85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第2号 9月 9日)

○副市長(石川忠志君)  それでは、私のほう、観光の振興についてのお尋ねにお答えを申し上げたいと思います。  まず、滑川市の観光ということでは、やはりその中心をなすのは何といってもホタルイカを中心とした観光であろうと、そういうふうに思っておるわけでございます。  ほたるいか観光につきましては、長い歴史の積み重ねの中で、今日では世界中から観光客がおいでになります。

高岡市議会 2019-09-04 令和元年9月定例会(第4日目) 本文

次に、大きな問いの2、観光振興についてのうち、地域振興を目的とした民間団体等が取り組む観光振興策に対して支援すべきと考えるが、見解はについてお答えいたします。  観光旅行業や宿泊業のみならず、飲食、製造、運輸など幅広い分野にまたがる産業であります。本市の強みの一つでもあるものづくりを観光テーマの中心に据えていく観点からも、経済団体や商工団体と連携した取り組みは重要であると考えております。  

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

では、次の観光客誘致活動についてお伺いいたします。  国の発表によりますと、昨年、我が国を訪れました外国人観光客、インバウンドは、前年に比べ8.7%増の3,119万人と、1964年に統計をとり始めて以来、過去最多を記録いたしました。本市においても、外国人観光客の姿を多く見かけるようになってきております。  

高岡市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 索引

(3) 全国に万葉ファンをふやし、高岡で万葉を体験してもらうための取り組みを実践す    ることで観光誘客にもつながるものと考えるが、見解は。   (4) 新元号の発表以降、万葉関連施設に訪問者、観光客が増加しているが、誘客の機会    と捉え、旅行商品としてのPR、売り込みをさらに強化しては。  

氷見市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-03号

具体的には、氷見駅周辺から中心市街地、番屋街への回遊性の向上を図る取り組みをという御提案に対しましては、今年度はまんがロードの延伸やAR機能、いわゆる拡張現実と言われるコンピュータ技術でありますが、それらを活用したウオーキングラリーができるアプリを制作するほか、新交通システム構築に向けた検討を行うことなど、それらについて事業化してまいっているところであります。  

黒部市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3号 6月17日)

平成29年の観光客入り込みランキングで1位になってまして、251万5,000人の方が訪れる富山県で一番のスポットです。この環水公園ですけど、週末に行ったら、まず車をとめれる気がしません。運よく車をとめれたとしても、今度は某有名コーヒー屋さんに人が並んでいるわけですね。並んでコーヒーを買ったとして、まあ店内で飲める場所や、外のテラスも座る場所がないときもあります。そして何といっても人が多いですわ。

富山市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会 (第3日目) 本文

こうしたことから、今年度は、1つとして、スマートフォンを持っていない家族の方でも利用できるように、タグの情報を一元管理できるシステムの構築、2つに、スマートフォンバッテリー消耗を抑えるために、捜索が必要となったときだけ協力者の方にアプリ起動を促すメールを配信するようなシステムの構築、3つとして、すれ違い情報をより多く感知できるよう、専用アプリをダウンロードしていただける捜索協力者を増やすことなどを

滑川市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会(第5号 3月22日)

説明のため出席した者、上田市長、石川副市長、石坂産業民生部長、藤名建設部長、網谷観光課長、藤田市民課長、澤口福祉介護課長成瀬農林課長、岩城建設課長結城市健康センター所長、黒川生活環境課長、長瀬上下水道課長石川浄化槽整備推進担当課長長崎商工水産課主幹、石井まちづくり課主幹、荒俣公園緑地課主幹であります。  

富山市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会 (第5日目) 本文

さらに、県外からも多くの来場者が見込まれたことから、富山第一銀行に御協力をいただいて、TOYAMAキラリ1階の本店エリアをお借りして富山市観光案内ブースを設置したところ、来場された多くの方が市の観光パンフレットや──特に寿司マップがすぐなくなったということで、本市の見どころや魅力などを発信する効果があったものと考えております。

高岡市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日目) 本文

本市の大切な観光資源であり、我々市民の誇りであります。  しかしながら、この観光資源であり、私たちの誇りには共通の問題があります。カラスであります。夕方にかけ、どこからともなく集まり、高岡の空を黒く焦がします。この中心市街地に集まるカラスは地域にふん害をもたらしています。地域の方々は、朝早くから玄関先をブラシを使って水洗いすることから1日が始まります。

入善町議会 2019-03-01 平成31年第7回(3月)定例会(第1号)  提案理由説明

さらには、スマートフォンなどで健康診査や予防接種、各種教室の案内などの情報を得ることができる「母子手帳アプリ」の導入や、子どもの成長発達段階に応じた心や体の変化を理解できる「子どもノート」の配付を行い育児への負担や不安を軽減し、安心して子育てができるよう支援してまいります。

黒部市議会 2018-12-12 平成30年第7回定例会(第2号12月12日)

4項目め、観光振興についてであります。  第2次黒部市総合振興計画にうたわれている広域観光推進に向けての連携強化についてであります。先月23日、台湾で開幕されました旅行見本市2018台北国際旅展において、新川地域の2市2町、本市、魚津市、入善町、朝日町などでつくる富山湾・黒部峡谷・越中にいかわ観光圏協議会首長らが、新川地域の魅力をアピールされました。