5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

滑川市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第4号 3月11日)

そのような中、30年以上前から、総務省外務省文部科学省と一般財団法人自治体国際化協会協力によって続けられてきたプロジェクトにJET(ジェット)プログラムがあります。  このプログラムは、世界各国にある大使館などの在外公館において、日本英語を教える若者などを募集、面接し、旅費給与日本保障したうえで招聘する事業ですが、現在では54カ国から約5,500人の若者が日本全国で活躍しています。

氷見市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会−09月11日-03号

3月定例会でも、地元の子どもたちが生の英語学び、いずれ地元で英語に携わる雇用の創出につながる趣旨にて質問させていただきましたが、土佐山学舎が採用しているように、現在のJETプログラム以外の選択肢にて、例えばプロポーザル方式など選択肢はないのかということを今回お聞きしたいのですが。教育長。 ○議長(嶋田茂君) 鎌仲教育長

氷見市議会 2018-03-13 平成30年 3月定例会−03月13日-03号

教育長(山本晶君) JETプログラムを採用しております。 ○副議長(萩山峰人君) 5番 正保哲也君。 ◆5番(正保哲也君) そのJETプログラムというのは、文部科学省総務省からの推奨だと思います。これは国の交付金で行っているんでしょうか。山本教育長。 ○副議長(萩山峰人君) 山本教育長。 ◎教育長(山本晶君) 国の資金です。交付金の形態をとっておるかどうか、ちょっと今確認いたします。

射水市議会 2013-12-13 平成25年 12月 定例会-12月13日−03号

その結果、昨年には、災害時のリスク分散の観点から、大型コールセンター株式会社プレステージ・インターナショナルが旧JET駐車場跡地への進出を決定されました。つまり災害が少ないという利点が進出決定の大きなポイントになったものであります。引き続き、残りの区画の早期完売を目指すとともに、その後の企業進出も念頭に、先を見据えた新しい工業団地のあり方も検討を始めたいと考えております。  

  • 1