運営者 Bitlet 姉妹サービス
2130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-08-06 印南町議会 平成30年  8月 臨時会-08月06日−01号 「無料で相談に応じます、ただし、交通費等実費はいただきますよ」という県との協定でございますけども、そちらの方を紹介するという程度になっています。ですので、自主防災会にそれを全て通知せよというのが非常に困難といいますか、できるだけそうしていただくんですけども、どこまでできるかということであります。ただ、その手法につきましては、今後考えていきたいと思ってございます。  以上です。 もっと読む
2018-06-28 海南市議会 平成30年  6月 定例会-06月28日−06号 さきの大阪府北部を震源とする地震による塀の倒壊被害を受け、国土交通省から和歌山県こども未来課を通じ、平成30年6月22日付で建築物の既設の塀の安全点検の実施について要請もある中、管内の公立保育所、こども園について確認させていただきましたところ、いずれも敷地内へのブロック塀設置はございませんでした。  以上でございます。 もっと読む
2018-06-15 海南市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △日程第14 発議第3号 精神障害者への交通運賃割引制度の適用を求める意見書(案) ○議長(川崎一樹君) 次に、日程第14 発議第3号 精神障害者への交通運賃割引制度の適用を求める意見書(案)についてを議題といたします。  提出者の説明を求めます。   もっと読む
2018-03-23 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月23日) 人口減少、高齢化が著しく、車社会が発達した日本において、定時定路線で運行される従来型の公共交通だけでは高齢者や移動手段を持たない交通弱者の日常生活において買い物や通院などが困難な状況はますます深刻な課題となっています。 もっと読む
2018-03-23 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日) 普通でしたら、交通手当とか、住居手当というのは給料明細のところには私は入っていると思ってるんですけれども、その辺のところは別個にこれお支払いするというのもおかしげな話で、県へ出向してくださっている町の職員であれば、交通費、住宅手当などなど、給料明細に私はどこの会社でも上がっているのではないかなとは私個人は思っておりますけれど、その辺のところもお伺いをいたしたいです。  そして、縁ですね。 もっと読む
2018-03-22 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月22日−10号 次に、交通政策費中、バス利便性向上促進補助金1,333万4,000円及びバス路線維持費補助金1,502万1,000円について。 もっと読む
2018-03-22 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第4号 3月22日) 11款交通安全対策特別交付金1項交通安全対策特別交付金1目交通安全対策特別交付金、本年度60万円、1節60万円。  12款分担金及び負担金1項分担金1目総務費分担金、本年度25万2,000円、1節25万2,000円。2目農林業費分担金、本年度451万3,000円、1節451万3,000円。次のページをお願いいたします。 もっと読む
2018-03-22 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月22日−08号 また、紀伊半島大水害では、洪水時の熊野川相賀地点におけるピーク時の流量が毎秒2万4,000トンであったと国土交通省から発表されており、新宮川水系河川整備基本方針で示された計画高水流量の1万9,000トンを大きく上回った。  発災後6年半が経過しているが、いまだ具体的な河川整備方針の見直し・検討がなされていない。 もっと読む
2018-03-15 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月15日−06号 安全で安心な市民の移動手段の確保ということで、2款総務費、7項市民生活費の地域公共交通協議会事業についてでありますが、海南市高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画策定のための高齢者の現状を把握する実態調査でも、外出の際の移動支援サービスを求めている回答があります。とりわけ要支援該当者では、要望の第1位となっています。地域公共交通協議会事業は十分に市民の移動手段の確保が図れておりません。 もっと読む
2018-03-09 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日) 自動車交通の発達による自家用車への依存の高まり、人口減少、少子高齢化など、公共交通を取り巻く状況は厳しさを増し、公共交通網の縮小や廃止によって、さらに公共交通利用者を減少させることになるなど、負のスパイラルに陥っている状況が全国的に見られ、ここ田辺市においても例外ではありません。このままでは地域で公共交通が成り立たなくなる可能性も考えられます。 もっと読む
2018-03-09 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月09日−08号 中心市街地における現状の公共交通機関の乗降客数や、例えば、昼間の人口、夜間人口、また、交通量などを分析して、中心市街地の滞留人口や定住人口の現状を数値として把握をする。 もっと読む
2018-03-08 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日−07号 風景はいい場所ですが、交通の便はよくなく、繁華街でもありませんので、そういう場所に名乗りを上げる事業者はないと思っていましたが、予想どおり応募者がなく、この計画は消えてしまいました。  その後、尾花市長のもとで、西浜の中央卸売市場の建てかえ時に道の駅をつくり、その中で旧ほうらい荘の機能が再生されるというような話で、いつできるのかと楽しみにしている人が私の周辺には多いのです。   もっと読む
2018-03-08 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号 次に、高齢者支援についてですが、運転免許証を返納しても安心して暮らせるまちの交通機関の整備についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-03-07 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月07日−06号 各障害者の交通機関での旅客運賃の割引制度はどのようになっていますか。また、この現状をどのように考えていますか、お尋ねいたします。  次に、市民サービスの向上についてであります。  市民サービスといえば広範囲になりますので、今回はICT−−情報通信技術、これを活用した市民サービスについて質問いたします。  最近、公共交通機関では交通系ICカードが普及しています。 もっと読む
2018-03-07 印南町議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−01号 次に、地域公共交通についてであります。  当町では、平成23年度から交通空白地などの不便な地域の解消を目的に、デマンド型コミュニティバスを2路線運行しておりますが、利用者が年々減少し、特に稲原ルートは運行率が3割を切っている状況であります。 もっと読む
2018-03-07 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−05号 次に、それだけのお客さんを誘客、集客するのにのことなんですけれども、交通網というのが大事になってくると思うんです。将来にわたり42万人もふえる、観光入り込み客数の目標値を達成するには便利な交通網、交通手段が不可欠であると。これは当たり前のことなんですけれども。この地を訪れるのに鉄道、自動車、バス、そして客船がありますね。鉄道は特急くろしお号が減便されようとしている。 もっと読む
2018-03-06 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月06日−04号 そういったことの中で、市としての公共交通サービスはこういった路線がいい、こういう時間帯がいい、あるいは、じゃそれが交通事業者と本当に話がうまくいくかどうか、どうしていくのがいいのかといったことが見えてくると思うんですよ。そういったことを一つずつ進めていただきたいと思うんですが、いかがですか。 もっと読む
2018-03-06 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月06日−05号 廃旅館については、所有者が法人で破産している可能性があるので、特定空き家等の認定が難しいとのお考えなのでしょうが、新潟県妙高市で平成22年廃業元旅館建物に対し、国土交通省が平成28年9月に略式代執行を宣言しました。この前例のように、法人が所有していた建物だからといって、放置せざるを得ないということにはならないのです。当局として、努力して取り組んでみていただけませんか。   もっと読む
2018-03-05 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月05日−04号 そして、地域の交通拠点の整備として、JR紀伊小倉駅に駐輪場を含めた駅前整備を行うとともに、県道までのアクセス道路もあわせて整備をしております。ここは、和歌山高校等がありまして、学生さんの通学路になってるんですが、私も以前この近辺に住んでおりましたのでよく存じてますけれども、本当に地元の方が喜んでおります。 もっと読む
2018-03-02 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月02日−05号 これまでの国土交通省による有田海南道路の工事実績で申し上げますと、現場では1日に大体10台から15台のダンプを四、五回程度の運搬回数で土砂を運搬しております。つまり少ないときは50台未満、多いときで70から80台程度ということです。 もっと読む