5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

和歌山市議会 2019-09-17 09月17日-03号

2つ目の減免、免除要件については、災害、疾病、事業廃止納税ができなくなったと認められる場合の徴収猶予滞納処分を執行することにより、事業継続または生活維持を困難にするおそれがあるときの換価猶予地方税法に規定され、当該期間が減額、免除の対象となります。 なお、実績については、平成30年度で2件の換価猶予を行いました。

海南市議会 2015-12-04 12月04日-05号

徴収猶予とは、納税者財産等災害を受けたこと、一定の親族病気事業廃止要件にしており、納税者からの申請によらなければ徴収猶予必要性を知ることができないのに対し、換価猶予とは、既に滞納処分の手続が進行している中で、財産換価を直ちに行うことにより、その事業継続、または生活維持を困難にするおそれがあるときなどの要件に該当するかしないかの判断については職権でしか行うことができず、納税者

印南町議会 2015-11-06 12月16日-03号

それで、ちょっと確認をしておきたいんですけれども、ここの具体的な猶予のこの要件についてなんですけれども、震災、風水害、火災、それから生計を一にする親族病気負傷があった場合、3番目には事業廃止などというふうに認識をしておるんですけれども、これらの要件が当てはまったら1年間の猶予自主申告で分納がすることができると、このような認識でさせてもらったらよろしいんでしょうか、まずちょっとお答えください

和歌山市議会 2014-06-13 06月13日-02号

したがいまして、支払い困難な場合には、納付相談において個別に事情をお伺いして、天災、火災等災害を受けた場合や事業廃止の特別な理由に当てはまる場合には延滞金免除を行うなど、きめ細かい対応に努めてまいります。 2点目でございます。 国に対し、市独自で国の負担をふやすよう要望すべきだと思うがどうかとの御質問であります。 

海南市議会 2005-12-09 12月09日-05号

資格証の交付は、特別な事情、例えば病気負傷事業廃止で、国保税納付が困難な場合などがないのに納期限から1年の滞納がある者には資格証を発行しなければならないということになってございます。 担当の課としましては、まずは戸別訪問納税相談を繰り返ししながら、また分割納付など何らかの対応納付していただくことにより、被保険者証を交付させていただくということになってございます。

  • 1