朝鮮による拉致被害者の救出、レッドリボンはエイズへの理解、支援等々、もちろん1色ではなく何色か合わせたリボンなどもございます。   もっと読む
2015-09-17 新宮市議会 平成27年  9月 定例会-09月17日−05号 また、児童虐待対策支援事業費に関しては、希望する臨床心理士が確保できなかったことに伴う賃金差額等により返還金が生じたもの」との答弁がございました。   もっと読む