98件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号12月10日)

ことし11月に総務企画委員会で、九州北部豪雨、西日本豪雨で被災した二つの自治体を訪ね、まちの復興推進計画や復旧・復興の状況を視察してまいりました。繰り返される自然災害に対して立地適正化計画の見直しや情報伝達方法の改善、自主防災組織への支援強化などさまざまな取り組みを学ぶ中で、強く印象を受けたことの一つに、職員が言っておられた言葉が二つありました。

田辺市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2号12月 9日)

昨年7月には、九州四国地方の広い範囲で西日本豪雨災害が発生、200人を超える方が犠牲となりました。倉敷市の真備町では、多くの堤防が決壊をし、真備町だけで51人の方が亡くなり、そのうち43人は屋内で発見され、避難することができずに犠牲になったとされています。私たちは、この地元でも2011年に紀伊半島豪雨災害を経験しており、あのときの被災の記憶はいまだに消えることはありません。  

高野町議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会 (第3号 9月19日)

しかもトランスコンデンサーにつきましては九州で、そして安定器については大阪でということで、またその機種によって分かれます。運搬費は日通で聞いたんですけども、運搬にはもちろん密閉して運搬しなくてはいけないので、九州へ行くにしても1台90万というお金がかかります。大阪へ行くのも40万というお金がかかります。

高野町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会 (第3号12月14日)

地域として関東のほうが多いのか、関西のほうか、九州方面なのかというようなことがわかりましたら、ちょっとお教えいただきたいとこのように思います。 ○議長(大西正人) 中尾企画公室長。 ○企画公室長(中尾 司) 失礼いたします。  2番議員質問のふるさと納税をしていただいてる方の居住地のことですけども、現時点で詳しく取りまとめているという情報はございません。

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

ミカンの流通につきましては、これまでの長い歴史の中で、和歌山産は関西圏へ、愛媛産や九州産は関東方面へというように、いわばすみ分けがされてきたようでございますが、JA紀南の平成29年度における主要市場への販売実績では、極わせは関西方面への販売が多いものの、その後のわせ、中生は関東方面への販売に主軸を切りかえるといった結果となっており、JA紀南としてもこうした首都圏への販売強化は今後も続けたいとお聞きしております

新宮市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−06号

吉川さんという衆議院議員が瀬戸石ダム、これは熊本県らしいんですが、水利権更新に関する質問趣意書を書いているんですけれども、その中で、電源開発株式会社は十分に対応しているとは到底考えられない現状に加え、熊本県知事の附帯意見に対応しないまま、なぜ水利権更新を許可することが可能なのかと質問しているんですけれども、それに対する回答は、同大臣から異議はない旨の回答が、同県知事から支障ないとの旨の回答がそれぞれ九州地方整備局

高野町議会 2018-06-26 平成30年第2回定例会 (第2号 6月26日)

ただ、富貴で生産をされますこのトウキ、オブカトウキという品種になるんですけれども、非常に薬効成分の含有量が多いということで、他の産地、例えば九州の日向地方でヒュウガトウキというのを栽培しているんですけれども、そういったものに比べても非常に品質がいいということで、医療であったり、製薬の現場では非常に重要視されているものでございます。  

田辺市議会 2018-06-26 平成30年 6月定例会(第3号 6月26日)

巨大地震が起こると、南海、東南海、九州まで時差を経て起こるわけですから、広域に連携をしていてもすぐに来れないとか、そういう課題があるというのはもうわかることだと思いますので、その辺の対策というのも国交省からの文書にもあると思います。でも、何らかの災害対策本部での課題があるという認識だということは私としては受けとめておきます。  

田辺市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第2号 6月25日)

政府地震調査委員会によりますと、今後30年以内に南海・東南海地震が起こる確率は70%から80%と予想され、この地震が起きた場合、国の想定では、関東から九州太平洋沿岸を中心に激しい揺れや大津波に襲われ、最悪の場合はおよそ32万3,000人が死亡または行方不明となるおそれがあるとされています。また、先日の発表でも累計被害総額は1,410兆円にもなると言われております。  

高野町議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会 (第3号 3月15日)

これをこの前見せていただきますと、やっぱり空海が中国に苦労して渡って、中国で受け入れされて、そして恵果阿闍梨と交流があって、真言密教を授かって、そして日本へ帰ってきたんだけれども、遣唐使というのは枠が、何というんですか、勤めなければならない年度というのは20年があるらしいんですけども、2年、3年で帰ってきたということで、京都のほうによう入れてもらわんと九州のほうで滞在したと、そういうようなお大師さんの

田辺市議会 2017-09-15 平成29年 9月定例会(第3号 9月15日)

道の駅は、平成5年の制度発足から24年が経過し、全国各地で広がり、現在北海道で119駅、東北で155駅、関東では170駅、北陸では78駅、中部127駅、近畿では145駅、中国では102駅、四国85駅、九州沖縄136駅、計1,117駅が登録されています。  主に市町村が設置する道の駅は、地域の創意工夫で、特産品や観光資源を生かす場となり、多くの来訪者でにぎわうなど、さまざまな進化を見せています。

田辺市議会 2017-09-14 平成29年 9月定例会(第2号 9月14日)

私の住んでいる栗栖川地区ですが、自宅の後ろにちょうどアメダスの観測計がございますが、栗栖川でも39.5ミリと、まとまった降雨がありました、近年においては、平成23年の紀伊半島水害を初め、平成24年の九州豪雨災害平成26年の広島豪雨災害平成27年の関東東北豪雨など激甚な災害が全国各地で頻発している状況でございます。  

田辺市議会 2017-09-05 平成29年 9月定例会(第1号 9月 5日)

また、今夏は局地的な大雨に見舞われた地域もあり、特に九州北部では梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で線状降水帯が形成され、同じ場所で長時間猛烈な雨が降り続き、土砂崩れや河川の氾濫などにより大きな被害が発生しました。気象庁が、これまで経験したことのないような大雨という気象情報を初めて発表したのが、ちょうど今から5年前の同じ九州北部での豪雨でもありました。  

新宮市議会 2017-03-10 平成29年  3月 定例会-03月10日−08号

ただ、今回の議事運営の中で、もう既に九州のほうへそういったことがいいのかどうかということでファクスで送られておりますので、その辺の動きが少し当局側としては動きにくいというところがございますので、その辺は御容赦いただきたいと思います。  

高野町議会 2016-12-12 平成28年第4回定例会(第2号12月12日)

そんな中で、まだ日本海側は開発されてないようで、太平洋側であるとか、九州の周辺であるとか、ほとんどのところがふるさと納税を利用されてます。そういうことで、これから先、ふるさと納税等に頼ることもなかなか難しいんではないかというふうに思います。  一つふるさと納税を例に挙げましたが、そんな中で、29年度の全体の予算について、町長より一言お願いしたいと思います。

田辺市議会 2016-09-16 平成28年 9月定例会(第3号 9月16日)

九州地方では、観測史上初めてとなる震度7を計測し、2日後の16日においてもさらに大きな規模の地震が発生、関連死疑いも含め、多くのとうとい命が奪われました。  また、家屋被害は2回にわたる震度7に加え、たび重なる余震によって拡大し、いまだに多くの住民が長期の避難生活を余儀なくされております。

田辺市議会 2016-07-06 平成28年 6月定例会(第4号 7月 6日)

一方、九州地方では先月中旬以降、梅雨前線の活動が活発となり、特にさきの熊本地震で大きな被害を受けた被災地では、記録的な大雨が追い打ちをかける結果となってしまいました。改めまして地震や豪雨によりお亡くなりになられた方々に哀悼の意を表しますとともに、今なお避難生活を余儀なくされておられる皆様にお見舞いを申し上げます。