181件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-11 田辺市議会 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日) SNSは、仲間同士で気軽にコミュニケーションがとれる便利なツールですが、その気軽さゆえに個々人の発言までもが慎重さを欠き、時に相手を深く傷つけることになってしまうこともあります。ところが、書き込みをした当の本人は、相手を傷つける意図は全くなかった、相手がそれほど傷ついていたとは気がつかなかったと自身の行為に対して余りにも無自覚であることも少なくないのです。   もっと読む
2018-12-10 田辺市議会 平成30年12月定例会(第3号12月10日) 特に真夏の田辺祭などは汗びっしょりで大変ですが、それでも仲間たちは不平一つ言わず笑顔で交通指導に務めています。  私にとりまして、この交通指導員の仲間たちは誇りです。 もっと読む
2018-12-07 田辺市議会 平成30年12月定例会(第2号12月 7日) 関係人口とは、観光などで訪れる交流人口以上、その地域に住む定住人口未満、その地域に多様にかかわる人々、仲間やファンだと定義されています。地方では今、関係人口がふえることで地域が活気づく、関係性が深まり、行く行くは関係人口から定住人口へと移り変わることが期待されています。   もっと読む
2018-06-25 田辺市議会 平成30年 6月定例会(第2号 6月25日) 現在では、そんな花のグループが30団体以上とか、県下一の花いっぱいのまちを目指す仲間にとっては最高の原動力でございます。  花つぼみ会の活動の中でも特に目を引くのが新庄総合公園です。 もっと読む
2018-06-15 海南市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号 スポーツ同じようにやっている仲間が、施設を利用したいのに、先にゆうゆうスポーツクラブ海南が計画しているそういったメニューがあるために使えないときが多いんだそうです。  そこで、非会員の個人の方々や、例えばバスケットするグループなどの任意的に仲間でつくっている方でも指定管理者が行う自主メニューにも入っていけるんかどうか。 もっと読む
2018-06-14 印南町議会 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 印南で、例えば子どもができて、こども園預けて、仲間もできて、知り合いもできて、ああ、いいね、印南に住みたいねといって家建ててもうて、この流れというのはコンプリートするんやろうなというふうに思うんです。そういった見地から見ると、印南は、例えば若い人が住みました、子どもできました、こども園も近いし職場へもすぐ行ける、御坊のほうでも田辺のほうでも行ける、ということができるんだと思うんですが。 もっと読む
2018-03-23 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日) 今年で退職となりますが、今まで支えてくださいました議員の皆様、上司や仲間たち、また町民の皆様に感謝いたします。退職後もどうぞよろしくお願いいたします。  どうもありがとうございました。(拍手) ○議長(所 順子) 議長の私も一言申し上げたいと思っております。  私もしばしお別れとなります。また皆様とお目にかかれれば幸いかと思っております。長い間、御清聴ありがとうございました。 もっと読む
2018-03-12 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日) 地元、地域のことを学び、地域への貢献意識の醸成、ともに活動できる仲間をつくることも大事なことです。市では、地域活動の人材育成、リーダーづくりに力を入れていただいておりますが、取り組みの状況、参加者の年齢構成、その方々のその後の活動、今後の取り組みの方向性などについてお聞かせください。  4点目、人生100年の生き方についてお伺いいたします。3点目の質問、生涯学習と関連してお聞きしたいと思います。 もっと読む
2017-12-05 高野町議会 平成29年第4回定例会 (第2号12月 5日) 対象になっている事案に対してもっと真剣に議論していくべきで、どうも仲間意識のあらわれで、大事なところを見失っているんじゃないかと私は推測します。  また、委員長自身、議長に対して「うるさい、出ていけ」の発言で処罰を受けた身として、今回の大谷議員の「おまえ」といった発言は、﨑山議員自身、よいと思っているのか。 もっと読む
2017-11-30 高野町議会 平成29年第4回定例会 (第1号11月30日) そういう意味でいうたら、仲間意識をあまり持つべきではない。そういった仲間意識を持つことによって、議会運営も前に進んでいかない。また、町長も朝、言うとったけども、この議会のことをやっぱり町長も、不信感というか、議員のことは議員の中でやってくださいと。 もっと読む
2017-09-20 印南町議会 平成29年  9月 定例会-09月20日−02号 全国の市町村を対象に、その人口と産業構造の2つの要素を基準として類似団体のグループ、同じ様な仲間ということでございますけれども、そういうグループに分けまして、そこの職員数を比較するものでございます。  印南町は2のゼロという類に入り、平成28年度4月1日現在、当町と同じ類似団体は全国に109の団体がございます。その109の団体の普通会計の人口1万人当たりの職員数は153.09となってございます。 もっと読む
2017-09-15 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第3号 9月15日) また、私自身も市内の災害現場に加え、旧熊野川町日足地区、宮井地区、那智勝浦町の井関地区、口色川地区にも仲間とともにボランティアの一員として入り、貴重な経験をさせていただきました。  こうした災害時、ボランティアの受け入れには、ボランティアセンターを立ち上げて対応することになりますが、円滑なボランティアセンター運営にはスタッフの育成が必要となります。スタッフの育成はどのように考えているのか。 もっと読む
2017-06-20 新宮市議会 平成29年  6月 定例会-06月20日−03号 高校生の定時制4年生のときに、学生仲間の皆さんと相談をして、原水爆禁止世界大会の東京大会への代表派遣のため、募金活動を行おうと、こういうことになり、その募金活動に参加をしてまいりました。市民の皆さん方のお宅を1軒1軒訪問し、核兵器廃絶の署名と募金を訴えて活動を行ってきたことを思い出しています。 もっと読む
2017-03-13 印南町議会 平成29年  3月 定例会-03月13日−02号 ここに来る方は、ひきこもりになっている当の本人さんは来れんので、親御さんがそこに集まってきて、自分の苦しい胸の内を打ち明けたり、そういうことをやって話を聞いてくれる仲間がおるということで、ほっとしてまた元気を出して家に戻っていくんやよというようなことも話されていました。   もっと読む
2017-03-13 田辺市議会 平成29年 3月定例会(第4号 3月13日) それは自分の通った学校、子供たちがお世話になった学校、自分を育ててくれた場所、仲間や思い出、私は学校であるように思います。子供たちのために地域で何かできないか。地域の学校は自分たちの学校、地域の子供は自分たちの子供という意識を持ち、自分たちの学校をよくするという意識が自分たちの地域をよくするという意識につながります。   もっと読む
2016-09-16 和歌山市議会 平成28年  9月 定例会-09月16日−07号 カラオケの愛好家が集い、お互いが喉自慢を競って楽しまれるばかりでなく、家族や友達、また仕事の仲間とのコミュニケーションの場として活用している人も多いと思います。  そういった意味では、コミュニケーションツールであると言えると思います。  次に、生涯スポーツ社会の実現について、市長の考えをとの御質問でございます。   もっと読む
2016-09-15 和歌山市議会 平成28年  9月 定例会-09月15日−06号 私には仕事をさせてもらうところがある、登庁すれば私の机がある、ロッカーがある、相談できる仲間がいる、頼りになる上司がいる、恵まれているなと思いながら市役所へ登庁させていただきました。  市役所へ奉職したい人は星の数ほどあります。職員は難しい採用試験を突破された方々ばかりです。プロであります。市民のために魂を入れて、全力を尽くすことだと思います。   もっと読む
2016-06-24 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第2号 6月24日) 今回も農業振興ということで質問させていただきますが、農業振興課、産業部長から「宮本、またか」と怒られるようでありますけれども、これは田辺市の大事な基幹産業、そして私のライフワークでもあり、またかつての農協宣伝部の仲間からも、「おまえはおれたちの代表だから農業問題をしっかりやれ」とはっぱをかけられておりますので、最後までおつき合いをよろしくお願いいたします。   もっと読む
2016-03-11 田辺市議会 平成28年 3月定例会(第4号 3月11日) 本宮町の施設長さんとは、昔から猟友会の仲間だったこともあり、よく話をさせていただいておりますが、最近お電話をさせていただいたところ、この1カ月で肉がよく売れて、ほとんど冷蔵庫にはないという答えが返ってきました。本当にありがたいことであります。  そして、その売り上げのほとんどが東京や大阪の料理店やレストラン、そして焼き肉店などでございます。 もっと読む
2016-03-09 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月09日−07号 それは、教職員が仲間内でつくる研究会の主催者であったりとか、教育の世界で各教科のエキスパートと呼ばれる人たちが、内々で教師が業者と組んでいたことになります。知らなかったでは通らない、行ってびっくりしたでは通りません。  同時に、平日にこの閲覧会が行われた情報が私の耳に入っております。では、その教師は出張でそれを処理したのか、有給休暇で処理をしたのか。いずれも、職務専念義務違反です。   もっと読む