運営者 Bitlet 姉妹サービス
413件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-06 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月06日−05号 ホームページを見ますと、減免の理由の一つに、倒産、解雇などにより年間所得が前年より半分以上減少した場合に所得割額を最大50%減額するとし、ほかにも要件があることが書かれてあります。自営業者にとっては、倒産しなくても所得が半減するということがあり得ます。倒産と限る理由は何でしょうか。限る必要はないと思いますが、どうでしょうか、お答えください。   もっと読む
2017-12-07 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月07日−06号 私道の所有者が倒産しているケースもあります。  こういった道路が、いざ老朽化や災害で通行不可能となったとき、誰がどうやって直すのか−−災害復旧事業の対象にならないばかりか、これは国からの補助対象にならないということでありますけれども、救急救命や避難、物資供給等々、初動のおくれにつながる懸念はないのかと気になります。  そこでお聞きします。   もっと読む
2017-12-07 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月07日−06号 私道の所有者が倒産しているケースもあります。  こういった道路が、いざ老朽化や災害で通行不可能となったとき、誰がどうやって直すのか−−災害復旧事業の対象にならないばかりか、これは国からの補助対象にならないということでありますけれども、救急救命や避難、物資供給等々、初動のおくれにつながる懸念はないのかと気になります。  そこでお聞きします。   もっと読む
2017-09-21 海南市議会 平成29年  9月 定例会-09月21日−08号 事業がうまくいかなかったら倒産あるいは財産喪失になってしまうという危機感を感じながらも事業をしている他の業種の中小企業の方々の気持ちを考えると、そんなふうに思うわけであります。このため、こういう問題を森林環境税を創設するならばきちんと整理して、間違えのない制度をつくってもらいたいという気持ちでおるわけであります」と知事が答弁しております。私も、知事のその答弁のとおりではないかと考えます。   もっと読む
2017-03-10 新宮市議会 平成29年  3月 定例会-03月10日−08号 あのときにチップヤードができなんだら、新宮港埠頭は倒産しとるかもわからん。そうなったら新宮市も、みんなも議会でわいわいしたある。市民もどないすんないうて、乗り込んできてるかもわからん、そういう現状があった。  もしこれを否決すればどんな影響があるか、俺、今考えてん、きのう寝やんと。そうしたらまず第一に、契約不履行いうことが、違約金も発生するわな。前渡金もろたあるわな。 もっと読む
2016-10-05 海南市議会 平成28年  9月 定例会-10月05日−07号 この3、経営形態の見直しとは、これまでの公立病院を倒産させて、民間譲渡、指定管理者化、あるいは独立行政法人化させようとする計画であります。  全国の多くの自治体病院では、平成25年度決算の結果を見て、経営形態の見直しをしています。   もっと読む
2016-09-21 海南市議会 平成28年  9月 定例会-09月21日−06号 つまり公立病院の倒産であります。ただし、海南市民病院は、KIC(海南医療センター)の建設計画推進中でしたので、直の適応を避け、平成30年度の決算で赤字の場合に経営形態を見直すとされています。  病院事業管理者にお伺いします。平成27年度決算も赤字ではありませんでしたか、お伺いします。  また、KIC新築以来の平成25年度、平成26年度の決算も赤字ではありませんでしたか。   もっと読む
2016-09-16 和歌山市議会 平成28年  9月 定例会-09月16日−07号 それで、認定外道路、管理課が管理する道路のうち、多くは、以前、分譲住宅で分譲されて、分譲した業者がもう当事者能力を失っている、あるいは倒産している、あるいはもう解散している、それで所有権移転はなされてない、所有権だけ見ると私道という扱い、それで道路認定が打てないので認定外道路という扱い。ただ、認定外道路管理課は100数十万円しか出てない。補修の費用を持ってません。 もっと読む
2016-09-14 和歌山市議会 平成28年  9月 定例会-09月14日−05号 あわせて、引き上げについては、必要という意見とともに、引き上げだけを押しつけられても困る、中小企業、小規模事業者への支援策がなければ倒産に追いやられる事業者が出てくるのではないか、こういう声があります。どうしても対策が必要との意見が大変多く寄せられています。  大きなもうけを上げている大企業はともかく、厳しい経営状況が続く中小企業、小規模事業者に対する早急な対策や支援が必要ではないでしょうか。   もっと読む
2016-06-24 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第2号 6月24日) 心配されているのは、なかなか今答弁があったような形の理解がまだ皆さんされていないので、制度が変わって要支援者のサービスが総合事業に移行して、単価が引き下げられたり、そういうことが続いていけば、経営を継続するなど大変厳しいと、いずれは倒産、事業をやめる、そういうことを心配されています。市は小規模の介護事業所が事業を継続するため、今後どのような支援ができるのか。 もっと読む
2016-06-24 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第2号 6月24日) 心配されているのは、なかなか今答弁があったような形の理解がまだ皆さんされていないので、制度が変わって要支援者のサービスが総合事業に移行して、単価が引き下げられたり、そういうことが続いていけば、経営を継続するなど大変厳しいと、いずれは倒産、事業をやめる、そういうことを心配されています。市は小規模の介護事業所が事業を継続するため、今後どのような支援ができるのか。 もっと読む
2016-03-07 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月07日−05号 さて、市内の事業者の状況はどうかといいますと、先日の中村朝人議員の代表質問に、小売店を中心とした商業では、消費増税の悪影響が目立ち、その後のさまざまな外部要因もあって回復基調が鈍化している、鈍っていると答弁があり、また、事業者の倒産も続いているように厳しい状況があります。そういうときだからこそ、回復を後押しする何らかの施策が必要です。   もっと読む
2016-03-04 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月04日−04号 水産物の卸売業者につきましては、昭和49年の開場以来2社で運営してきましたが、1社が平成14年に倒産し、現在は1社となっています。中央卸売市場の水産物を取り巻く環境は厳しい状況ではありますが、水産物の卸売業者が1社では競争原理が働かないということがあり、2社体制が理想と考えておりますので、今後も粘り強く進出企業の誘致に努力してまいりたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2015-12-02 海南市議会 平成27年 11月 定例会-12月02日−03号 つまり、平成25年度に経常収支比率が赤字の場合は、病院を倒産させて経営形態の見直しをするというわけです。ただ、しかし、海南市民病院の場合は、この通知が届いたころには既に新病院建設への取り組みが進んでいましたので、例外的に、平成30年度の経常収支比率が赤字の場合は、KIC(海南医療センター)を倒産させて経営形態の見直しをすることとなっています。   もっと読む
2015-10-02 海南市議会 平成27年  9月 定例会-10月02日−07号 さて、平成30年度の病院会計で単年度赤字になれば、医療センターは倒産しなければなりません。54億円をかけて新築した病院が新築早々倒産すれば大変なことになります。これも神出市政の失政、失策であります。  議案第69号については反対であり、決算を認定するわけにはまいりません。  次に、議案第70号については、はしご付消防自動車購入費の予算です。   もっと読む
2015-06-09 新宮市議会 平成27年  6月 定例会-06月09日−01号 それと、大手量販店が自社流通に切りかえていったとか、那智勝浦町の量販店が倒産とか、いろんな要因がありまして、なかなか計画どおりできてないというような現状にあります。ただ、利息分については確実に支払っております。 もっと読む
2015-03-12 田辺市議会 平成27年 3月定例会(第4号 3月12日) そして、採算が合わなくなれば、赤字で、倒産すらあり得るということで、融資もどんどん縮小する。余計に経営が厳しくなる。こういった規制緩和によって、便利になった地域もあったでしょうが、この人口の少ない当地のようなところでは、負の側面ばかりが直接出たのではないかと感じています。   もっと読む
2015-03-12 田辺市議会 平成27年 3月定例会(第4号 3月12日) そして、採算が合わなくなれば、赤字で、倒産すらあり得るということで、融資もどんどん縮小する。余計に経営が厳しくなる。こういった規制緩和によって、便利になった地域もあったでしょうが、この人口の少ない当地のようなところでは、負の側面ばかりが直接出たのではないかと感じています。   もっと読む
2015-03-04 海南市議会 平成27年  2月 定例会-03月04日−03号 また、海南医療センターは経営改善をせず新築したため、早晩倒産が迫られています。さらに、市役所本庁は最も利便のよいところに立地すべきが生命線であるのに、山の上へ移動することになりました。これら3件は、私に言わせれば、近年の3大箱物建設の失敗です」。 もっと読む
2015-03-03 海南市議会 平成27年  2月 定例会-03月03日−02号 また、海南医療センターは経営改善をせず新築したため、早晩倒産が迫られています。さらに、市役所本庁は最も利便のよいところに立地すべきが生命線であるのに、山の上へ移動することになりました。これら3件は、私に言わせれば、近年の3大箱物建設の失敗です。この大規模箱物のうち、消防署建設を除き、他の2件は、総合計画において事前にうたわれていませんでした。 もっと読む