14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高野町議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会 (第2号 3月 8日)

本当にカレーがうどんに変わった、そのようなことをしたらいけませんでしょう。その辺のところを御説明ください。幾らお金がこの屋根の分、浮いたんですか、どこに、何を、どうやって回したんですか、説明ください。 ○副議長(﨑山文雄) 中尾産業観光課長。 ○産業観光課長(中尾 司) 失礼します。  屋根銅板からガルバリウムに変えたという部分ですが、それによりまして約400万円ぐらいが減額になります。

海南市議会 2010-03-02 平成22年  2月 定例会-03月02日−02号

しかし、この2月8日、土曜日などの学校の行事などでお世話になっている地域の方々約40人を招いて、生徒がつくった手づくりのカレーで、全校児童参加して初めての昼食会が行われ、学習面も含め少人数学校の温かさなど、そのよさが発揮されています。ですから、父母の中には南野上は今のままでいいという意見もあります。  そこで、次に2点目の質問に移ります。  

田辺市議会 2008-12-10 平成20年12月定例会(第4号12月10日)

高学年になって友達の家に同級生10数人が集まり、みんなで手づくりのカレーパーティーをしたりもしました。小さいときはいつも餓鬼大将の中学生から小学生の低学年まで、横の関係だけでなく縦の関係の大勢の友達と群れて遊んでいました。遊びの中で人間関係が築かれ、ルールや相手を思いやる心、我慢することを覚えてきました。  

田辺市議会 2008-09-19 平成20年 9月定例会(第5号 9月19日)

特に、中山間地を多く抱え、野生鳥獣による被害も多い島根県人口6,000人の美郷町、旧の邑智町ですが、悩まされていた野生鳥獣による被害を逆手にとり、捕獲された鳥獣の有効活用とそれによる捕獲の推進、被害の軽減を図るため、イノシシカレーやつくだ煮、ペットフードなどの開発に取り組み、農家、狩猟者、行政に加え、地域全体が一体となり「おおち山くじら」という地域ブランドを創出しております。

田辺市議会 2007-12-10 平成19年12月定例会(第2号12月10日)

メニューは豊富で、前回、久保浩二議員も触れておりましたが、私自身食べたことのないものや弁当では到底味わえないようなカレーシチューやスープ、汁物があり、味も大変おいしいとのことです。担当職員さん、本当にご苦労さんです。また、毎年1月24日から30日までは、全国学校給食週間とのことも初めて知りました。家庭では、子供との会話もふえ、夫婦のいさかいも少しは減った学校給食の開始でした。  

海南市議会 2006-07-07 平成18年  6月 定例会-07月07日−05号

腹減っちゃったらね、汗かいたって夏カレー食べたらうまい。学校食事に行くのが大事なん違うで。お勉強しに行くのが大事やで。議会は議論するのが大事やないか。ちょっと暑うなってきたな。  だから、普通教室にまずつけるという文部科学省もわざわざ出したんやいてよ。補助金も何もついてないんやったら私はわかりますよ。ある程度やで。それでもつけていかなあかん。監獄並みに子供ら置いちゃんのやで。

田辺市議会 2002-06-21 平成14年 6月定例会(第4号 6月21日)

ちょっとここに業者は全然違うのですけれども、ランチメニューというようなことでありまして、月曜日から金曜日まで、大体月のうちの20日間、写真入りで、ハニーセサミチキン、煮やっことか、カレー、焼魚とか、ポークシーズニングソテー、ちょっと難しいですけれども、そういう写真入りで載っている。これが回ってきて、生徒が全部申し込みをする。

田辺市議会 1998-12-14 平成10年12月定例会(第4号12月14日)

ところで、我々、この南紀熊野体験博、来年4月29日から9月19日までございますが、カレー事件等、和歌山県が大変全国からイメージ悪くなってきてると、これでひとつ和歌山県イメージアップを図るということもあるかと思います。これだけイメージが落ち込んでるときに、これをやり損ねたら大変なことになると。

田辺市議会 1998-12-10 平成10年12月定例会(第2号12月10日)

さて、本年は、和歌カレー毒物事件和歌山市長逮捕台風7号の被害、今回の質問にあります和歌山県商工信用組合の経営破たん問題、白浜のホテル火災と次々に起こる不測の事態に、和歌山県と田辺市を取り巻く経済情勢は大変厳しい深刻で悲壮感の漂うものがあります。また、経済情勢の先行き不安から、正に世紀末の様相を呈して参りました。

田辺市議会 1997-03-14 平成 9年 3月定例会(第5号 3月14日)

私たちも、子どものお弁当を見たら、ほとんど空揚げということで、子どもはカレーとか、あるいは空揚げとか、そんなんが大変好きで、お弁当のおかずも何か、油で揚げたようなものが、あるいは肉のようなものが多くなる、そういうことになっておりまして、この間、ちょっとNHKのラジオを聞いておりましたら、小泉武夫さんというて、これは小さな泉の武士の武と夫、東京農業大学教授という方の、そういう話がちょうど放送をされておりまして

  • 1