634件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高野町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会 (第2号 6月24日)

こうした中で、高齢化が進んでいるとはいえ、富貴地区、花坂地区、細川地区など、比較的人口が多い地域では、農業等の一次産業に従事したり、事業所を展開したりする人もおり、生産年齢世代の方々もそろっているともいえます。  これまで、町としても、地方創生のかけ声のもと、10年以上にわたり、さまざまな地域づくりに取り組んできています。  

高野町議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会 (第1号 5月10日)

○4番(新谷英一郎) 課長さんの話のとおりだと思うんですけども、総合的にここへ住みたいなということで、持続可能な地域づくりというのが自分ら共有していることだと思うんですけども、子育て世代も含めて、高齢化している本町としても、住んでおる住人ももとより、外から入ってきたいなというふうな地域づくり、私ども住民もせなあかんのですけども、行政のほうでもそういったことを先導していただきたいなというのが強い思いです

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

プレミアム付き商品券につきまして、消費税増税に伴う低所得者や子育て世代への対策というのであれば増税しないことが最良の対策です。前回の増税時に実証されたとおり、消費の落ち込みを防ぐ対策ともいえず、そのために巨額な税金を使って商品券ほかポイント還元や電子決済化などの対策をとるとは何のための増税かを考え直すべきです。  

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

過去2期生の目覚ましい活躍もありたなべ未来創造塾出身者は、まちのために頑張っている、活躍しているというイメージが広がり、私と同世代、いわゆる若者世代の中で塾の卒業生がブランド化しつつあります。実際、私の周りにも塾生になりたいということで相談を受けるケースもふえています。  

高野町議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会 (第1号12月 4日)

約200名の子供から大人の方まで、高齢の方まで来ていただいて、世代を超えた競技などをして盛り上がりました。ぜひこれも第2回目、第3回目というような形で、住民がしっかりと交流できる場をつくっていきたいというふうにも考えておるところでございます。  また、光ファイバーの件ですが、3月22日を開通式というふうな形で予定をしておるところでございます。

田辺市議会 2018-11-28 平成30年12月定例会(第1号11月28日)

子供医療費助成については、長年の市民の願いが受け入れられ、中学校卒業までの無料化が実施されたことに対して、子育て世代を中心に感謝の言葉が寄せられました。このことについては最大の評価をしたいと思います。  次に、後期高齢者医療特別会計決算について。平成29年度は、繰入金の繰り入れでおよそ7割の方々の保険料が引き下げられたことは評価します。

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

子育て世代の方は非常にかわいそうと思います。  これ高野町の職員勤務時間、休暇に関する条例の3条に、3条と地方公務員法基本的には違反しないんでしょうか。日曜日及び土曜日は週休日とするというのがこれ基本なんです。これ建物ができる前から僕も指摘させてもらったと思うんですけれども、要するに休日出勤をしなければならないというのは現状だろうと思います、土日が一番多いということで。

田辺市議会 2018-07-06 平成30年 6月定例会(第4号 7月 6日)

今後も子育て世代労働育児の実態把握に努めていただき、さらに充実した支援策を研究していただけることを期待いたしまして賛成討論といたします。             (4番 前田佳世君 降壇) ○議長小川浩樹君)    他に討論はありませんか。               (「なし」の声あり) ○議長小川浩樹君)    それでは、これをもって討論を終結いたします。  

田辺市議会 2018-06-26 平成30年 6月定例会(第3号 6月26日)

東日本大震災の被災地では、復興が長引いたことで、特に子育て世代において別の場所で移住する選択をした住民が少なからずいました。また、陸前高田市では、総費用1,400億円をかけて中心市街地をかさ上げし、宅地造成をしましたが、長引く復興で造成計画から5年後には計画していた戸数が35%も減少し、宅地引き渡しが始まったことし1月以降、4割が利用の見通しがつかないとのことです。

田辺市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第2号 6月25日)

食物アレルギーにつきましては、子供から大人まで幅広い世代で見られまして、その原因物資についても多岐にわたります。そのため、全ての人のアレルギーに対応する食品を確保することは困難でありますので、市といたしましては、広報防災学習等による啓発活動を通じまして、それぞれの個人に合った食品個人備蓄をお願いしているところであります。

高野町議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会 (第1号 6月19日)

そして、その後にしっかり貯蓄もした上で、数十年先に次の世代に考えていただくというのが今の世代の我々の責任ではないのかなというふうにも思っております。ただし、小学校中学校の建物に関しては、早急に方針を示していければというふうにも思っております。  次に、平成30年に策定する高野町長期総合計画検証と検討を重ねて効果的に推進しますということも公約に掲げております。

海南市議会 2018-06-15 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号

今回の廃止に際しましては、国の要請に基づき策定いたしました公共施設等総合管理計画の目的である次の世代に大きな負担を残さないよう将来を見据えた公共施設等の統廃合に取り組むものでございますので、何とぞ御理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。  以上でございます。 ○議長川崎一樹君) 再度の御質疑ございませんか。