619件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

(教育長 佐武正章君 登壇) ○教育長(佐武正章君)    議員御指摘のように、不登校の主な要因が発達障害によるのではないかと推測される事例もございますが、不登校には、家庭環境や学校生活、人間関係等さまざまな要因が関係していると考えられますので、確定するのは難しい状況にあります。  

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

地域の密接な人間関係が色濃く残っているという富山型デイサービスとは同じわけにはいきませんが、全国で1,700の事業所が存在するということは、ヒント、参考になる点があったからではないでしょうか。  地域包括ケアシステムの基本理念である、住みなれた地域で支え合い、自分らしく安心して暮らし続けられる地域社会の実現は、まさに地域づくりに直結するものであると思われます。

田辺市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第4号12月11日)

何かというと、自信がないときって、人間ってすぐにまあって言ってしまうのですよね。私たち選挙で回っていても、まあ頑張ってよと、応援はしないけれどもまあ頑張ってよと。この人まあって言ったから心ないなって思ったりするのですが、先ほどの答弁の中に、原稿には恐らく書かれていないそのまあが入ったときに、やはり自信がないのかなと思ってしまったのですが、厳正に処理を行って、確かに不正に請求してはなりません。

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

このような活動を通して、確かな学力だけではなく、豊かな人間性、健康、体力も含めていわゆる生きる力につなげていくことが大切であると考えております。             (教育長 佐武正章君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    柳瀬理孝君。             (2番 柳瀬理孝君 登壇) ○2番(柳瀬理孝君)    答弁いただきました。

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

水は、人間が命を維持する、生活を営む上で最も重要なものです。ぜひ災害時における給水対応の充実に向け前向きに進めていただくことを要望して次の質問に入ります。  午前中、安達議員さんからも災害時の電気に係る質問がございました。私のほうからは、指定避難施設における電源の確保について質問を行います。  

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

寛容に修復しようにも本案は私のアイデンティティー、仁義の問題であり、リスペクトを悪意に解釈されたショックが余りにも強烈で、人間不信に陥っているところであり、悲しいことではありますが「思いやりと正義」の価値観をもう一度考え直さなければならないとさえ思うところであります。  以上の原因によって、公開の議場における北村議員の陳謝を求めるものであります。  以上。

高野町議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会 (第3号 9月20日)

大河ドラマ、NHKが大河ドラマとして空海を取り上げるということについては、それだけで一つメリットが上がるという考えもあると思いますが、この映画を見ることによって、見た人がどのように高野山へ帰依していくか、高野山を見詰めていくかということが、非常に古い人間といたしましては心配するところであります。

新宮市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−06号

「こうこうで、こうやから、俺が女の子の尻らさわるような人間や思うとるんか」と言ったら、議長は、「俺ところへ来たさかええけれども、おまえ警察に行ったらどうするんな」と言うから、「警察行ったらええやないか」と言って。だから、そこで議長は、大西は弁解しやると思いやんと違うかなと思って。  それで、ちょうどその日か、副議長と一緒になったんです。そして、副議長に、「北村が大西に尻さわられたと。

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

伝統の船びき網漁法では、ほとんど人間の力だけで網を引くので、小さな魚体にも優しく、傷つけず水揚げされます。手こぎ舟しかなかった時代から全国各地で行われてきた漁法ですが、いつの間にかシラス漁としては磯間に残るだけとなっており、世界文化遺産の中に入れてほしいぐらいです。その湊浦漁協にある湊浦漁協食堂での生しらす丼のシラスはこの漁法でとられたシラスであるため、大変おいしく好評と聞いております。

田辺市議会 2018-07-06 平成30年 6月定例会(第4号 7月 6日)

私は、約1年前まで選ぶ側の人間でした。選挙の際、知りたかったのは、まずどんな人が立候補しているのかなということでした。次に、お顔に関心を持ちました。どんなお人柄なのかなとイメージします。ここまでは新聞や告示後のポスターなどで知ることができます。でもこの段階で投票の判断はできません。告示前だと候補者のリーフレットを手にして、経歴や目指すものなどを知ることができます。

田辺市議会 2018-06-26 平成30年 6月定例会(第3号 6月26日)

先日公表されましたイセエビ放流事業の需用費の不正事案があったことについて、漁師の息子として江川で育った人間としては、ふんまんやる方ない思いでいっぱいであります。  私が育ったときに比べ、現在の漁業者を取り巻く環境は深刻であります。漁獲量が大幅に減っている現状。魚価の低迷、漁業従事者の高齢化や減少、後継者不足など近い将来田辺の漁業は本当に深刻な事態であります。  

田辺市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第2号 6月25日)

過去の経験や人間の知恵によって必ず命を守っていくためにも、災害時の備えや皆様の協力によって犠牲者をできるだけ少なくではなく、1人の犠牲者も出さないように知恵を出し合い、乗り越えていけるよう願い、大項目の一つ目の質問を終わらせていただきます。  それでは、大項目二つ目のため池の管理と防災減災対策についてお尋ねしたいと思います。  まず、一つ目として、ため池の管理方法と現状についてお尋ねします。  

海南市議会 2018-06-15 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号

ですから、やはり人間が生きていく上で、この食費とかは一番大切なところなので、その点、当局として、特に食費を引き下げることについて、コメント、考えをいただけたらと思います。 ○議長(川崎一樹君) 答弁願います。  仲社会福祉課長 ◎社会福祉課長(仲恭伸君) 再度の御質疑にお答えいたします。  

海南市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日−04号

まず、教育委員会独自に取り組んできた内容はございませんが、戦争や暴力を排して平和を願い、平和を守り、命のとうとさと人間の尊厳を認識し、人間として他者と共感し、相互に理解し合う力を育成するという観点で、平和教育は重要であると考えております。  平和教育、平和学習という特定の時間はございませんが、各学校においては平和教育について創意工夫しながら取り組んでいるところです。  

印南町議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

この議論は前の庁舎からずっとされてきましたが、僕は吸わない立場の人間ですけれども、受動喫煙、子ども達にということですけれども、その子ども達の親というのも吸っている親もたくさいます。僕の親もずっと吸っていました。今元気です。  それは、今ブームというたらあれやけれども、喫煙とか禁煙とかブームに、僕吸わん立場として見ていたら、また乗っている。他所もしているさかい、自分ところもするんや。

印南町議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会-06月12日−02号

2011年3月11日の東日本大震災で、世界でも最悪と言われる原発事故の恐ろしさ、そして、原発は一旦事故が起これば人間の手に負えない問題が次々と発生することを、国民全体が体験をいたしました。ですから、まだ福島原発の問題がきちんと解決していないままの中で、現政権が成長戦略の柱の1つに原発政策を押し出して原発の再稼働を進めておりますけれども、この対応には多くの批判、疑問の声が出ています。  

高野町議会 2018-03-22 平成30年第1回定例会 (第4号 3月22日)

ただ、なかなか面接の時点で花坂地区なり、高野町で住むというところが、どういう仕事をされて、どういう活動をされてというところの説明をして、面接をするわけですけども、当初の面接の雰囲気では、やっていけそうやということで活動していただいてたわけなんですけども、どうしても都会から来られたというところで、田舎の暮らしの人間関係の濃密さというのが、僕らにとったらそれが人づき合いということで、田舎暮らしのよさかなと

高野町議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会 (第3号 3月15日)

守らない人間に懲罰かけられる、処罰要求されるほど私も大変情けないと思ってます。まず自分の身をただしてからそういうことをおっしゃっていただきたい。子供のやんちゃじゃないんですから。だだこねることばっかり、議会を混乱させることだけじゃなく、きちっとした法にのっとって行っていただきたいと思います。  最後に、私も1年生で頭も悪いと思っています。

田辺市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日)

自立とは何か、人間の尊厳とは何かが問われています、当局の見解を求めます。             (6番 久保浩二君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    保健福祉部長。           (保健福祉部長 木村晃和君 登壇) ○保健福祉部長(木村晃和君)    議員の御質問にお答えいたします。