14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

印南町議会 2020-03-31 06月10日-03号

改正内容につきましては、非常勤消防団員等に係る損害補償基準を定める政令で定める非常勤消防団員等また消防作業従事等の損害補償に係る補償基礎額について、所要改正を行うものであります。また、民法の一部を改正する法律により法定利率が改定されたことに伴って、補償年金前払一時金等が支給された場合における支給停止期間等算定に用いる利率についても、所要改正を行うものであります。 

新宮市議会 2017-06-14 06月14日-02号

条例基準となりますこの政令改正が3月29日に公布、4月1日の施行となりましたことから、本条例改正につきましては、政令との整合、施行までの日数、また、改正内容条例による補償額算定に関係することから、対象となる消防団員消防作業従事などへの影響を考慮して、地方自治法第179条第1項の規定に該当するものとして、市長により専決処分したものでありまして、同条第3項の規定により、本議会に報告して

和歌山市議会 2015-03-05 03月05日-07号

工事現場は、公共図書館部分--今回、この工事現場監督さんが働いてるのは公共図書館と、その上に民間住宅とか店舗が併設した複合施設を建設した工事なんですが、工事現場公共図書館部分民間店舗住宅に分かれており、公共図書館部分作業従事は黄色い腕章を着用している。黄色い腕章着用者のほうが腕がいい。建設会社としては、腕のいい職人が集まれば、仕事も早く、安心して任せられる。

田辺市議会 2010-03-15 平成22年 3月定例会(第5号 3月15日)

しかし、経営、また作業従事の雇用のためもあって、赤字覚悟伐採作業を続けられているのが現状です。過去には、木材販売の利益で次の植栽をして木を育てる。この繰り返しで山林経営が成り立ってきました。ご承知のとおり、昨今の不況でも伐採は行われていますが、後の植栽作業が進まず、切り後がそのままの山が多く見受けられます。経済の悪循環が住宅建設木材需要の不振に影響をしているのだと思います。  

高野町議会 2008-06-16 平成20年第2回定例会(第2号 6月16日)

第5条第3項中「または非常勤水防団員もしくは消防作業従事等」を「もしくは非常勤水防団員または消防作業従事、救急業務協力者水防従事者もしくは応急措置従事者」に、「200円(非常勤消防団員等扶養親族でない第1号に掲げる者がある場合にあってはそのうち1人については217円、」を「217円(」に、「ない場合にあっては」を「ない場合にあっては、」に、「とする」を「とするものとする」に改める。  

和歌山市議会 2002-07-04 07月04日-09号

次に、清掃車による事故については、作業従事の意識の高揚を図るなど、無事故を目標に鋭意努力されたい。 次に、交通量が多い地域には、大気中の微粒子にダイオキシン類が含まれているとの報告もあることから、その調査について一度検討するとともに、地域に密接したよりきめ細かい調査を実施し、市民の方々にも結果を公表するなど、情報を提供されたい。 

  • 1