108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第3日目) 本文

イノシシの徘回が疑われる通報を受理した場合は、人への危害のおそれもあることから、直ちに管轄警察署情報提供するとともに、現地への警察官の派遣を依頼しております。また、地区防犯組合に対しても注意喚起を行っているところであります。  今後とも、警察防犯協会等の関係機関情報共有し連携しながら、付近のパトロールや地域住民への周知等を行い、人身被害防止を最優先に対応してまいります。  

富山市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会 (第3日目) 本文

大分県で2002年に住民から通報を受けた警察官がフェレットと呼ばれるミンクに似た動物を捕獲しようとした際に手をかまれ、その後、入退院を繰り返し、ことし1月に41歳の若さで亡くなったという報道を目にしました。熊や猿、イノシシなどのけものの脅威は、外科的外傷よりむしろ感染症にあると聞いたことがあります。  

立山町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第2号) 本文

米道地内では発砲許可が出たといいますが、緊急時に早く冷静に許可を出せる警察官の配属が必要だと思います。すなわち地域に詳しい地元の駐在さんが発砲許可を出せるようにならないかということです。警察官職務執行法第136号第4条第1項という法律がある中で、熊などの出没が多い地域の派出所に配属すべきだと思います。  

高岡市議会 2019-09-03 令和元年9月定例会(第3日目) 本文

次に、国は本年5月に起きた川崎市の児童殺傷事件を受け、登下校時の見守りの指導役となる警察官OBらの見守り指導員「スクールガード・リーダー」を2倍以上の4,000人にふやすそうです。ところが、本市では残念ながら平成30年度から任用ゼロであることが調査で判明しました。  そこで、この項2点目は、本市として見守り指導員を任用しない理由をお示しください。

富山市議会 2019-06-02 令和元年6月定例会 (第2日目) 本文

さらに、各小学校においては、1つに、入学当初、1年生が下校する際に、教員や上級生、保護者が付き添い、通学路の危険箇所の実態把握を欠かさず行う、2つに、学校安全パトロール隊による登下校の見守りを実施する、3つに、市教育委員会が委嘱した警察官OB等のスクールガード・リーダーが各小学校の通学路を定期的に巡回し、危険箇所を指摘するなど、ソフト面からも取り組んでおります。

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

財務省は、5月22日に財政制度審議会分科会で地方財政の改革について議論を行い、警察官消防士、教師らを除いた地方自治体一般職員が2018年度まで4年続けて拡大して計1万人増えた点を取り上げ、今後、人口減少ベースに合わせると、2025年には約3万人減らせると試算したようですが、地方自治体、とりわけ入善町のように少子高齢化が進んでいる自治体においては、多様化する高齢者福祉への対応や地域で発生した諸問題

立山町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第2号) 本文

親族警察官役所職員銀行員、マスメディア調査員などになりすまし、個人電話をかけ、家族構成や資産状況を聞き出した上で、振り込め詐欺強盗を働くこのアポ電詐欺は、昨年東京都内だけでも3万4,658件で、前年より8,747件の増加で、2年前の2倍以上になったといいます。  そこで、立山町では、今まで未遂を含めた報告はされているのかを伺います。

黒部市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第2号 3月 8日)

男が警察官を殺傷、刺殺し、奪った拳銃で近所の小学校に侵入した、そして、そこで警備員が撃たれて死亡した事件、何ともいたたまれない気持ちであり、被害に遭われた方のご冥福をお祈りするばかりです。このような事件は二度とあってはいけない。この事件を他人事とは思わずに、自分たち事として捉え、そして、今後に生かす、万が一の事態に備えて、一人の犠牲者も出さない準備、取り組みが必要ではないかと考えます。  

富山市議会 2019-03-08 平成31年3月定例会 (第8日目) 本文

また、米軍基地内に自治体職員の立入りも認められ、ドイツ警察官が駐留し、騒音軽減委員会が設置されたり、自治体の意見を米軍が聞く仕組みもあります。  イタリアでも1998年、米軍機がロープウエーのケーブルを切断してスキー客20人が死亡したことを受けて、新たな協定締結し、米軍の訓練の許可制度や訓練飛行への規制が大幅に強化されました。  

立山町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第3号) 本文

日本という国は、世界でも類を見ない健全な法整備がなされた国家であり、悪いこと、法律に違反をすれば、警察官でも学校の先生でも大金持ちでも富山市議会議員でも、ましてや総理大臣でも、それ相応の処罰が科せられる極めて公平・公正で清潔な法治国家であると私は考えますが、当局の見解をお聞かせ願います。  誤解なきように申し添えますが、私は、誰が悪いとかを探し出して、処罰せよと言っているわけでは決してありません。

富山市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文

このうち個別事例会議では、地域において支援や介入が困難な事例等について、例えば、ひとり暮らしで認知症があり、その認知症状から近隣住民に迷惑が及んでいるケースについて、関係する親族民生委員、近隣住民、かかりつけ医、警察官介護サービス事業所職員地域包括支援センター職員などが連携し、多様な視点からその方の生活を地域でどのように支えていくのかを検討しております。  

入善町議会 2018-12-01 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

県内では、富山市交番警察官が刺し殺され拳銃を奪われ、近くの小学校警備員がその拳銃で撃たれて死亡した事件、そしてまた、先月3日の深夜に起きた一般住宅への発砲事件。けが人は出なかったので幸いではありますが、犯人は逃走したままであり、動機もわからず、いまだ不気味な感じでなりません。連続して起きており不安な年越しになりそうであります。早々に犯人逮捕に全力を挙げていただきたい。  

立山町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 (第2号) 本文

交通を優先して児童安全を置き去りにされているのではないかと思わざるを得ない某警察官の発言もありました。  どれだけが実施されたのか、状況の開示を求めたいと思います。  また、次なる重点改善の見通しはどうか。きちんと場所を示して関係者に通知されたいと思うのであります。  次に、教育長にお尋ねをいたします。学校給食の無償化についての現状と立山町の方向性についてであります。  

氷見市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会−09月10日-02号

中でも、不審者対策につきましては、警察官が立ち会いのもとで防犯訓練を実施しており、指導を受けながら、児童安全確保を最優先に手順の確認などを行っております。  しかしながら、児童安全を確保するためには、訓練だけでは十分でないことから、小中学校と同様に、さすまたや防護盾、催涙スプレーなど1組の防犯安全器具の設置に要する経費を本定例会に提案しているところでございます。  

富山市議会 2018-09-02 平成30年9月定例会 (第2日目) 本文

さらに、退職警察官、退職自衛官の採用による危機管理統括監、危機管理副統括監の配置をしていること。また、特定任期付職員の活用による情報企画監、法務専門監、建設技術統括監及び未来戦略企画監の採用など、ガバナンスの強化を図るための体制の整備に鋭意取り組んできている。地方でもそういうふうにやっているところはやっているのですよということを国会議員の方々に御披露したところです。  

入善町議会 2018-09-01 平成30年第5回(9月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

とりわけ6月に発生いたしました富山市交番警察官が刺殺され、拳銃を奪った犯人が近くの奥田小学校へ侵入、警備員が撃たれて命が奪われるという痛ましい事件に大きな衝撃が広がったところであります。  この富山市での事件を受けまして、提案理由でも御説明申し上げましたが、学校保育所学童保育施設などの緊急的な防犯対策を講じるための事業費を9月補正予算案として上程したところであります。

入善町議会 2018-09-01 平成30年第5回(9月)定例会(第1号)  提案理由説明

主な歳出でありますが、まず、今回の補正予算においては、6月に発生した、富山市交番警察官が刺殺され、拳銃を奪った犯人が近くの小学校へ侵入、警備員が撃たれて死亡するという事件を受けて、学校保育所学童保育施設などの緊急的な防犯対策のための事業費を計上したところであります。  

立山町議会 2018-09-01 平成30年9月定例会 (第2号) 本文

立山町地域防災計画では、災害対策基本法に基づく避難準備情報高齢者避難開始は町長、避難勧告は町長または知事、避難指示は町長、知事または警察官が実施責任者となっており、基本的には町長である私が指示を出すことになります。よって、ご質問避難所開設の指示も町長になります。  なお、実施責任者不在の場合は、副町長など代理者が発令することになります。