田辺市議会 > 2018-06-14 >
平成30年 6月定例会(第1号 6月14日)

ツイート シェア
  1. 田辺市議会 2018-06-14
    平成30年 6月定例会(第1号 6月14日)


    取得元: 田辺市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-24
    平成30年 6月定例会(第1号 6月14日)              田辺市議会6月定例会会議録              平成30年6月14日(木曜日)           ―――――――――――――――――――    平成30年6月14日(木)午後1時開会  第 1 会議録署名議員の指名  第 2 会期の決定  第 3 2定報告第 1号 専決処分事項について  第 4 2定報告第 2号 専決処分事項の報告について  第 5 2定報告第 3号 繰越明許費について  第 6 2定議案第 1号 田辺市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条               例の一部改正について  第 7 2定議案第 2号 田辺市税条例の一部改正について  第 8 2定議案第 3号 田辺市弁慶広場条例の制定について  第 9 2定議案第 4号 田辺市介護保険条例の一部改正について  第10 2定議案第 5号 工事請負契約締結について  第11 2定議案第 6号 工事請負契約締結について  第12 2定議案第 7号 工事請負契約締結について  第13 2定議案第 8号 平成30年度田辺市一般会計補正予算(第1号)  第14 2定議案第 9号 平成30年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)
     第15 2定報告第 4号 平成29年度田辺市土地開発公社の事業の計画の変更につ               いて  第16 2定報告第 5号 平成29年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告               について           ――――――――――――――――――― 〇会議に付した事件  日程第1から日程第16まで            ―――――――――――――――――― 〇議員定数 22名 〇欠  員  0名           ――――――――――――――――――― 〇出席議員              議席番号   氏   名               1番  松 上 京 子 君               2番  柳 瀬 理 孝 君               3番  浅 山 誠 一 君               4番  前 田 佳 世 君               5番  川 﨑 五 一 君               6番  久 保 浩 二 君               7番  宮 井   章 君               8番  福 榮 浩 義 君               9番  髙 田 盛 行 君              10番  北 田 健 治 君              11番  橘   智 史 君              12番  尾 花   功 君              13番  二 葉 昌 彦 君              14番  市 橋 宗 行 君              15番  安 達 幸 治 君              16番  安 達 克 典 君              17番  小 川 浩 樹 君              18番  塚   寿 雄 君              19番  佐 井 昭 子 君              20番  中 本 賢 治 君              21番  出 水 豊 数 君              22番  陸 平 輝 昭 君           ――――――――――――――――――― 〇欠席議員  なし           ――――――――――――――――――― 〇説明のため出席したもの              職  名      氏     名             市長        真 砂 充 敏 君             副市長       池 田 正 弘 君             副市長       林   誠 一 君             教育長       中 村 久仁生 君             企画部長      小 川   鏡 君             総務部長      松 川 靖 弘 君             総務部理事     桐 本 達 也 君             危機管理局長    中 野 典 昭 君             市民環境部長    松 場   聡 君             保健福祉部長    木 村 晃 和 君             商工観光部長    早 田   斉 君             農林水産部長    那 須 久 男 君             森林局長      鈴 木 徳 久 君             建設部長      栗 山 卓 也 君             大塔行政局長    坂 本 勇 夫 君             大塔行政総務課長 松 本 章 吾 君             消防長       安 田 浩 二 君             消防次長      梅 田 昌 宏 君             消防総務課長    戎 嶋   健 君             教育次長      弓 場 和 夫 君             水道部長      岩 本   章 君           ――――――――――――――――――― 〇出席事務局職員             議会事務局長    千 品 繁 俊             議会事務局次長   前 田 敦 司             議会事務局主任   松 本 誠 啓             議会事務局主査   古久保 雅 之  開 会 ○議長小川浩樹君)    皆様、こんにちは。  それでは、地方自治法第113条の規定による定足数がありますので、ただいまから本日招集の平成30年第2回田辺市議会定例会を開会いたします。               (午後 1時01分) ◎市長招集挨拶 ○議長小川浩樹君)    日程に入るに先立ち、市長から本定例会招集の挨拶のため発言を求められておりますので、これを許可いたします。  市長、真砂充敏君。              (市長 真砂充敏君 登壇) ○市長(真砂充敏君)    本日、平成30年第2回田辺市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多用の中を御参集いただき、まことにありがとうございます。  本定例会の冒頭に際し、このたびイセエビの放流事業等において、不適切な会計理事案が判明したことにつきまして、議員並びに市民の皆様に多大な御迷惑をおかけしておりますことに深くおわび申し上げます。  現在、専任職員を配置し、過年度分を含め他の放流事業についても精査を進めているところでありますが、できる限り速やかに全容を明らかにしてまいりたいと考えております。  さて、6月も半ばとなり、梅の日に合わせたかのように、今月6日に近畿地方梅雨入りとなりました。  今後およそ1カ月間、曇りや雨のすっきりしない空模様の日が続くことになりますが、この時期の雨は我々の地域、特に農業関係者にとって恵みの雨でもありますので、葉先から滴る雨音や水田の水面に描かれた波紋、山合いの雨霧など、この時期特有の風情を感じる心持ちで過ごしたいところです。  一方で、雨の降り方次第では、土砂災害などを引き起こす可能性も高まることから、雨量推移や状況変化等に対して注意を怠ることのないよう、常に気を引き締めてまいりたいと存じます。  また、この時期は梅の栽培農家にとりまして、連日、収穫作業や漬け込み作業、出荷作業と最も忙しくなり、先月から始まった収穫作業も、小梅、古城から主力品種である南高梅へと移り、その最盛期を迎えております。昨年、一昨年と不作が続き、ことしの南高梅の収穫状況が気になるところですが、本年は開花時期が短かったものの、開花時期が平年より10日ほど遅くなったことでミツバチの活動も活発となり、特に平野部での着果が良好のようで、全体的には平年よりも多い作柄が期待されております。  ハウス栽培等により、近年、季節感がなくなってきているといわれる青果市場の中で、梅は市場関係者や消費者の皆様ににぎわいを感じさせる季節商材の一つとされており、安定した価格での取引が維持され、生産者の皆様の一年間の御労苦が報われる結果となるように願うばかりです。  室町時代の天文14年6月6日、賀茂神社例祭において後奈良天皇が梅を奉納したところ、五穀豊穣をもたらしたという故事にちなみ、紀州梅の会の提唱により6月6日が梅の日に制定されて13年目を迎えたことしも各地で記念行事が開催されました。創建から2050年を迎える熊野本宮大社では梅産業の発展を願う記念式典が開催され、京都賀茂神社では梅の奉納行事を実施したほか、市内幼稚園保育所小学校中学校では給食で梅を提供いたしました。  東京大田市場では、私も恒例の和歌山の梅フェアに出席し、早朝から多くの市議の皆様方や地元関係者の方々にも御参加をいただき、市場関係者に日本一の梅をアピールしてまいりました。その後、首相官邸を訪問し安倍首相に直接お会いし、梅干しや梅ジュースをお届けしました。その様子がマスコミ等にも大きく取り上げられるなど、梅の日行事全体を通して多面的、効果的なPR活動ができたものと思います。  第一次産業としての梅の生産に加え、加工業としての梅干し、梅酒等製造販売、そして関連する産業等を合わせますと、本市における梅産業は重要な基幹産業でありますので、今後も、梅の機能性研究を初め、世界農業遺産ブランドを活用した取り組みや多方面にわたる振興施策を展開し、消費拡大につなげてまいりたいと考えておりますので、議員各位におかれましては、引き続きお力添えを賜りますようお願い申し上げます。  翻って、日本時間の本日14日から、4年に一度の祭典となるFIFAワールドカップロシア大会がいよいよ開幕を迎えます。日本チームは19日に初戦を迎えますが、世界中の人々が熱狂し、熱い視線が注がれる本大会において、八咫烏のエンブレムをまとった日本チームが全世界の注目の的となるよう、日本選手の皆様の御活躍をこの熊野の地からもエールを送りたいと思います。  さて、本議会におきましては、専決処分の報告2件、繰越事業の報告1件、条例に関するもの4件、予算に関するもの2件、その他12件につきまして御審議をお願いするものでございます。よろしく御審議の上、御賛同を賜りますようお願い申し上げまして、招集に当たっての御挨拶とさせていただきます。              (市長 真砂充敏君 降壇)  開 議 ○議長小川浩樹君)    それでは、お手元に配付の日程により、本日の会議を開きます。               (午後 1時07分)          ――――――――――――――――――― ◎諸般の報告
    議長小川浩樹君)    この場合、事務局長をして諸般の報告をいたさせます。  議会事務局長、千品繁俊君。           (議会事務局長 千品繁俊君 登壇) ○議会事務局長(千品繁俊君)    報告申し上げます。  去る6月7日付、田総第78号をもって、市長から本定例会に提出の案件として、2定議案第1号 田辺市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正についてなど議案16件、及び2定報告第1号 専決処分事項についてなど報告案件5件、並びに議案参考資料の送付がありました。  いずれもお手元に配付いたしております。  以上でございます。           (議会事務局長 千品繁俊君 降壇) ○議長小川浩樹君)    それでは、日程に入ります。 ◎日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長小川浩樹君)    日程第1 会議録署名議員の指名を行います。  会議規則第89条の規定により、本定例会の会議録署名人として、18番 塚 寿雄君、19番 佐井昭子君、20番 中本賢治君、以上、3人の諸君を、また、会議録署名の予備議員として、21番 出水豊数君、22番 陸平輝昭君、以上、2人の諸君を指名いたします。 ◎日程第2 会期の決定 ○議長小川浩樹君)    続いて、日程第2 会期の決定を上程いたします。  お諮りいたします。  本定例会会期は、本日から7月6日までの23日間といたします。  これに異議ありませんか。              (「異議なし」の声あり) ○議長小川浩樹君)    異議なしと認めます。  よって、本定例会会期は、本日から7月6日までの23日間と決定いたしました。 ◎日程第 3 2定報告第1号 専決処分事項についてから  日程第16 2定報告第5号 平成29年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報                告についてまで一括上程 ○議長小川浩樹君)    続いて、日程第3 2定報告第1号 専決処分事項についてから、日程第16 2定報告第5号 平成29年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告についてまで、以上14件を一括上程いたします。  提出者の説明を求めます。  市長、真砂充敏君。             (市長 真砂充敏君 登壇) ○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案は、専決処分報告2件、繰越事業報告1件、条例に関するもの4件、予算に関するもの2件、その他5件でございまして、その概要について御説明申し上げます。  まず、報告第1号 専決処分事項についてでありますが、田辺市税条例等の一部を改正する条例につきましては、地方税法等の一部改正に伴い、土地に係る固定資産税等の負担調整措置の3年間延長、個人市民税に係る給与所得控除・公的年金等控除及び基礎控除の見直し、たばこ税の税率の引き上げ等を、田辺市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法施行令の一部改正に伴い、国民健康保険税の基礎課税額の課税限度額の引き上げ及び低所得世帯に対する軽減措置の拡大等について、それぞれ専決処分したものであります。  平成29年度田辺市一般会計補正予算(第9号)につきましては、市債の決定等に伴う財源更正、繰越明許費及び地方債の補正を、平成30年度田辺市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、排水管移設に係る工事請負費の増額を、平成30年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)ほか二つの特別会計につきましては、出納閉鎖による繰上充用額を計上したものであります。  報告第2号 専決処分事項の報告については、交通事故2件、その他の事故2件の損害賠償について専決処分したものの報告であり、報告第3号 繰越明許費については、一般会計において平成30年度に予算を繰り越して執行するものであります。  議案第1号 田辺市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正については、本市が独自利用する個人番号の利用範囲から介護保険利用料助成事業等を除外するため改正するもので、議案第2号 田辺市税条例の一部改正については、地方税法の一部改正に伴い、生産性向上特別措置法に規定する先端設備等に係る固定資産税の課税標準の特例を定めるため所要の改正を行うものです。  議案第3号 田辺市弁慶広場条例の制定については、新たに湊1番48号に弁慶広場を設置するもので、議案第4号 田辺市介護保険条例の一部改正については、介護保険法の一部改正により、市の質問検査権及びその罰則対象者の範囲が拡大されたことに伴い所要の改正を行うものであります。  議案第5号 工事請負契約締結については、芳養地区津波避難施設整備工事請負契約締結について、議案第6号 工事請負契約締結については、田辺市斎場火葬炉整備工事請負契約締結について、議案第7号 工事請負契約締結については、田辺スポーツパーク野球場防球ネット設置工事請負契約締結について、それぞれ議決をお願いするものであります。  次に、議案第8号 平成30年度田辺市一般会計補正予算(第1号)につきまして、その概要を御説明申し上げます。  今回の補正は2億454万4,000円の減額で、歳出の内容を申し上げますと、総務費では、自主防災会の資機材整備に係るコミュニティ助成事業費補助金を、民生費では、子育て世代経済的負担の軽減を目的とする在宅育児支援事業給付金を補正するほか、生活保護法の改正等に伴うシステム改修委託料を、農林水産業費では、株式会社秋津野が実施する宿泊施設等の整備を支援するためグリーンツーリズム推進事業補助金を、教育費では、地域文化活動を支援するコミュニティ助成事業費補助金を、災害復旧費では、林業施設及び公共土木施設の復旧費用を補正するほか、債務負担行為及び地方債を補正しております。  今回の補正の財源としましては、国庫支出金、市債等を減額する一方、県支出金、諸収入等をもって充てることにしております。  議案第9号 平成30年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、市道峰線道路災害復旧に伴う送配水管移設工事及び県補助金返還金を補正するものです。  報告第4号 平成29年度田辺市土地開発公社の事業の計画の変更について及び報告第5号 平成29年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告については、当該法人から提出のあったものの報告であります。  以上、提案いたしました議案について御説明申し上げましたが、詳細につきましては、関係部課長から説明いたさせますので、よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願いいたします。             (市長 真砂充敏君 降壇) ○議長小川浩樹君)    続いて、補足説明を求めます。  総務部長、松川靖弘君。            (総務部長 松川靖弘君 登壇) ○総務部長(松川靖弘君)    それでは、議案書に基づきまして、補足説明をさせていただきます。  1ページをお願いします。  2定報告第1号 専決処分事項については、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したもので、同条第3項の規定によりこれを報告し、御承認をお願いするものです。  専決事項といたしましては、田辺市税条例等の一部を改正する条例から平成30年度田辺市木材加工事業特別会計補正予算(第1号)までの7件で、内容につきましては、2ページから順を追って御説明申し上げます。  まず、2ページから14ページまでの田辺市税条例等の一部を改正する条例につきましては、平成30年3月31日に公布された地方税法等の一部を改正する法律に基づくもので、その主な内容は、固定資産税につきまして、平成30年度における3年に1回の評価がえに際し、土地に係る固定資産税の負担調整措置の仕組みを延長するほか、個人市民税につきましては、所得税と同様に、給与所得控除及び公的年金等控除制度の見直しをするとともに、基礎控除の見直し等を行うものです。  また、たばこ税につきましては、平成30年10月1日から、たばこ税の税率を国と地方合わせて1本当たり1円ずつ3段階で引き上げるなど、所要の改正を行ったものです。  次に、15ページの田辺市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきましては、平成30年3月31日に公布された地方税法施行令等の一部を改正する政令に基づくもので、その主な内容は、国民健康保険税の基礎課税額の課税限度額を4万円引き上げるとともに、低所得世帯に対する国民健康保険税軽減措置の対象を拡大するため、5割軽減及び2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得基準額を引き上げるものです。  次に、16ページをお願いします。  平成29年度田辺市の一般会計補正予算(第9号)は、次に定めるところによる。  第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ500万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ417億5,024万3,000円とするもので、あわせて繰越明許費及び地方債の補正について専決処分をしたものです。  補正予算の内容につきましては、歳出の24ページから御説明いたしますが、補正額がゼロの費目は、起債額の確定に伴い財源の更正を行ったもので、その説明は省略させていただきますので御了承賜りたいと思います。  それでは、26ページをお願いします。  災害救助費につきましては、平成29年度中に執行がなかった災害援護資金貸付金を減額するものです。  なお、今回の補正に伴う財源としましては、市債を減額し、繰越金をもって充てています。  次に、38ページをお願いします。  平成30年度田辺市の漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ260万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,425万8,000円とするもので、内容につきましては、40ページの歳出をお願いします。  漁業集落排水事業費につきましては、田辺西バイパスの整備に伴う漁業集落排水処理施設の排水管移設工事について、工事箇所における地質が硬岩であることなどから、工事請負費を増額するもので、次のページに工事明細表を掲載していますので御参照願います。  なお、今回の補正に伴う財源といたしましては、国土交通省からの補償金をもって充てています。  次に、42ページ、平成30年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)から、48ページ、平成30年度田辺市木材加工事業特別会計補正予算(第1号)までの3件につきましては、いずれも前年度の歳入が歳出に対して不足する額を、翌年度の歳入を繰り上げて、その年度の歳入に充用する措置について専決処分をしたものです。  続きまして、51ページをお願いします。  2定報告第2号 専決処分事項の報告については、損害賠償の額を定め、和解することについて、地方自治法第180条第1項の規定による指定に基づき専決処分したもので、同条第2項の規定によりこれを御報告するものです。  まず、1件目の内容といたしましては、平成30年3月3日午前7時30分ごろ、Aさんが、湊1番13号、紀伊田辺駅前駐車場に軽乗用自動車駐車したところ、当該駐車場駐車枠内に設置している駐車制御板が上がり、当該車両の底部等が損傷したもので、この損害に対する賠償金として、本市が5万8,482円を相手方に支払うものです。  次に52ページ、2件目の内容といたしましては、平成30年2月9日午後2時10分ごろ、本市生涯学習職員が、橋本市東家1丁目1番1号、橋本役所駐車場内において、小型乗用自動車を後進させたところ、当該駐車場内に駐車していたBさん所有の小型乗用自動車に接触し、当該車両の左後部を損傷させたもので、この損害に対する賠償金として、本市が4万8,228円を相手方に支払うものです。  次に、3件目の内容といたしましては、平成30年2月28日正午ごろ、本市地域おこし協力隊員が、上秋津2088番地の1の駐車場内において、方向転換をするために軽貨物自動車を後進させたところ、当該駐車場内に駐車していたCさん所有の軽乗用自動車に接触し、当該車両の右後部を損傷させたもので、この損害に対する賠償金として本市が20万4,120円を相手方に支払うものです。  次に53ページ、4件目の内容といたしましては、平成29年7月7日午後5時15分ごろ、目良44番8号、市立武道館において、D中学校柔道部の練習中、指導教諭指導及び配慮が不十分であったため、男子生徒の技を受けた女子生徒が頭部を強打し、入院をしたもので、この損害に対する賠償金として、本市が44万2,598円を相手方に支払うものです。  続きまして、54ページをお願いします。  2定報告第3号 繰越明許費について、平成29年度田辺市一般会計歳出予算の経費の金額を翌年度に繰り越したので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するもので、次の55ページとあわせて別冊参考資料の1ページを御参照願います。  内容につきましては、景観まちづくり刷新事業に係る補助金を初め、市街地活性化施設整備事業、請川分団車庫建築事業、林業施設及び公共土木施設災害復旧事業など22事業について、合わせて7億1,523万6,293円を翌年度へ繰り越すものです。  次に、56ページをお願いします。  2定議案第1号 田辺市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会議決をお願いするものです。  本件につきましては、本市が独自利用する個人番号の利用範囲から、介護保険利用料助成事業等を、当該事業の廃止等により除外するため改正するものです。  続きまして、58ページをお願いします。  2定議案第2号 田辺市税条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会議決をお願いするものです。  本件につきましては、地方税法の一部改正に伴い、平成30年5月23日に公布された生産性向上特別措置法の規定により、国の同意を得た田辺市策定の導入促進基本計画に基づく認定を受けた事業者に対して、固定資産税の特例措置を講ずるため所要の改正を行うものです。  その概要につきましては、平成33年3月31日までの期間に、当該事業者が導入促進基本計画に基づき設備投資を行った償却資産に係る固定資産税について、新たに固定資産税が課されることとなった年度以降3カ年度分に限り、その課税を免除するものであり、これによる減収額の75%については地方交付税による補填措置がなされることとなっています。  次に、60ページをお願いします。  2定議案第3号 田辺市弁慶広場条例の制定について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会議決をお願いするものです。  本件につきましては、まちのにぎわいの創出に資する交流の場及び市民が親しみを持てる憩いの場を提供するため、田辺市駅前広場内に新たに弁慶広場を設置するものです。  次に、63ページをお願いします。  2定議案第4号 田辺市介護保険条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会議決をお願いするものです。  本件につきましては、介護保険法の一部改正により、市の質問権及びその罰則対象者の範囲が、被保険者自身と第1号被保険者の世帯員等のみから、被保険者自身と全ての被保険者の世帯員等に拡大されたことに伴い、所要の改正を行うものです。  次に、65ページをお願いします。  2定議案第5号 工事請負契約締結については、芳養地区津波避難施設整備工事請負契約締結について、田辺市議会議決に付さなければならない契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により議会議決をお願いするものです。  工事名は芳養地区津波避難施設整備工事契約の方法は条件付き一般競争入札、応札者数は10社、入札年月日は平成30年5月15日、契約金額は1億7,474万4,000円、契約の相手方は株式会社丸山組、代表取締役、丸山博之氏です。  なお、工事概要等につきましては、別冊参考資料2ページを御参照願います。  次に、66ページをお願いします。  2定議案第6号 工事請負契約締結については、田辺市斎場火葬炉整備工事請負契約締結について、田辺市議会議決に付さなければならない契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により議会議決をお願いするものです。  工事名は田辺市斎場火葬炉整備工事契約の方法は指名型プロポーザルによる随意契約契約金額は1億9,440万円、契約の相手方は太陽築炉工業株式会社代表取締役社長、江口正司氏です。  なお、工事概要等につきましては、別冊参考資料3ページを御参照願います。
     次に、67ページをお願いします。  2定議案第7号 工事請負契約締結については、田辺市スポーツパーク野球場防球ネット設置工事請負契約締結について、田辺市議会議決に付さなければならない契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により議会議決をお願いするものです。  工事名は田辺スポーツパーク野球場防球ネット設置工事契約の方法は条件付き一般競争入札、応札者数は9社、入札年月日は平成30年5月24日、契約金額は1億6,868万5,200円、契約の相手方は株式会社松本組、代表取締役松本洋一氏です。  なお、工事概要等につきましては、別冊参考資料4ページを御参照願います。  続きまして、68ページをお願いします。  2定議案第8号 平成30年度田辺市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2億454万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ432億1,645万6,000円とするもので、債務負担行為及び地方債の補正につきましては、71ページを御参照願います。  補正予算の内容につきましては、歳出の75ページから御説明いたしますが、工事請負費につきましては、工事明細表を79ページに、あわせて別冊参考資料の5ページ及び6ページに、工事事業箇所図を掲載していますので御参照願います。  それでは、75ページをお願いします。  総務管理費、防災対策費につきましては、一般財団法人自治総合センターのコミュニティ助成事業の採択を受け、立戸自主防災会が行う防災資機材の整備に対して補助するもので、次の社会福祉費、社会福祉総務費につきましては、県委託金の受け入れに伴う財源更正です。  次に、76ページをお願いします。  児童福祉費につきましては、子育て世帯経済的負担を軽減するため、家庭乳児保育する保護者に対して月額1万5,000円の在宅育児支援事業給付金を支給するもので、次の生活保護費、生活保護総務費につきましては、生活保護法の改正等に対応するため、生活保護システムを改修するものです。  77ページにまいりまして、農業費、農業振興費につきましては、グリーンツーリズムの推進を図るため、株式会社秋津野が行う来訪者の受け入れ施設の整備に対して補助するもので、次の社会教育費、文化振興費につきましては、一般財団法人自治総合センターのコミュニティ助成事業助成金の採択を受け、和太鼓演奏団体奥熊野太鼓が行う和太鼓の整備に対して補助するものです。  次に、78ページをお願いします。  農林施設災害復旧費、現年度林業施設災害復旧事業費につきましては、平成28年6月27日から平成30年4月18日にかけての地すべりにより被災した林道小広静川線の復旧事業について、設計の変更及び事業期間の延長に伴い、工事請負費を減額するもので、次の公共土木施設災害復旧費、現年度公共土木施設災害復旧事業費につきましては、本年4月24日から25日にかけての豪雨により被災した市道2件の復旧工事を行うものです。  以上、今回の補正に伴う財源といたしましては、地方交付税国庫支出金、市債を減額し、県支出金、諸収入をもって充てています。  次に、80ページをお願いします。  2定議案第9号 平成30年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)です。  第1条 平成30年度田辺市水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  第2条 平成30年度田辺市水道事業会計予算第4条中本文括弧書きを次のとおり改め、同条の表中第4項予備費を第5項予備費に改めるとともに、同条に定めた資本収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものです。  内容につきましては、81ページをお願いします。  資本収入及び支出につきまして、支出の建設改良費については、市道峰線道路災害復旧に伴う送配水管移設工事を行うもので、県補助金返還金については、消費税確定申告による仕入控除税額の確定に伴い、既に交付を受けた補助金のうち消費税相当分を返還するものです。  なお、工事請負費につきましては、配水設備改良工事箇所表を次の82ページに、あわせて別冊参考資料の7ページに、工事事業箇所図を掲載していますので御参照願います。  続きまして、83ページをお願いします。  2定報告第4号 平成29年度田辺市土地開発公社の事業の計画の変更について御報告するものです。  平成29年度田辺市土地開発公社の事業の計画の変更(予算の変更)については、次のとおりです。  84ページをお願いします。  第1条 平成29年度田辺市土地開発公社会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  第2条 平成29年度田辺市土地開発公社会計予算第2条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものです。  内容につきましては、85ページの平成29年度田辺市土地開発公社会計補正予算(第1号)実施計画をお願いします。  収益的収入につきまして、事業収益のうち土地造成事業収益は、たきない分譲地及び城山台分譲地の売却実績によるもので、補助金等収益は、城山台分譲地の売却に伴う特別損失相当分に対する田辺市からの補助金です。  収益的支出につきまして、事業原価は、たきない分譲地及び城山台分譲地の売却実績によるもので、販売費及び一般管理費は、田辺市土地開発公社コーディネーターの活動に係る対価について人件費から経費へ予算の組み替えを行ったものです。  次に、86ページをお願いします。  2定報告第5号 平成29年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告については、次のとおりです。  87ページをお願いします。  平成29年度田辺市土地開発公社事業報告書です。  1.土地処分の状況につきましては、土地造成事業として、事業用地3,137.02平方メートルを1億2,755万1,555円で処分しています。詳細につきましては記載のとおりです。  次に、2.手持ち資産の状況につきましては、特定土地、完成土地等を合わせまして、面積27万9,684.13平方メートル、金額にしまして17億8,528万4,981円を保有しています。  次に、88ページをお願いします。  平成29年度田辺市土地開発公社貸借対照表です。  資産の部につきましては、資産合計は18億4,633万8,020円で、負債の部につきましては、負債合計は17億8,028万4,359円です。  89ページにまいりまして、資本の部につきましては、資本合計は6,605万3,661円で、負債合計を合わせた負債資本の合計は18億4,633万8,020円です。  90ページは、平成29年度田辺市土地開発公社損益計算書で、当期純損失は843万3,639円となっており、城山台分譲地の売却に伴い発生した簿価と売却額との差額は、田辺市からの補助金として、事業収益、補助金等収益に計上しております。  91ページは、キャッシュ・フロー計算書で、現金及び現金同等物期末残高は4,008万9,468円となっています。  92ページの平成29年度田辺市土地開発公社注記事項につきましては、重要な会計方針及び追加情報の注記を記載しており、その内容につきましては記載のとおりです。  93ページの平成29年度田辺市土地開発公社財産目録につきましては、貸借対照表と同じ内容ですので、説明は省略させていただきます。  次に、94ページをお願いします。  平成29年度田辺市土地開発公社決算報告書です。  収益的収入及び支出につきましては、収入決算額は1億8,768万6,607円、96ページにまいりまして、支出の決算額は1億9,612万246円です。  続いて、資本収入及び支出につきましては、収入決算額は37億3,000万円、97ページにまいりまして、支出の決算額は39億円です。  なお、98ページには監事の監査報告書を添付しています。  以上をもちまして、補足説明を終わらせていただきます。  よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。            (総務部長 松川靖弘君 降壇) ○議長小川浩樹君)    以上をもって提出者の説明が終了いたしました。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております14件については、審議の都合上、後日審議願うことにいたします。  これに異議ありませんか。              (「異議なし」の声あり) ○議長小川浩樹君)    異議なしと認めます。  よって、さよう決しました。  この場合お諮りをいたします。  本日の会議はこの辺にとどめ散会をし、あす6月15日から6月24日までの10日間は議案調査のため休会とし、6月25日月曜日午前10時から再開をいたします。  これに異議ありませんか。              (「異議なし」の声あり) ○議長小川浩樹君)    異議なしと認めます。  よって、さよう決しました。  なお、一般質問の通告につきましては、あす6月15日午後2時までに事務局へ提出願います。締め切り後、抽せんにより質問順位を決定し、通知申し上げます。  散 会 ○議長小川浩樹君)    それでは、本日はこれをもって散会いたします。御苦労さまでした。               (午後 1時41分)  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。   平成30年6月14日                    議  長  小 川 浩 樹                    議  員  塚   寿 雄                    議  員  佐 井 昭 子                    議  員  中 本 賢 治...