運営者 Bitlet 姉妹サービス
1237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-13 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−05号 常に美しく、外の草もぼうぼうになったときは、シルバー人材センターに言って、刈らせばいいんですよ。職員も、ほいで庶務課長、特にあなたは庶務を扱うんだから、院内を歩かなあかんで。我がの仕事が忙しいかしらんけれども、院内の庶務は庶務課長の責任やで。  そして、もう一つ、食事は必ず1カ月か2カ月に、医療センターの給食の食事を食べていますか。事務長初めどうぞお答えください。 もっと読む
2018-09-11 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−03号 ◎総務課長(山下泰司君)   人事評価制度におきましては、能力及び実績に基づく人事管理の徹底のためのツールではありますが、その目的につきましては、やはり人材育成であると考えております。  議員御指摘のとおり、公務員の使命である質の高い行政サービスを提供するためには、職員個々の能力を向上させる必要があると思っております。 もっと読む
2018-03-23 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月23日) また、新規就農の際に、農業次世代人材投資資金の活用により、年間150万円の給付金を最長5年間受給いただくなど新規就農者の経営確立を支援する」との答弁がありました。これに対し委員から、新規就農に係るさまざまな新規事業が計上されているが、就農意欲の喚起と就農の定着のためにさらに尽力されたいとの要望がありました。   もっと読む
2018-03-23 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日) また、高野山でしたらシルバー人材センターさんのほうに委託させてもらっている分があります。あと、大きくはまた業者のほうで入札の分もあります。それで500万計上させていただいてます。 もっと読む
2018-03-22 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月22日−10号 空家対策費に関連して、委員から、昨今、空き家が増加している状況の中、近隣の住宅に悪影響を及ぼす迷惑空き家とならないよう、先進市ではシルバー人材センターを活用し、簡易な雑草の処理等、空き家の管理を委託しているとも聞き及ぶことから、本市においても、そうした事例を参考に空き家対策を推進すべきではないかとただしたところ、当局より、本市としても、シルバー人材センターに対しては、積極的に活用するという市全体の方針 もっと読む
2018-03-12 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月12日−09号 総務省幹部からは、大学の定員規制などは焼け石に水、東京一極集中はとめられないという見方が出ているそうで、平成26年12月に閣議決定された地方創生の総合戦略の中で、地方への人材還流、地方での人材育成、地方の雇用対策の項でうたわれている、平成32年には東京圏と地方の転入・転出者数を均衡させるという目標は達成することが困難な状況であるという解説が添えられております。   もっと読む
2018-03-09 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日) 次に、同じく政策分野「活力」の中から、若者の活躍を促す取り組みについてでありますが、御承知のとおり、平成28年度から、地域資源の活用によるビジネスモデルの創出と人材育成を目的として、たなべ未来創造塾を開講し、これまで23名の修了生を輩出しております。 もっと読む
2018-03-09 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月09日−08号 まちなか3大学誘致は、進学時における若者の県外流出の抑制、人材が不足している専門職の養成、まちなかのにぎわい創出を目的に取り組んでまいりました。  現在、誘致が決定している大学は、看護師、保育士、薬剤師など専門性の高い人材を養成する大学で、3分野とも就職時における本市での需要は高く、市内の就職先は十分あり、市内の病院、保育園なども実習先となりますので、学生に就職先を知ってもらうこともできます。   もっと読む
2018-03-09 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月09日−07号 そうなると、当然、社会保障給付費が膨らみ、看護の人材確保も難しくなる中、要介護状態になるのを防ぐ方法を突き詰め、見出していかないと、この先、日本社会、すなわち新宮市はもたないんじゃないかと思います。だから、これから先、これを踏まえて、新宮市はこうやっていくんだという方向性がしっかりと示されてしかるべきと考えますが、当局の見解をいま一度求めたいと思います。 もっと読む
2018-03-08 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第2号 3月 8日) 当市では自治会に入らない世帯も多いため、シルバー人材センターを通じて各家のポストに投函して、大切な事項の周知徹底を図っているそうです。幸いなことに、本町の場合は町内会組織がしっかりしているので、町内会長さんを通じて各世帯に配布も可能かと考えますが、いかがなものでしょう。   もっと読む
2018-03-08 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日−07号 私は、教育現場に近い市が主体性を発揮し、特色ある質の高い義務教育を実現するとともに、地域の教育に情熱を持って取り組む優秀な人材の育成と確保のためには、人事権や学級編制基準及び教員定数の決定に関する権限が中核市に移譲されることが必要であると考えております。   もっと読む
2018-03-08 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号 ◎健康福祉部長兼福祉事務所長(畑尻英雄君)   旧仮庁舎で認知症カフェに取り組んでいただきたいということでございますけれども、現在の仮庁舎、旧職業訓練センターでございますが、その中の限られたスペースの中で実施するというので、認知症カフェを運営するには、恐らく人材であったり資金であったり、また食品衛生法上の課題等いろいろあって、ハードルがかなり高いのかなと考えております。   もっと読む
2018-03-07 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−05号 当然、広範囲で財政負担やマーケティングにおける人材の確保を行って取り組むのが効率的、効果的とは認識してございます。  広域化を図る際には、自治体それぞれの観光戦略、観光基盤の違いもございます。広域になればなるほど調整すべき点が多くなるというのが一般的でございます。今後、具体的な議論が進むように取り組んでいきたいというふうに考えてございます。 もっと読む
2018-03-06 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月06日−04号 そこで、12月議会でも問わせていただいたんですけれども、やはり各種施策に基づいて公共交通サービスを、今路線バスであったり、医療センター行きのバスであったり、あるいは熊野川地区や高田地区では、それぞれの地区に向けて医療センター行きや診療所行き、あるいは通学向け、そういったような行政バスを走らせたり、路線バスの増便に対して補助を行ったり、あるいは買い物支援ということでシルバー人材センターに委託を行ったり もっと読む
2018-03-06 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月06日−05号 厚生労働省の推計によりますと、2025年度に必要な介護職員は、全国で253万人の見通しで、今後予想される介護人材の増員数と比較すると、約38万人が不足するおそれがあるということであります。   もっと読む
2018-03-05 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月05日−04号 基本的な方針の主なものを紹介しますと、「貧困の世代間連鎖の解消と積極的な人材育成を目指す。」「子供の貧困の実態を踏まえて対策を推進する。」「官公民の連携によって子供の貧困対策を国民運動として展開する。」「当面今後5年間の重点施策を掲げ、中長期的な課題も視野に入れ継続的に取り組む。」 もっと読む
2018-03-02 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月02日−05号 まず、3目産業振興費の中で計上させていただいております地域おこし協力隊につきましては、伝統工芸士の数が減少しており、また後継者が不足しておるという課題を抱えております漆器産業におきまして、後継者となる人材を募集、育成し漆器産業の維持を図るため、黒江地区において新たに2人の隊員を設置しようとするものでございます。   もっと読む
2018-03-01 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−04号 それから、仕分け人と市民判定人なんですけれども、仕分け人に関しては、人選を構想日本のほうに依頼するというようなことですけれども、構想日本では、こちらから依頼するだけの人材を持っているのかどうか。  市民判定人の人選の仕方なんですが、以前は各種団体からという話でありましたけれども、今回はどのような形で市民判定人を選定しようとしているのか。   もっと読む
2018-03-01 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−03号 人材の育成と確保は、地域産業の活性化にとって非常に重要な要素だと言えます。  わかやま就職応援プロジェクトとして、首都圏等での就職フェアの開催、大学生や女性が自分に合った仕事が見つけられるよう1DAYインターンシップを実施するなど、市内への就職促進や企業とのマッチングに向けた取り組みを充実させます。   もっと読む
2018-02-28 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第2号 2月28日) また、報償費につきましては、地域人材の発掘や育成を行うための講座を初め、生涯学習フェスティバル、人権教育総合推進事業、青年の交流や教養の場としての各種教室の開催に伴う講師謝礼等が主なものでございます。  委託料につきましては、将来を担う青少年の育成のための田辺市子どもクラブ育成協議会への事業委託料と子ども芸術鑑賞事業委託料でございます。   もっと読む