1856件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

平成25年6月の災害対策基本法の一部改正により、高齢、障害、乳幼児防災施策において特に配慮する方(要配慮のうち、災害発生時の避難等に特に支援を要する方の名簿避難行動支援名簿)の作成を義務づけることといたし、規定に付加されたところであります。  

氷見市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会−03月17日-04号

氷見運動公園は、防災対策避難住民車両検査場として、住民の命を守る、安全・安心が保障できない場所と考えるからであります。  大浦運動公園内で、一極集中して避難車両検査のため、公園内に連なる道路避難円滑化モデル実証道路事業も、関連事業として反対いたします。  私はこれまで8回の避難訓練参加してきました。

小矢部市議会 2020-03-10 03月10日-03号

当市においても、防災無線が聞こえにくいとか、避難所へどう行けばいいかとかなど、問題が多々あるように思いますが、警戒レベルの運用、特に警戒レベル4の「避難勧告」と「避難指示(緊急)」の違いや使い分けなど、迅速な避難行動をしてもらうために、どのように市民に情報提供して理解をしてもらい、未然に被害を防いでいくのか、ハードソフト面の整備も踏まえ、お伺いいたします。 

滑川市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第4号 3月 9日)

また、富山県内において、成年後見制度の利用は、ことしの1月時点で2,207名の方がおられるというふうに聞いておるわけでありますが、将来、2025年には65歳以上の高齢の方の5分の1、また2040年には3分の1の方が認知症高齢になるとのことでございます。必然的に、成年後見制度を利用される方も増加するものと想定されるところであります。  

氷見市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会−03月09日-02号

また、強靱な氷見をつくるためには、ハード対策だけではなくて、ハザードマップ作成避難訓練などのソフト対策を通じて、自助、共助、公助による国、県、市、市民民間事業等の連携及び役割分担が認識され、有事の際に、スムーズな連携により迅速な復旧・復興が図られる体制が整っていることも重要であります。  

小矢部市議会 2020-03-09 03月09日-02号

この検査の流れといたしましては、まず、感染を強く疑う方について、県厚生センターに設置されている帰国接触相談センターに電話でご相談をいただき、その結果、受診の基準に該当した場合において、県厚生センター帰国接触外来連絡調整をした後、帰国接触外来受診し、その際、受診先医師の判断により検体を採取するとともに、医師より感染症法に基づき、擬似症として県厚生センターへ届け出がなされ、県衛生研究所

射水市議会 2020-03-06 03月06日-03号

まず第1に、本市の65歳未満精神障害保健福祉手帳1級所持対象と、医療費無料化とした場合の影響額をお尋ねいたします。 第2に、これも本市の65歳未満の2級及び3級の手帳所持対象数と医療費無料化にした場合の影響額についてお尋ねいたします。 質問の第3は、当事者の方々からは、1級所持のみを対象とした医療費助成では不十分との声が上がっております。

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

また、この相談窓口は、生活困窮自立支援相談窓口とあわせて実施する体制としており、生活困窮などの複合化、複雑化した課題などに的確に対応するため、分野ごと相談窓口、例えば高齢相談窓口である地域包括支援センターなど、さまざまな相談支援機関連携し、ネットワークによる相談体制を構築することとしております。 

高岡市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会(第5日目) 本文

また、安全運転サポート車買換え需要の低い高齢運転買換えがなかなか進まないのが現状です。  一方では、交通人身事故発生状況減少傾向にありますが、本市平成30年度事故は591件、死者7名、負傷699名、死傷は合計706名です。年代別では、65歳以上の高齢は591件のうち約119件、20.1%と多く占めております。  

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

東日本大震災における死者・行方不明は1万8,880人を数え、関連死を含めれば、犠牲は2万人を超えるとも言われております。私からも改めて御冥福をお祈りしたいというふうに思っております。  また、その際、経験をしたことのない深刻な原発事故も発生し、8年たった今でも5万人近い被災避難生活を余儀なくされています。  

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

本市では、市内の公立・私立保育園等におきまして、毎月、各園で避難訓練等を通じた防災教育の機会を持っておりまして、幼児防災意識の向上に努めているところであります。  また、新たな取組として、本市の監修の下、多数の企業の協賛により制作されました、幼児が遊んで学べる「たかおかぼうさいすごろく」が今月中旬から保育園や幼稚園を中心に無料配布されております。

氷見市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会−03月04日-目次

議案第 1 号 令和2年度氷見一般会計予算 議案第 2 号 令和2年度氷見水道事業会計予算 議案第 3 号 令和2年度氷見病院事業会計予算 議案第 4 号 令和2年度氷見下水道事業会計予算 議案第 5 号 令和2年度氷見国民健康保険特別会計予算 議案第 6 号 令和2年度氷見育英資金特別会計予算 議案第 7 号 令和2年度氷見介護保険特別会計予算 議案第 8 号 令和2年度氷見後期高齢医療事業特別会計予算

富山市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会 (第3日目) 本文

今年度は3地区で実施しており、大久保地区では、地区社協実施主体となり、要支援等3人を含む参加5人で、小学生との料理教室や自焙煎コーヒーを飲みながらの茶話会などを開催されております。  磯部町2丁目では、敬老会実施主体となり、要支援等14人を含む参加25人で、医師による健康講座季節ごとの行事を開催されております。