66件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

射水市議会 2021-06-14 06月14日-02号

3月定例会で、我が会派代表質問当局答弁では、DXの進め方については、IoTRPAを使いICT化を進め、業務効率化するという程度の、どこの自治体でも普通にやっているような内容でありました。しかしながら、年頭のマスコミインタビューや様々な場面においても、新型コロナウイルス感染症対策デジタルトランスフォーメーション推進2つの柱とすると、夏野市長は述べておられます。

魚津市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第2号) 本文

具体的に何をしていくかということですけれど、4つありますが、1つは、まずマイナンバーカード普及促進を図ろう、2つ目が、オンラインによる行政手続行政サービスができるようになろう、そして3点目が、AIRPAなどの新しい技術を積極的に活用して、サービス向上業務効率化を進めよう、そして4つ目は、これまであまりデジタル技術になじみのなかった高齢者を中心にデジタルデバイド解消を図ろう、この4つが柱

魚津市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第1号) 本文

今後は、マイナンバーカード普及促進オンラインによる行政手続き行政サービス利用実現AIRPAなど新技術活用によるサービス向上業務効率化地域社会デジタル化デジタルデバイド解消を柱に、「ポストコロナ時代」を見据えた新しい行政サービスの在り方を目指します。  デジタル社会実現に先駆けて、4月から魚津市LINE公式アカウント運用を正式に開始しております。

魚津市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第3号) 本文

1つですけど、ある地元の製造業の社長さんとお話をした際に、まずは求められた製造をしっかりする、そのために今頑張っているので、よく言われるDXですか、デジタル導入するとか、会社の中でそういった効率化を図ることはやはり難しいということを言われておりましたので、そういった際に、ニーズをこちらからつくってあげることによって、RPAとかもあると思いますけど、会社がより効率化できるということをまた教えてあげるために

射水市議会 2021-03-19 03月19日-04号

とりわけ、アフターコロナの新しい時代を見据え、IoTRPA等の新たな情報通信技術を積極的に取り入れながら、ICTの浸透が人々の生活をよりよい方向に変化させる、いわゆるデジタルトランスフォーメーションDX)を推進するなど、「いみず未来かたち創造予算」に掲げる各種事業を実行するとともに、公共施設再編等行財政改革にも取り組みながら、新しい未来の形を市民の皆様と共に創り出していく施策を展開してまいりたいと

射水市議会 2021-03-05 03月05日-02号

一方で、現在は新型コロナウイルス感染症対策感染拡大で影響を受けた地域経済への支援、さらにはワクチン接種といった喫緊の課題に迅速かつ確実に対応するとともに、IoTRPAなどの新しい情報通信技術活用したデジタルトランスフォーメーションを強力に推進し、新しい射水の実現に向けた取組を加速させる必要があるものと考えております。 

高岡市議会 2021-03-04 令和3年3月定例会(第4日目) 本文

職員業務についてはRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が図られ、継続的な効率化が進められているところだと思いますが、窓口業務最新技術活用して市民サービス利便性をぜひ高めていただきたいと思います。  続いて、市民病院におけるテクノロジーの活用についてもお伺いしたいと思います。  

立山町議会 2021-03-01 令和3年3月定例会 (第2号) 本文

町ではこれまで、住民情報税情報などの基幹系システム財務会計人事管理等内部情報系システムにおける、県内の複数の自治体とのクラウドによる共同利用や、税情報等におけるRPA(業務自動化)の活用マイナンバーカードを用いた申請手続導入住民票印鑑証明書コンビニ交付などに取り組んでまいりました。  

魚津市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第3号) 本文

もう1点、職員の仕事の効率性、こういった面の取組ですけれども、昨年度、RPA軽自動車税税収納障害者手帳の発行について導入いたしました。本年度は、介護保険高額サービス費入力公金収納の消し込み、決算審査資料作成、そして、教育保育給付の認定の変更情報入力システム、こういったことを今開発中でありまして、令和3年度から運用を開始してまいります。  

射水市議会 2020-12-14 12月14日-03号

本市デジタルトランスフォーメーションに向けての取組につきましては、代表質問でもお答えしたところでございますが、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることができるSociety5.0の実現に向けて、あらゆる分野IoTや5Gなど新たな情報通信技術や、AIRPAなどといった最新技術を取り入れながら進めることとしております。 

黒部市議会 2020-12-11 令和 2年第8回定例会(第2号12月11日)

市民生活向上地域経済活性化に、新型コロナウイルス感染症対策が引き続き必要と考えることから、新たな日常の実現を掲げ、RPAいわゆる業務プロセス自動化の充実やテレワークなどの導入による働き方改革、さらには市税公共料金などの支払方法多様化などについても検討を加え、時期を逸することなく予算に反映してまいりたいと考えております。  

射水市議会 2020-12-11 12月11日-02号

今後のデジタル化につきましては、時間や場所を問わず、誰もが快適で質の高い生活を送ることのできる社会Society5.0の実現に向けた取組と、持続発展的な事業継続目標とするSDGsの観点も踏まえ、福祉、医療、教育地域交通など、あらゆる分野IoTや5Gなど新たな情報通信技術AIRPAなどといった最新技術を取り入れていくことが重要であると考えています。 

小矢部市議会 2020-12-10 12月10日-02号

現在、各市町村においてもAIRPA導入など、行政デジタルトランスフォーメーションが少しずつでありますが進められています。自治体においてはデジタルに対するビジョン戦略を持つこと、そしてデジタル人材の育成が課題として挙げられます。 本市におけるデジタルに対するビジョン戦略はありますでしょうか。

射水市議会 2020-12-07 12月07日-01号

本市におきましては、今年度からシステム入力作業等自動化するRPA本格運用を開始しており、行政デジタル化に向けた取組を積極的に展開しているところであります。また、行政手続における押印につきましては、今年度において集中的な見直しに取り組むこととしており、法令や条例の改正を伴うものや真に必要な場合を除き、年内に見直しが完了するよう取組を進めております。

高岡市議会 2020-12-03 令和2年12月定例会(第3日目) 本文

さらには、来年1月に予定しております自治体クラウドへの本格移行に併せ、一部のデータはRPA──ロボティック・プロセス・オートメーションのことでございますが──を活用してシステムに取り組むことにしており、これらにより、職員負担軽減等も含めまして、職員が本来行うべき業務に集中させる等を通じて、お話しのように、行政省力化迅速化を図るなど、引き続き行政デジタル化を加速化させることを通じて市民サービス

南砺市議会 2020-09-07 09月07日-02号

見直し内容といたしましては、南砺水道事業経営戦略南砺市下水道事業経営戦略など、個別計画PDCAサイクルの中で進捗管理するものや市が事務局を担っている各種団体事務見直し、分庁舎方式の検証と庁舎機能再編など、目標達成により継承しないものが23項目公共施設利用に係る受益者負担適正化滞納対策強化による収納率向上など、目標達成できず引き続き取り組むものが10項目、働き方改革を進めるためRPA