15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

富山市議会 2018-09-02 平成30年9月定例会 (第2日目) 本文

例えば、登録する情報といたしましては、エンディングノート──本人が残された家族のために意思を書きつづったノートになるかと思います──だとか、そういった保管場所や預け先を登録するだとか、葬儀や納骨、遺品整理などの生前契約──今、非常に全国的にも生前契約というのが行われているみたいですけれども、要は、残された家族に迷惑をかけたくないという方が増えているということであります。

滑川市議会 2016-06-16 平成28年 6月定例会(第2号 6月16日)

今後の利活用につきましては、今年度、高階哲夫氏の生誕120周年の記念事業として、田中小学校旧本館におきまして、高階哲夫氏の業績を示す遺品を展示するなど、その他幾つかのイベントをあわせて開催する計画をしているところであります。  今年度の実績も踏まえまして、この後、施設有効な利活用に努めてまいりたいと考えております。  以上であります。 ○議長(中島 勲君)  水野達夫君。

氷見市議会 2015-12-07 平成27年12月定例会−12月07日-02号

この氷見の立派な空き家を、まず遺品の整理や仏壇の整理についてもサポートしていく補助メニューを今議会で提案しておりますので、ぜひ御協力をいただきまして、年末年始、うちの使っとらんあのうち、どうするかということについて市役所に相談してみよう、こういうお話をしていただくのも次の一歩、人口増加策へ向かえる一歩ではないかと思っております。  

滑川市議会 2010-09-09 平成22年 9月定例会(第2号 9月 9日)

次の質問に移りますけれども、近ごろの報道を見ておりますと、近所づき合いだけではなくて、孤独死をした親の遺品の引き取りを拒否して、すべて業者に処分を依頼しただとか、実の親の遺骨の引き取りすら拒否しただとかという、親子でありながら本当に寂しい話といったものを耳にしております。  

富山市議会 2005-09-04 平成17年9月定例会 (第4日目) 本文

寛子さんの遺品の展示が民間で行われるなど、今でもいじめを根絶するための努力が市民の中で取り組まれています。いじめ被害者保護者学校で講演をしたり、被害者の親を教育委員会の委員に入れるなど、各地の自治体では、二度といじめを許さないための努力が行われています。  富山市は、岩脇 寛子さんの自殺に関しての作文焼き捨て事件等も含め、一貫して秘密主義ではありませんか。

立山町議会 2004-09-01 平成16年9月定例会 (第2号) 本文

今、那覇市内の対馬丸記念館で犠牲者の遺影や遺品などが展示されて、犠牲者が使っていた教科書や日用品など、多くの遺品が展示室に並べられていると言われております。  立山町で小中学校生徒に、戦争とは何か、原爆の悲惨さは人間に対してどんな犠牲が出るのか、二度と戦争を繰り返さないことを語る場が必要であります。恒久平和を願う運動が重要であり、学校教育の場でできないか、教育長にお尋ねするものであります。  

滑川市議会 2001-09-06 平成13年 9月定例会(第1号 9月 6日)

次の企画展として石坂豊一展の準備を進めておりますが、実施打合わせに際し、遺族や関係者等から、多くの遺品や貴重な資料などの提供や暖かい好意が寄せられております。このことから、当初の計画に対し、展示品の内容を大幅に増量し、氏の業績や先達との親交に加え日記などをつぶさにご覧いただき、本市の名誉市民石坂豊一氏の人生観などをより詳細に探求し、理解を深めていただくため、所要の予算を計上しております。  

滑川市議会 2000-09-14 平成12年 9月定例会(第2号 9月14日)

1階には常設展示室を設け、滑川の歴史民俗や売薬関係の資料を展示するほか、郷土の偉人、例えば室山野用水を開拓した椎名道三、作曲家の高階哲夫、名誉市民である石坂豊一等の遺品や資料などを展示し、広く市民紹介する。2階は、西側を各種講演会や教室など、多目的に利用可能なホールにし、東側を収蔵庫とする。

高岡市議会 2000-03-01 平成12年3月定例会 総括質問  本文

その内容は、「各時代の遺品のうち制作がすぐれて時代の特徴をよくあらわしているもの」、それから「作者または年代の明瞭なもので歴史的な意義の認められるもの」、それから「題材、品質、形状又は技法等の点で特異性の顕著なもの」等が挙げられておりまして、これに基づきまして市の指定文化財の指定が行われておるものでございます。  

滑川市議会 1998-09-11 平成10年 9月定例会(第2号 9月11日)

札幌の時計台と同じものを2分の1の縮尺で建築し、生前愛用された遺品等があの中に展示をしてあります。ライトアップについてもよいアイデアであると思いますが、先ほど言いましたように、自然公園の整備を逐次進めておるところでありますので、全体計画の中で研究してまいりたいと、こう思っております。  以上であります。 ○議長(上田昌孝君)  酒井産業民生部長。      

高岡市議会 1996-09-01 平成8年9月定例会(第1日目) 本文

次に、こころ豊かな人づくりに関する施策といたしましては、高峰譲吉博士顕彰会が行う博士遺品購入に対し助成するとともに、明治初期に私財を投じて伏木小学校の創立や伏木灯台の設置等を行うほか、伏木港の抜本的整備を提唱するなど、伏木のまちの発展に貢献された藤井能三氏の生誕 150年記念事業に対し助成するほか、自治公民館建設事業に対し補助を行うものであります。

高岡市議会 1994-12-01 平成6年12月定例会 索引

(参考)企画内容     1) 平和フォーラムの開催     2) 被爆時の遺品展示     3) 連続映写会の開催     4) 世界大会への学生派遣     5) 平和論文の募集     6) その他  2 「行政手続条例」制定の取り組みについて(市長)   ・ 去る10月1日から施行された行政手続法は、行政指導行政処分に関する手続に    共通する事項を定め、行政運営上の公正と透明性の確保を

  • 1