和歌山市議会 > 2016-11-30 >
平成28年 12月 定例会-11月30日−02号

ツイート シェア
  1. 和歌山市議会 2016-11-30
    平成28年 12月 定例会-11月30日−02号


    取得元: 和歌山市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-23
    平成28年 12月 定例会 − 11月30日−02号 平成28年 12月 定例会 − 11月30日−02号 平成28年 12月 定例会                 平成28年           和歌山市議会12月定例会会議録 第2号             平成28年11月30日(水曜日)      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 議事日程第2号 平成28年11月30日(水)午前10時開議 第1 会議録署名議員の指名 第2 議案第1号から同第6号まで      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 会議に付した事件 日程第1 会議録署名議員の指名 日程第2 議案第1号から同第6号まで      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席議員(37名)   1番  林 隆一君   2番  山野麻衣子君   3番  中村朝人君
      4番  堀 良子君   5番  西風章世君   6番  園内浩樹君   7番  永野裕久君   8番  中村元彦君   9番  浜田真輔君  10番  中谷謙二君  11番  丹羽直子君  12番  浦平美博君  13番  上田康二君  14番  吉本昌純君  15番  松坂美知子君  16番  姫田高宏君  17番  中塚 隆君  18番  薮 浩昭君  19番  奥山昭博君  20番  山本忠相君  21番  井上直樹君  22番  芝本和己君  23番  古川祐典君  24番  戸田正人君  25番  松井紀博君  26番  尾崎方哉君  28番  森下佐知子君  29番  中尾友紀君  30番  松本哲郎君  31番  北野 均君  32番  山田好雄君  33番  野嶋広子君  34番  宇治田清治君  35番  寒川 篤君  36番  山本宏一君  37番  遠藤富士雄君  38番  佐伯誠章君 欠席議員(1名)  27番  南畑幸代君    −−−−−−−−−−−−−−− 説明のため出席した者の職氏名  市長         尾花正啓君  副市長        荒竹宏之君  副市長        木村哲文君  市長公室長      辻 正義君  総務局長       田又俊男君  危機管理局長     宮原秀明君  財政局長       小林亮介君  市民環境局長     山本彰徳君  健康局長       立本 治君  福祉局長       平田謙司君  産業まちづくり局長  坂本安廣君  建設局長       南方節也君  会計管理者      南 秀紀君  教育長        原 一起君  教育局長       北 克巳君  消防局長       出口博一君  公営企業管理者    森井 均君  水道局長       巽 和祥君  選挙管理委員会委員長 川端正展君  代表監査委員     伊藤隆通君  人事委員会委員長   水野八朗君    −−−−−−−−−−−−−−− 出席事務局職員  事務局長       尾崎順一  事務局副局長     中野光進  議事調査課長     中西 太  議事調査課副課長   石本典生  議事班長       藤井一成  企画員        竹下裕威  企画員        佐川恭士  事務主査       國定正幹  事務主査       北野統紀  事務副主任      平岡直樹  事務副主任      大江健一    −−−−−−−−−−−−−−−           午前10時00分開議 ○議長(野嶋広子君) ただいまから本日の会議を開きます。    −−−−−−−−−−−−−−− △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(野嶋広子君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において   井上直樹君   芝本和己君   中尾友紀君  以上3人の諸君を指名します。    −−−−−−−−−−−−−−− △日程第2 議案第1号から同第6号まで ○議長(野嶋広子君) 次に、日程第2、議案第1号から同第6号までの6件を一括議題とします。  これより、ただいま議題となっている6件の討論に入ります。  討論の通告がありますので、順次発言を許します。森下佐知子君。−−28番。  〔28番森下佐知子君登壇〕(拍手) ◆28番(森下佐知子君) おはようございます。  日本共産党市会議員団を代表して、議案第1号及び第5号の2件に反対の立場から討論いたします。  議案第5号は、和歌山市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例の制定で、議員報酬の期末手当分を増額しようとするものです。  現在、市民の暮らしを見るとき、消費税の増税に加え、医療費、国民健康保険料や介護保険料などの負担は極めて大きくなっています。一方で、暮らしを支える年金は削減され、市民生活は苦しくなるばかりです。  そのような中、本市の議員報酬や期末手当は、他都市と比較しても決して低いわけではなく、今以上に引き上げる理由がありません。よって、この議案には賛成できません。  第1号は昇給分の補正予算であり、この議案分を含むものなので、同様の理由により賛成できません。  以上を申し述べ、反対討論といたします。(拍手) ○議長(野嶋広子君) 次に、山野麻衣子君。−−2番。  〔2番山野麻衣子君登壇〕(拍手) ◆2番(山野麻衣子君) おはようございます。  ただいま上程されました議案第1号から同第6号までの議案に対して、和歌山維新の会を代表いたしまして、全議案に反対の立場から討論をいたします。
     人事委員会勧告は、ラスパイレス方式にて民間給与との比較を算出し、和歌山市では、市内企業規模50人以上かつ事業所規模50人以上の126事業所より、無作為で76事業所を対象に抽出しています。これは、事業規模が大きな事業所のみという考え方であり、その視点が正しいとは言えず、適切な比較がされているとは言いがたいということです。  日本全体でも景気がよくなっていない中、市民に広く経済対策効果が行き渡っておらず、貧困問題や経済格差が拡大している社会的状況下において、給与、報酬の引き上げは市民理解が得られるとは考えられません。  また、人事院勧告制度の趣旨からすれば、市長、市議会議員を含めた特別職には当てはまらず、厳しい財政状況もあわせて考慮すれば、引き上げは慎むべきです。  人事院勧告は、必ず受け入れなければならないものではなく、和歌山市財政が厳しい中において、本当に人事院勧告が本市にとって適正か否かを判断していく必要があります。  これらのことを鑑み、総合的な観点から、官民格差の是正より本市の財政状況を優先的に考慮すべきであり、このような市民負担をふやすような勧告を受け入れることは理解しかねます。  以上を申し述べ、反対討論といたします。(拍手) ○議長(野嶋広子君) 以上で通告による討論は終わりました。  ほかに討論はありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野嶋広子君) 討論を終結します。  日程第2の6件を採決します。  まず、議案第1号、同第5号の2件を一括して採決します。  この2件は、いずれも原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○議長(野嶋広子君) 起立多数。  よって、この2件は、いずれも原案のとおり可決と決しました。  次に、議案第2号から同第4号まで、同第6号の4件を一括して採決します。  この4件は、いずれも原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○議長(野嶋広子君) 起立多数。  よって、この4件は、いずれも原案のとおり可決と決しました。  お諮りします。  ただいま議案が議決されましたが、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野嶋広子君) 御異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。  お諮りします。  本日の会議はこの程度にとどめ延会し、明12月1日は休会とし、12月2日午前10時から会議を開くことにしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野嶋広子君) 御異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。  本日はこれにて延会します。           午前10時07分延会    −−−−−−−−−−−−−−−  地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。  議長    野嶋広子  議員    井上直樹  議員    芝本和己  議員    中尾友紀...