12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

海南市議会 2021-02-25 02月25日-01号

また、資本的収支として、収入では、企業で1億4,600万1,000円、支出では、器械備品等購入費企業債長期借入金償還金等で3億7,788万8,000円を計上しています。 なお、病院事業会計への繰出金については、新型コロナウイルス感染症による病院事業への影響等をいましばらく見極めた上で判断したいと考え、肉づけ予算として6月定例会において御審議いただきたいと考えております。 

新宮市議会 2019-03-15 03月15日-07号

議案第26号は、電源開発株式会社からの協力金受け入れによる負担金及び企業に係る補正です。 議案第27号は、敷屋簡易水道浄水場内に設置している電磁流量計の取りかえによる購入費補正等です。 本委員会は、慎重審査の結果、議案第26号及び議案第27号については、当局説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 以上で、報告を終わります。

海南市議会 2018-09-13 09月13日-04号

これは主に新庁舎整備事業やみらい子ども園建設事業などの大型事業に伴い、①地方債現在高及び普通交付税における⑪基準財政需要額算入見込額が増加する一方で、③公営企業繰入見込額④組合等負担等見込額⑤退職手当負担見込額がそれぞれ減額となったことで、実質的な将来負担額減額となったことによるものでございます。 なお、早期健全化基準は350%でありますので、基準値を下回っている状況でございます。 

和歌山市議会 2017-12-06 12月06日-05号

比率が改善した要因としては、後年度に交付税措置される臨時財政対策債を除いた地方債残高公営企業への繰入見込額が年々減少し、土地開発公社解散等により将来負担額が減少してきたことに加え、将来負担額から控除可能な基金の額が増加していることにより、将来負担比率の値が改善しているものでございます。 以上でございます。 ○副議長(井上直樹君) 15番。 

高野町議会 2008-09-29 平成20年第3回定例会(第2号 9月29日)

それから一つ飛びましお手、公営企業繰入見込み額特別会計等へ繰り出すときに、公債費に当たるであろう、または公債費のために一般会計が繰り出さなければならないというようなお金でございます。これが10億4,901万8,000円ございます。それから、一部事務組合等負担見込み額9,160万9,000円、これは主に広域のごみ関連公債費に対する負担金見込みでございます。

海南市議会 2007-03-09 03月09日-04号

このことについては、やはり国・県の指導では、不良債務の解消の見通しなくして金策のめど立たずということで、やはり企業お借りするのには不良債務を解消しなければならないということで、今、鋭意経営健全化に取り組み、一般財源からもかなりの額を繰り出し、応援をしているという状況でございますので、こういっためどが立たなければ建設計画に入れないということで、先日来、議員の一般質問にもお答えしたのはそういったところであります

和歌山市議会 1993-06-25 06月25日-04号

地方債当該年度末における現在高見込み調査によりますと、普通債災害復旧債公営企業債、準公営企業を含め、すべて当該年度末現在高見込み額は累計で 2,327億368 万円にも上っております。この、いわゆる借金の返済金利等を考えると、今後の財政運営上、深刻な事態を招きかねないと予想されますが、この返済計画金利負担につきまして、単年度でどれだけ要しているのか御説明をください。 

和歌山市議会 1989-12-20 12月20日-07号

委員から62年度大滝ダム事業変更に伴い建設費が倍になり、当然和歌山市の63年度負担も増額されたが、これによって建設改良費配水管整備事業費が圧迫されるのではとの意見に対し、当局よりダム負担金については企業により充当している関係上、63年度においては建設改良費を圧迫するものでないとの理解をしていただきたいとの答弁に、委員から建設改良事業配水管事業費を増額すれば企業債を起こすとしても資本的収入

  • 1