551件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海南市議会 2023-12-03 12月03日-02号

海南市にはさまざまな文化や、ことし2月には「下津蔵出しみかんシステム」が日本農業遺産にも認定されましたし、世界遺産である熊野古道や、日本遺産などさまざまな文化的資産もありますので、これらの特徴を生かした返礼品をつくっていっていただいて、海南市の関係人口の増加に努めていっていただきたいというのが、今回のふるさと納税を質問させていただいた最大の趣旨でございます。

和歌山市議会 2020-07-09 07月09日-05号

実は、皆様御存じのとおり、高野町は世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道の拠点の一つとなっておりまして、昨年の8月に大阪の堺市と広域連携をするということで発表をしております。実際、その取り組みも進んでおりまして、堺市で高野町のPRをし、また、高野町へ来ていただいて堺市のPRをしてもらうということでしております。 

印南町議会 2020-03-31 06月20日-03号

もちろん更にその後、世界遺産へと夢は広がるわけです。このような状況の中で、新元号「令和」の時代が幕開けしました。これは万葉集にある「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」との文言から引用したものです。この「令和」には「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められております。

新宮市議会 2020-03-10 03月10日-04号

内容につきましては、学校で独自に計画を立てておるところなんですけれども、例えば、近所のお店であったりとか商店街に見学に行って、そちらでお店の方のお話を聞くと、それを戻ってきてまとめたものをもう一度お店の方に紹介させていただいたりとか、世界遺産である熊野古道を実際歩いたりとか、そちらの歴史であったりとか伝説であったりとか、その辺りについて調べて、より新宮市のこと、新宮市の魅力を感じるというような教育

田辺市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第4号 3月10日)

(3番 浅山誠一君 登壇) ○3番(浅山誠一君)    先ほど御紹介したSDGs未来都市に選定されている自治体の取り組みを見ていると、古くから持続可能な営みをさまざまな領域で展開してきたW世界遺産のまちである田辺市、欧米豪のFITに選ばれ続けている田辺市のポテンシャルは、日本国内でSDGsに関する取り組みの先進地になれるのではないかとさえ考えてしまいます。

和歌山市議会 2020-03-03 03月03日-04号

具体的には、世界遺産の高野山や熊野古道、白浜などに加え、四国まで延びる観光ルートをイメージ、IR事業者は、例えばJRやバス、船、南紀白浜空港などと連携した観光ルートの整備を提案します。県は、紀伊半島の海沿いを通る総延長335キロ高速道路、近畿自動車紀勢線全線の建設が進んでいることも活用したい考えです。 3月末までに最終的な実施方針を決定し、4月には、事業者の募集を始めるとのことです。

田辺市議会 2020-02-26 令和 2年第1回定例会(第1号 2月26日)

つながる道ということで申し上げますと、世界遺産の鬪鶏神社から熊野本宮大社へと続く熊野古道は、世界に開かれた観光地として認知度と魅力度の向上に積極的に取り組んできた結果、国内最大級の外国人向け情報サイトにおいて、2020年に外国人が訪れるべき日本の観光地ランキングの第1位を獲得するなど、世界が認めた財産であることを再認識しました。  

印南町議会 2020-01-01 03月16日-02号

由良町から美浜町にかけて、また、みなべ町から串本沿岸国立公園や県立自然公園世界遺産などがあるため、対象地域になっておりません。一方、調整エリア--環境影響が小さいと考えられ、社会的な調整が必要な事項や事業性を踏まえて、事業の可能性について検討してゆくエリア--として、水深200mまでが事業の可能性が高いエリアとされると述べています。

田辺市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5号12月20日)

令和に改まったこの1年を少し振り返ってみますと、本市では、昨年の熊野本宮大社創建2050年に続き、ことしは鬪鶏神社の創建1600年、同時に、紀伊山地の霊場と参詣道が世界遺産登録15周年を迎え、正月のNHKでの特別番組放映を初め、年間を通じた各種記念事業の実施を通じて、熊野の歴史精神文化を発信することで、来訪者のさらなる増加につなげることができたと感じております。  

新宮市議会 2019-12-12 12月12日-04号

特に私たちの住んでいるところは世界遺産の地でもありますし、熊野というところはそういった多様性を求めて、そして育んできたというところのふるさと学習からも、ただ行って帰ってきてこうであったんじゃなくて、そういうところから何かを学んで発信していくという、そういうところも含めて、今後、さらに深めていきたいと考えてございます。

新宮市議会 2019-12-11 12月11日-03号

熊野が世界遺産に登録されてから非常にふえております。 この機会を逃すことなく、観光、そして私これ二つ兼ね合わせて、文化複合施設の運営も兼ね合わせています。なぜかと申しますと、DMOというのは辞書で引きますと、芸術も含めて、そして自然、風俗、その地域観光を、地域の魅力を発信して稼ぐということを目的として、地域の皆さんとともにやっていくというんです、DMO。

新宮市議会 2019-12-10 12月10日-02号

今回、先ほども同僚議員から、熊野の神様がおりるってどんなこというて聞かれたんやけれども、僕が思うとんのは、川の参詣道として世界初の世界遺産に選ばれて、それでも熊野川は濁水と洪水を繰り返して、今でもこれがほんまの世界遺産の川かいなと思うような現状でございます。

田辺市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第4号 9月18日)

まず、この基金は、世界遺産登録されている熊野古道と、その周辺の貴重な森林環境景観を市が主体となって保全し、次世代へとつなげていくことを目的としたものです。これまでの経過につきましては、平成29年7月に創設された基金に、昨年度末までに9件、1,563万6,638円の御寄附があり、ふるさと納税や基金利息等を加え、3,366万3,549円を基金に積み立てています。  

田辺市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第3号 9月17日)

近年、歩行者を巻き込む交通事故が多くなっている中、当地域におきましても、世界遺産登録され、外国人観光客を含む熊野古道を歩く方々が増加していることは市といたしましても十分認識しているところでございます。今回の議員の御意見を踏まえ、地域の方々とともに連携を図り、県に対して歩道整備を要望してまいります。  次に、請川から本宮または湯の峰への熊野古道についてお答えします。