262件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和歌山市議会 2021-03-01 03月01日-03号

四季郷公園は、これまでは地域に根差した公園として、子育て層方々を中心に御利用いただいておりましたが、今回のリニューアルを契機に、本市主要観光拠点一つとして位置づけ、また、近隣に阪和自動車道南スマートインターチェンジ開通し、利便性が向上したことなどから、市外からも多くの観光客方々にお越しいただける公園、さらには、より幅広い年齢層方々に気軽に御来園いただける公園を目指してまいります。 

和歌山市議会 2021-02-22 02月22日-01号

災害時の情報伝達強化として再整備を進めてきた防災行政無線、有事の際に全国からの緊急消防援助隊受入れ拠点となる和歌山南スマートインターチェンジに直結した消防活動センターは、いずれも令和3年度に完成しますが、今後とも災害時に迅速かつ的確に対応できるよう、災害対応訓練の実施や市民一人一人の防災に対する意識向上災害の備えの強化に取り組んでまいります。 

和歌山市議会 2020-03-06 03月06日-07号

特にこの5年間ほどは、更新率が低く、我が党の代表質問へのお答えでも、南インターチェンジ道路建設のため、新設管布設重点を置いたということでした。花山漏水を機に、今後はこの老朽管更新計画を削ることなく、計画どおりに進めていただくことを要望いたします。 それと、もう一点、更新率というデータについてです。 老朽管布設替えを取り上げるとき、この更新率というデータを基に比較しています。

印南町議会 2019-10-01 03月19日-05号

それで今、実際どういう状況なのかと言えば、カーサ・ラーナ、これはインターチェンジの所でございますが、18軒満室という状況でございます。 あわせて、第2弾として切山団地も同じトライをさせていただきますけれども、やはり「住みたい、住み続けたい」を実現する。こういった実感できるまちづくりを進めるに当たって、宅地を整備する。

海南市議会 2019-06-19 06月19日-03号

IRに行くために、遠くから海南インターチェンジをおりてくる車の増加数は、この調査書によると、1日2,000台以上は増加すると想定されています。また、和歌山市の布引あたり国道でも1日1,500台以上がふえるとされています。本市国道42号である船尾の交番前の交差点では約2,300台がふえると示されています。 皆さんもまだ記憶に新しいと思いますが、あの城山トンネル工事を思い出してください。

新宮市議会 2019-06-19 06月19日-03号

今、紀伊半島一周高速道路実現が決まり、新宮南インターチェンジアクセス拠点となり、観光客国道168号への入り口にもなります。 つきましては、国道42号並びに168号を補完するバイパスとして、地域住民が熱望している佐野地区と高田への延長を実現するためにも、早期の着工を要望いたしますが、当局の前向きな御答弁をお願いいたします。

和歌山市議会 2018-03-01 03月01日-03号

平成30年度末には、(仮称)和歌山南スマートインターチェンジ開通予定になっており、工業地域から高速道路へのアクセス向上が期待できます。企業立地促進奨励金制度のさらなる充実、市産品登録制度による地産地消の推進、生産性向上やワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取り組みなど、市内企業の成長を支援する取り組みを加速させます。 

印南町議会 2017-09-25 12月11日-02号

現在、現実的に考えましたら、印南町の地形を思い出してもろうたら良いと思うんですけれども、高速道路も通り、インターチェンジも町内にフルインターがあり、それからJRにおいても、稲原印南、切目と3つの駅揃うている訳なんですけれども、これだけ条件的に通勤なり通学なりに良い条件の適地を持っているところは少ないんではないかと。他の町村に比べても自慢のできるところじゃないかな、条件的には、ということで。

田辺市議会 2017-09-15 平成29年 9月定例会(第3号 9月15日)

また、資料1を見ていただきたいのですが、実は左上のほうに田辺インターチェンジがあります。これは工事が終わる前の地図がもとになっています。ハザードマップ自体のもとの地図が古いので、高速道路がここに載っていませんが、田辺インターの位置はほぼわかるかと思います。左上の大きな交差点、円のちょっと外側の交差点田辺インターに当たります。パビリオンシティのところです。

和歌山市議会 2017-06-21 06月21日-06号

阪和高速南インターチェンジ開通も数年後です。 人口減少を食いとめる手段として、今後は特に働く場所を確保することが必要になってきます。 雇用の拡大につながる企業立地は、今まで以上に重要な課題であると考えますが、現在、どのような取り組みをしているのかお答えください。 次に、観光まちづくりについてお伺いします。 和歌山市の発展に欠かせないのが観光であります。