運営者 Bitlet 姉妹サービス
1976件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 また、小学校4年生の児童は、みずから子ども民生委員というのを立ち上げて、高齢者のお宅に訪問して回っているとのことで、その中で実際に脱水症状であった高齢者を発見して、水を飲ませて命を救った例もあるということをお話ししてくださいました。  以前から申し上げておりますが、このことからもわかるように、子供たちは本当に素直に行動に移してくれます。 もっと読む
2018-08-06 印南町議会 平成30年  8月 臨時会-08月06日−01号 1点目は、去る6月18日に発生した、大阪北部を震源とした地震により、小学4年生の児童がブロック塀の転倒により、尊い命が失われました。これらの事を受け、当町では緊急点検、「きっと来る、必ず来る、その日のために」を胸に、学校施設、通学路、また避難路沿いのブロック塀等の総点検を、学校・教育委員会・自主防災会・町職員等で、4校区に分かれて校区内点検を実施しました。 もっと読む
2018-06-15 海南市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号 国民健康保険税や後期高齢者医療保険料、介護保険料、保育料、児童手当などについてどうなるでしょうか、教えていただきたいと思います。  それから、生産性革命の実現に向けた中小企業の設備投資の支援についてです。  今、黒原議員が聞かれたのでわかったんですけれども、生産性を向上させるために中小企業の設備投資を促進しようということで、その計画を立てていく。 もっと読む
2018-06-14 印南町議会 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 次に、15款.1項.1目.民生費県負担金、民生児童委員活動費県負担金として3万2,000円の増額でございます。2目の衛生費県負担金、養育医療給付費県負担金として5,000円の減額でございます。  2項.1目.総務費県補助金で286万6,000円の減額。住宅耐震化及びわかやま防災力パワーアップ補助金の減額であります。2目.民生費県補助金では58万8,000円の減額であります。 もっと読む
2018-06-12 印南町議会 平成30年  6月 定例会-06月12日−02号 学校においては、成長期にある児童・生徒の食育の推進は、学校給食を中心として推進を図ることが大切であると考えています。本町においては安心・安全、感謝の心の育成、地産地消、作り手の顔が見える温かでおいしい給食を子ども達に提供するために、自校単独方式で行なっています。残食も少なく、県下、全国でも誇れる方式を採用していただいていると思っております。 もっと読む
2018-03-23 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月23日) 次に、体育施設管理費のうち、田辺スポーツパーク野球場等の市内児童生徒が参加する大会等での利用状況についてただしたのに対し、「地元の大会については、一般の合宿等の予約を受け付ける時期よりも早い段階で希望を聞き調整を行っている。 もっと読む
2018-03-22 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月22日−10号 圏域内に住んでいる人口減に歯どめをかけるため、例えば、隣接市町の保育園に行くことも可能になれば、待機児童の解消につながるなどサービス向上につなげることができ、圏域内人口の維持に資するはずであり、一方で本市へ人口を呼び込む単独施策は、並行して別に取り組みを進めることが必要ではないかとの意見がありました。   もっと読む
2018-03-22 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第4号 3月22日) 2項児童福祉費1目児童福祉総務費、本年度544万9,000円、11節2万8,000円、12節6万5,000円、13節20万8,000円、20節514万8,000円。2目母子福祉費、本年度478万円、8節150万円、11節6,000円、次のページをお願いします。13節4万3,000円、19節131万1,000円、20節192万円。 もっと読む
2018-03-22 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月22日−08号 一部を改正する条例      (以上5件 総務建設委員会委員長報告)  日程6 議案第15号 新宮市国民健康保険事業基金条例の一部を改正する条例  日程7 議案第16号 新宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例  日程8 議案第17号 新宮市国民健康保険条例の一部を改正する条例  日程9 議案第18号 新宮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例  日程10 議案第19号 新宮市放課後児童 もっと読む
2018-03-16 印南町議会 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 ○議長 -住民福祉課長- ◎住民福祉課長 これにつきましては、平成30年度からの児童福祉分野の新規事業として実施するものでございます。  事業の概要でございますけれども、生後2ヶ月を超えて1歳に満たない第2子以降の乳児を、家庭内で保育している父母に対し、月額3万円を支給するというものでございます。保育園等へ入所された場合は対象とならないということでございます。 もっと読む
2018-03-15 印南町議会 平成30年  3月 定例会-03月15日−04号 2項.児童福祉費:1億3,609万6,000円。3項.生活保護費:38万1,000円。  4款.1項.保健衛生費では2億8,180万円。2項.清掃費で1億5,394万3,000円でございます。  1枚おめくりいただきまして、3項.水道費では7,169万7,000円。  5款.1項.農業費では1億4,537万4,000円。2項.林業費7,308万6,000円。 もっと読む
2018-03-15 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第3号 3月15日) 2項児童福祉費5目認定こども園費、補正額140万2,000円、補正後の額5,919万2,000円、11節8万1,000円、13節132万1,000円。9目学童保育費、補正額4万円の減、補正後の額783万7,000円、12節4万円の減。  次のページをお願いいたします。4款衛生費2項環境衛生費1目環境衛生費、補正額34万6,000円、補正後の額627万円、12節34万6,000円。 もっと読む
2018-03-15 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月15日−06号 次に、議案第8号 海南市立小学校及び中学校設置条例の一部を改正する条例について、まず、委員から、小学校を廃止する条例改正であるが、休校や廃止に至るまでの基準はあるのかとの質疑があり、当局から、休校の基準は策定していないが、休校に至った経緯では、冷水地区の児童数の減少と保護者及び学校関係者との協議により、子供たちの教育上の観点から内海小学校本校へ通学するほうが望ましいのではないかという意見があり、平成 もっと読む
2018-03-14 印南町議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 日程第8、「議案第8号 印南町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について」を議題といたします。  本案について、提案理由の説明を求めます。  −教育課長− ◎教育課長 議案第8号 印南町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について。   もっと読む
2018-03-12 印南町議会 平成30年  3月 定例会-03月12日−02号 3番、児童・生徒の教育方針について。前回、教育、学力というところで、教育長のほうからいろいろ説明いたただきまして、非常に私も感心したんですけれども、その教育と並行して、義務教育終了後、生徒・児童は進学、就職と進み、多くの新しい出会いをしていきます。この出会いでうまくコミュニケーションをとり、友達をつくっていくことは非常に重要でございます。 もっと読む
2018-03-09 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日) このような変化の激しい社会の中で、これからの学校には、一人一人の児童生徒が、自分のよさや可能性を認識するとともに、多様な人々と協働しながらさまざまな社会変化を乗り越え、豊かな人生を切り開き、持続可能な社会の担い手となることができるようにすることが求められております。   もっと読む
2018-03-09 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月09日−08号 過去5年間の入所児童数の変化と待機児童数、新年度4月時点での待機児童見込み数はどうなっていますか。  開所時間、土曜日の受け入れ、保育内容など、保護者、指導員の要望をどのように把握しておられますか。  現在の指導員の待遇と現状はどうなっていますか。  以上お伺いいたしまして、第1問といたします。(拍手) ○議長(古川祐典君) 尾花市長。   もっと読む
2018-03-08 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日−07号 次に、児童生徒のスマートフォンについて。  少し古い資料でありますが、子供がスマホを利用する時間は、2014年総務省発表の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に対する調査」によると、10代のスマホ利用時間は、平日で1日平均119分、休日で194分となっています。この数値は、あくまでも平均でありますので、実際はもっと多くの時間を使っていると推測されます。   もっと読む
2018-03-07 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月07日−06号 この法律において、障害者とは、18歳以上の身体障害者、知的障害者、精神障害者が含まれ、精神に障害のある児童児童福祉法において同様に規定されています。  したがって、法律からしても精神障害者が障害者として認められることは明らかでありますが、現状では全てのサービスが同等に実施されているわけではありません。   もっと読む
2018-03-07 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−05号 同僚の久保議員が一般質問で、子供の貧困問題から子ども食堂についての質問を取り上げておりましたけれども、その際、当局のほうの答弁の中で、新宮市のひとり親家庭が470件余りあるよと、児童数が600人ぐらいというようなことが示されておりましたけれども、このデータについて、もう一回当局、ひとり親家庭の件数と児童数、確かなものがあったら教えていただきたいんですけれども。 もっと読む