1125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和歌山市議会 2023-12-05 12月05日-03号

ウイッグや附属品、帽子、補整パッド及びエピテーゼ、バスタイムカバー市長が特に必要と認める補正具の中に乳房切除後の患部を保護するインナー、アイブロウ、つけまつげ、ネイルとありました。 助成制度を導入する自治体はふえています。市長、本市においても前向きに導入に向けて取り組みをお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。 次に、ひきこもり支援体制について再質問させていただきます。 

和歌山市議会 2022-07-03 07月03日-02号

アクセス道路が狭いため、観光バス通行できず、マイクロバスの通行が限界の状況です。 例えば、関西圏の大学のテニス部観光バス1台で合宿に来てくれると仮定しますと、バスは、淡嶋神社付近の海沿いで人と荷物をおろして駐車場へ行きます。おろされた人は、大きな荷物を担いで、延々と続く坂道を10分ほど上り続けるのです。雨の日は傘も差さなければいけないので、その苦労は容易に理解できます。 

海南市議会 2022-06-18 06月18日-02号

次に、中項目2、コミュニティバス運行経路についてお尋ねいたします。 コミュニティバスについては、市民方々からさまざまな御意見や御要望をお聞きしております。中でも多いのが、コミュニティバス運行経路への要望です。黒江の室山団地や下津の小畑地区等コミュニティバスも通っていないところで、そこへバス路線を延ばしてほしい。

印南町議会 2020-12-14 09月19日-03号

19節の老人クラブへの補助金増額につきましては、ねんりんピック応援のためのバス代でございます。また、23節には実績精算に伴う介護保険関係返還金を計上してございます。 次に、4款.1項.2目.母子保健事業費では5万円の増額。同じく前年度の精算に伴う養育医療費の国・県への返還金の計上でございます。4目の環境衛生費普通旅費として1万8,000円の増額でございます。 

和歌山市議会 2020-12-09 12月09日-05号

市長からは、新規バス路線は、公共交通利便性を高めることにより、「町のにぎわいが創出され、市民生活の向上につながるものと期待できる」との御答弁をいただきました。 当局も、今福神前線バス路線の開設についての必要性を認識されていることから、昨年度、交通政策課今福神前線の沿線にある事業所、学校、住民を対象に、東西バス路線に関するアンケートを実施しました。 

海南市議会 2020-09-11 09月11日-03号

今回の東畑地区の場合、通行め区間の先の東畑児童会館バス停留所及び東畑集会所バス停留所への迂回ルートとして、重根もしくは、ひや水から乗り入れるルートがありますが、本線から大きく逸脱し、他の東畑線上バス停留所とつなぐことができないこと、また、市道阪井13号線及び同35号線において、コミュニティバス車両が安全に運行できる道路幅員がないことから、バス事業者と協議の上、迂回運行を断念し、折り返し運転を行っています

和歌山市議会 2020-07-09 07月09日-05号

和歌山駅前広場西側整備工事については、現在、バスゾーンを整備しています。工事期間中は、施工過程により、バス乗車位置変更迂回路による歩行者動線が変化するため、障害のある方におかれましても、安心して移動できるよう誘導する必要があると考えています。 工事施工については、交通誘導員を適所に配置、また、視覚障害者誘導用ブロックを移設し、安全対策に配慮しながら工事を進めることとしています。 

和歌山市議会 2020-07-04 07月04日-03号

2、市内で運行本数が極端に減らされているバス路線廃線が宣言されているバス路線について、当該バス会社に要望を伝えていますか。 続いて、都市計画についてです。 皆さんは、どんな道路を通って通勤してきているでしょうか。私の家からは、広い道路に出るまでは、車のすれ違いに苦労する道路を200メートルほど走ります。

印南町議会 2020-04-01 03月18日-03号

有利な財源を確保したということで、確認の上でちょっとお聞きしたいんですけれども、印南駅の、バス乗り場というのかロータリーという形で事業をされるのか、その点お聞きしたいと思います。 ○議長 -企画政策課長-企画政策課長 JR印南駅前開発事業ということで、用地の買収、それと午前中もありましたけれども、駐車場整備を行い、また、バス乗り場変更という事務事業を執行してございます。

新宮市議会 2020-03-24 03月24日-07号

次いで、地域公共交通再編事業について、委員中より「熊野川町でデマンドタクシー化するとのことだが、路線バスもあり、また高齢者福祉タクシー事業熊野川地域医療センタータクシー運行事業などとも重複するのではないか」との質疑があり、当局より「デマンドタクシーは、熊野川町内を走る路線バスの3支線を廃止する代わりに導入することになりました。