69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

自動車を運転しておられる高齢者の方から、運転免許証を返納すると買い物や通院の際に不便が生じるので、なかなか免許証の返納に踏み切れないという声を聞く機会が増えております。  本年10月から実施しますこの事業は、高齢者障害者の方々に安心して通院や買い物をしていただくために、町営バスやおでかけワゴン、タクシー運賃の一部を町が助成するものであります。  

黒部市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第2号 3月 8日)

〔8番 成川正幸君起立〕 ○8番(成川正幸君) 実は、地元の小学校に行って、話を伺ってきたんですけども、日ごろから近所の方が近道するのに普通に通っているよということで、近くにスーパーがあるものですから、買い物に行くのにとか、そういったことで通られると。

高岡市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日目) 本文

買い物支援につきましては、これまでも商業福祉交通などの観点から、新たに買い物サービスを実施しようとする事業者に対し、買い物サービス支援モデル事業による支援を行っておりますほか、交通に不便を感じる方々が多い地域に対し、地域バス地域タクシーの導入支援により利便性向上を図りますとともに、介護保険によるホームヘルプサービスの活用などさまざまな支援策を講じてきているところでございます。

黒部市議会 2018-12-12 平成30年第7回定例会(第2号12月12日)

国民世論が大きく分かれる中、外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理及び難民認定法の改正案が衆議院で11月27日、参議院で12月8日、可決されました。法案は新たな在留資格を設け、人手不足が深刻な業種に限って労働者を受け入れる内容で、政府は来年4月に制度導入5年間で最大34万人の受け入れを見込んでいると説明しております。

氷見市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会−12月11日-03号

新しく走った地区である葛葉、床鍋、早借、上田、中尾、柿谷、七分一の皆さんは、従来バスが走っていなかったこともありまして、また、今後高齢化が進行していく中で、通院や買い物等の足としての必要性は年々増加していくことは明らかであるとして、地域の方々からは大変喜んでいただいていると伺っております。  

富山市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文

このたび、外国人労働者の受入れ拡大のため、新たに在留資格を設ける入管難民法の改正案が成立しました。成立の過程についてはここで申し上げることは控えますが、日本人外国人のお互いが尊重し合えるような共生社会の実現に万全を期すと政府が約束をしても、地方公共団体基礎自治体である市町村に生活や教育、就労、保険などの手続や業務の負担がかかることは明らかであります。  

高岡市議会 2018-12-02 平成30年12月定例会(第2日目) 本文

一方、現在、国会では、外国人労働者受け入れを拡大する出入国管理及び難民認定法の改正案について審議されているとのことでございます。これが成立施行されれば、今後、外国籍市民がさらに増加するものと予想されるところであります。外国籍市民を含めた全ての市民が本市で安心して暮らせるような対応が肝要と考えております。  

氷見市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会−09月10日-02号

◆12番(積良岳君) また、そのNPOバスについてもしっかりとした支援をお願いしたいと思いますし、アンケートをとられた地域に関しても、そのアンケートの集計後、またいろいろと検討していただいて、超高齢化社会が目の前に来ているわけでありまして、交通難民交通弱者というものが大変増えておりますので、その辺しっかりとまた行政地域でサポートしていかなければならないのかなというふうに思っています。  

富山市議会 2018-06-04 平成30年6月定例会 (第4日目) 本文

現状は、第1に、家族介護負担が重く、介護心中や毎年10万人以上の介護退職、2つ目には、介護経済的負担で介護貧乏、介護破産の発生、3つ目には、特養の待機者、退院後の行き場がないなど介護難民、4つ目には、介護職員の人員不足です。  本年6月15日に閣議決定された骨太の方針2018で、要介護1、2の地域支援事業への移行──保険外しによるサービスの抑制ですが、ケアプランなどの負担増を打ち出しました。

入善町議会 2018-06-01 平成30年第4回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

ショッピングセンターの憩いの広場に特定の高齢者の方が時間を同じくして来店され、買い物するわけでもなく、ただただ体を休めに来られ、時間が来れば帰られる。このようなことが長く続き、ショッピングセンター側と来客者側で気まずい雰囲気になったそうであります。後々わかったことでありますが、来客されていた方は、連れ合いの介護の合間、気分転換、体を休めに利用されていたとのことでありました。

富山市議会 2017-09-05 平成29年9月定例会 (第5日目) 本文

日本では昨年12月、第2回持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合が開かれ、政府における取組みとして、国際保健の推進、難民問題への対応、女性の輝く社会の実現の取組み等を指針として発表されました。去る7月には国連ハイレベル政治フォーラムが開催され、日本参加し、国際社会の取組みも加速してきております。  

富山市議会 2017-09-02 平成29年9月定例会 (第2日目) 本文

古川町とか神岡町は、八尾とか飛越街道というか、そういうところで生活圏あるいは文化圏というか、本当に非常に大きなつながりを持っておりますし、今現在も、土日になれば富山市買い物に来られる、あるいは治療に来られるという圏域だろうと思っておりますが、今回は協定ということには至っておりませんけれども、これからもそういう現状の中で、今後──相手があることですから、言われないとこれは困るわけですが、2月にも市長

高岡市議会 2017-03-06 平成29年3月定例会(第6日目) 本文

世代買い物、休憩に立ち寄るところが少ないということで、今、市長も有機的な一つのエリア、線というふうにおっしゃいました。そういったことで、ぜひとも線になるように早急に手配のほうをよろしくお願いいたします。  次に、観光資源の活用ということでお伺いをいたします。  片原町の会館専用の駐車場は、我々はわかりますが来訪者の方はわからなく、ほとんど車はとまっておりません。

立山町議会 2017-03-01 平成29年3月定例会 (第2号) 本文

ヨーロッパでもイギリスのEU離脱問題、中東からの難民問題など、世界中が揺れ動いているような状況にあります。今後の日本の政治経済にも大きな影響が出ることは必至であります。  私たちは今、後世の歴史に刻まれる大きな時代の転換期に遭遇しているのかもしれません。しっかりと現実を見つめて行動したいと思っております。  

富山市議会 2016-03-07 平成28年3月定例会 (第7日目) 本文

福祉奨学金のひとり親家庭への対象拡大、お迎え型病児保育等の子育て支援策、妊娠・出産期の総合的支援施設の整備、スクールソーシャルワーカーの増員、買い物難民対策として移動販売車の拡大、林業従事者の冬期間の仕事起こしの研究、八田橋の架替工事をはじめ、道路や橋梁の維持補修・長寿命化、市民に身近な公共事業費の確保など努力されている点は評価するものです。  

富山市議会 2015-12-05 平成27年12月定例会 (第5日目) 本文

福祉教育、身近な公共事業買い物難民対策など、市民に求められているサービスを充実するべきだったと考える。  以上のような予算執行に対して同意できないので認定に反対するとの討論がありました。  次に、賛成討論について申し上げます。  アベノミクスの推進により、景気は緩やかな回復基調にあるものの、本市の財政は依然として厳しい財政状況にあったものと認識している。