6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

田辺市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4号12月11日)

この「発達障害グレーゾーン」という本があるのですが、この中にも、これは、グレーゾーンというのは何かというと、要するに、受診するんだけど発達障害という診断は受けれないと。なので、障害者という認定は受けないけれども非常にその特性が濃くて、診断を受けたいけど受けれない人、また、受けたけど隠している人、さまざま載ってるのです。ここにも出てきます。

田辺市議会 2017-06-26 平成29年 6月定例会(第3号 6月26日)

また発達障害においては、医学的な診断基準を全て満たさないものの、その特徴的なあらわれがある、いわゆるグレーゾーンにある子供も多くなってきていると言われます。  こういったさまざまな課題を個々に持つ子供たちに向き合うために、指導員に求められることは何であるか、お聞かせください。             (4番 前田佳世君 降壇) ○議長小川浩樹君)    保健福祉部長。           

高野町議会 2015-03-10 平成27年第1回定例会(第3号 3月10日)

出入りの設計屋さんに聞いて、これとこれとこういう材質のものを使っておったらちょっと危険性があるよとか、いろいろあっちやこっちに聞いて、保育所の建物自体が昭和54年にできた建物で、まだ多少グレーゾーンの部分があって、保育所は54年当時やったら、そのときの材質のものやったら危険性はないんやけれども、在庫品を使われとったら、ひょっとしたら有害なものが使われておるかわからないということで、一度、そしたら専門業者

田辺市議会 2006-12-11 平成18年12月定例会(第3号12月11日)

食事提供にかかる保険請求の上で、若干法的にグレーゾーンという問題があると伺っておりますが、市民にとっては大変有意義な、ありがたいサービスの1つと考えますので、ぜひ前向きにご検討いただきたいと思います。  続きまして、直接法改正とは関係ございませんが、住民の声として、(3)の移送サービスについてお尋ねいたします。  新田辺市では、地域により交通体系には大きな格差がございます。

田辺市議会 2005-09-16 平成17年 9月定例会(第2号 9月16日)

しかし、現在、こうしたグレーゾーンを活用して、全国多くの社協もしくはNPOで有償輸送運送が行われているという現状にあります。その中ではいろいろな問題も指摘されており、通院以外に利用している、もしくは高齢者ではない、要介護者ではない方を乗せて料金をとっているというような、いわゆる白タク行為と言われるものが、全国的な状況の中であがってまいりました。  

  • 1