運営者 Bitlet 姉妹サービス
46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第7日目) 本文 また、資格証明書や短期保険証の発行はできる限り抑制すべきである。  介護保険事業会計予算については、財政努力により介護保険料や利用料の引き下げを図り、国に公費負担の引き上げを要請すべきである。  後期高齢者医療事業会計予算については、制度の廃止と保険料の軽減を国に働きかけるべきであるとの意見がありました。   もっと読む
2017-12-07 富山市議会 平成29年12月定例会 (第3日目) 本文 2017.12.07 とにかくちょっとした空間をつくって、朝出勤するとき高齢者と一緒に来て、すぐそこで会社の人が見ていて、本職である社会福祉法人の方がお迎えに来て、そちらでデイサービスを受けるというようなことであれば、新たに追加的に大きな費用の負担が発生するわけでもありませんし、人件費についても抑制できるのではないかと思っております。   もっと読む
2017-12-01 魚津市議会 平成29年12月定例会(第3号) 本文 大型建設事業の終了後は、市債の発行を可能な限り抑制をし市債残高を徐々に減少させ、将来負担を少しずつ減らしていく必要があるというふうに考えております。  こうした中、平成30年度予算編成方針でもお示しをいたしましたが、将来にわたって持続可能な財政とするため、事務事業の見直しによる行政改革を実行いたしますとともに、財政の見える化の推進に努めていきたいと考えております。   もっと読む
2017-09-25 富山市議会 平成29年9月定例会 (第6日目) 本文 2017.09.25 1960年から1970年代の高度成長期に建設された多くのインフラが寿命を迎えつつあるもとで、新規建設を抑制し、維持・更新事業へ公共事業政策を転換することは待ったなしです。富山市の橋梁や上下水道など、市民生活に密着したインフラも同様です。東日本大震災、熊本地震、たび重なる豪雨水害など、自然災害も多発しています。  日本共産党は、公共事業イコール悪という立場ではもちろんありません。 もっと読む
2017-03-06 富山市議会 平成29年3月定例会 (第2日目) 本文 2017.03.06 このような中、1つに、全ての事務事業を評価し直すことにより歳出の抑制を図ること、2つには、財政の健全性を堅持するため、可能な限り市税等の一般財源を確保し、新たな市債発行を抑制することを基本として、限られた財源の重点的・効率的な配分に努めながら予算編成を行ったところであります。   もっと読む
2016-09-09 富山市議会 平成28年9月定例会 (第2日目) 本文 2016.09.09 国は、「経済再生なくして財政健全化なし」を基本に、新たなビジネス機会を拡大し、地域経済の好循環を実現するとともに、公的負担の抑制を図り、経済・財政一体改革を力強く進める1つの方策として、公共施設の整備等に民間の創意工夫を活用できるPPPの推進を重要課題としております。   もっと読む
2016-09-05 南砺市議会 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月05日−02号 私の基本的な考え方といたしましては、6月定例会にも申し上げましたように、将来の厳しい財政状況を考えたときに、初期投資を極力抑制することが重要であることから、まだ十分使用することのできる既存庁舎の活用を中心に協議や検討を行うことが無駄な投資を生まない最善の方法であると考えております。   もっと読む
2016-09-05 南砺市議会 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月05日−02号 私の基本的な考え方といたしましては、6月定例会にも申し上げましたように、将来の厳しい財政状況を考えたときに、初期投資を極力抑制することが重要であることから、まだ十分使用することのできる既存庁舎の活用を中心に協議や検討を行うことが無駄な投資を生まない最善の方法であると考えております。   もっと読む
2015-12-01 高岡市議会 平成27年12月定例会(第3日目) 本文 しかし、大枠合意内容から言えることは、本市の農家、農村、農業がとても立ち行かなくなり、離農者がふえ、ますます農村、農業の劣化が加速していくのではと思いました。  そこで1点目は、農業の再生と担い手の育成、里山や美しい原風景、地域に深く根差した文化は守れなくなると懸念するのですが、見解をお伺いいたします。   もっと読む
2015-09-09 富山市議会 平成27年9月定例会 (第3日目) 本文 2015.09.09 安全で快適な自転車利用環境をつくるには、自転車専用の通行空間となる自転車道や自転車専用通行帯の確保だけでなく、車道混在となる生活道路の安全を確保するため、自動車の通行速度の抑制が必要です。  生活道路が集中する市街地においては、面的に規制速度を抑制する「ゾーン30」の導入など、警察との連携による整備が重要であります。本市の現状についてお聞かせください。   もっと読む
2015-06-15 黒部市議会 平成27年第2回定例会(第3号 6月15日) 次に4点目の小規模農家が先祖伝来の田畑を提供した場合のメリットについてでありますが、このような離農を考えられている小規模農家の場合、農地の出し手である小規模農家が全ての自作地を10年以上農地中間管理機構に貸し付け、かつ、農地が機構から受け手に貸し付けられることで、離農の補償金である経営転換協力金の支給対象となります。   もっと読む
2015-03-23 小矢部市議会 平成27年  3月 定例会-03月23日−04号 これは4人分の人件費に相当し、人件費の抑制はサービスの質・量、両面の低下になるのではないかと危惧している。総枠2.27%の引き下げ、実質4.48%のマイナスであり、特別養護老人ホームでは基本サービスが5.6%、小規模が10%、通常規模が6%程度の削減となるわけであります。   もっと読む
2015-03-20 富山市議会 平成27年3月定例会 (第7日目) 本文 2015.03.20 そのような地方創生や消費喚起への配慮がなされているほか、義務的経費の増加など、依然として厳しい財政状況にありながらも、総合計画等に位置づけた事業の着実な進捗や地域経済の活性化に資する事業の実施などを怠りなく進め、将来にわたって持続可能な健全財政を歳出の抑制や有利な市債の活用等により十分確保しつつ、限られた財源を重点的・効率的に配分した、まことに評価すべき予算編成であります。   もっと読む
2014-09-01 魚津市議会 平成26年9月定例会(第2号) 本文 つまりは認定を増やすか、あるいは集落営農に移行していくかというふうにしないと、所得保障というのはできないんだろうなというふうに思っていますけれども、今の9割とか8割の多くの人たちをこれで放っておくと、多分離農者が非常に増えてくるだろうなということを思っています。   もっと読む
2014-03-07 南砺市議会 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号 南砺市病院改革プランは、国の医療費抑制のための度重なる診療報酬改定や新臨床研修医療制度に起因する地域医療環境の悪化といった環境のもとで、全国の自治体病院の7割強が赤字経営となったことから、公立病院の抜本的な改革を目指し、総務省が公立病院改革ガイドラインを作成し、全国の公立病院において改革プランを作成することとしたものでございます。   もっと読む
2013-03-07 南砺市議会 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号 また、本年度より事業化されました戸別所得補償経営安定推進事業の人・農地プランへの取り組みによって、離農する農業者へ農地集積協力金や、農地集積による規模拡大加算を活用するなど、効率的な営農体系への推進により、平成25年度の営農に向けて新たに150ヘクタールの農地が担い手等へ集積されることから、農家数はさらに集約されるものだと思っております。   もっと読む
2013-03-07 南砺市議会 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号 また、本年度より事業化されました戸別所得補償経営安定推進事業の人・農地プランへの取り組みによって、離農する農業者へ農地集積協力金や、農地集積による規模拡大加算を活用するなど、効率的な営農体系への推進により、平成25年度の営農に向けて新たに150ヘクタールの農地が担い手等へ集積されることから、農家数はさらに集約されるものだと思っております。   もっと読む
2012-12-12 南砺市議会 平成24年 12月 定例会(第7回)-12月12日−03号 その結果、今後、地域農業の担い手となる経営体が約250組織、そして近い将来、離農を考えているという農家が約300戸予想されることが判明されたところでございます。  また、これらの結果をもとに「人・農地プラン」のエリアを旧農協支所単位の29地域に設定したところであり、それぞれの地域でのプラン策定原案の基礎となる情報を県、JAなど関係団体と協議した上で、順次生産組合長会議で報告してまいりました。   もっと読む
2012-12-12 南砺市議会 平成24年 12月 定例会(第7回)-12月12日−03号 その結果、今後、地域農業の担い手となる経営体が約250組織、そして近い将来、離農を考えているという農家が約300戸予想されることが判明されたところでございます。  また、これらの結果をもとに「人・農地プラン」のエリアを旧農協支所単位の29地域に設定したところであり、それぞれの地域でのプラン策定原案の基礎となる情報を県、JAなど関係団体と協議した上で、順次生産組合長会議で報告してまいりました。   もっと読む
2012-06-22 富山市議会 平成24年6月定例会 (第4日目) 本文 2012.06.22 「人・農地プラン」の作成に当たっては、地域の農業事情に応じたプランとなるよう作成を進めていくこととしており、現在、市や県農林振興センター、農協、農業者の代表等で構成する富山市担い手育成総合支援協議会において、市内すべての農家に対して、現在の営農状況や課題、規模拡大や離農など、今後の農業経営に対する意向などを把握するアンケート調査を実施しております。   もっと読む