490件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 9日)

児童虐待いじめ高齢者孤独死若者自殺もなくなりません。そんな中で、居場所が必要だという言葉があちこちで聞かれるようになりました。そこで今回は、居場所をキーワードに、子ども若者高齢者、障がい者、それぞれ発言通告に従い、一問一答方式質問をいたします。  まずは、子どもたち学校居場所についてです。

富山市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第1日目) 本文

また、自殺予防対策推進に向け、「自殺対策総合戦略」に基づいて、地域ネットワークの強化やゲートキーパー育成などに取り組んでまいります。  感染症対策については、令和2年10月から、ロタウイルス感染症予防接種定期接種として実施するなど、感染症の発生と蔓延の防止に努めてまいります。  

入善町議会 2020-03-01 令和2年第13回(3月)定例会(第1号)  提案理由説明

自殺対策につきましては、心身ともに健康で暮らせる地域づくりを目指し、自殺予防に対する意識啓発や細やかな訪問・相談を行うとともに、ゲートキーパー研修などを実施してまいります。  文化を守り、心豊かな人を育てるまちづくりについて申し上げます。  町民の心の豊かさは、町の文化や伝統、そして教育から育まれるものであります。  

黒部市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

同じ日のニュースで、岐阜市で7月にマンションから転落死した中学3年生の男子が亡くなる前日、同級生から便器に顔を突っ込み、土下座させられたとのことで、断言はできないが、土下座が自殺に踏み切ってしまう大きな引き金になったといえると報道されていました。  このようなニュースを目にすると、とても痛ましく、悲しく感じます。本市ではいじめを早期発見するために、いろいろなアンケートを実施されています。

氷見市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-03号

ここ1週間の間にも、児童虐待いじめ原因での自殺等が新聞やテレビで報道されているところであります。  そこで、本市にある家庭児童相談室設置事業について質問をいたします。  平成30年度の相談件数を見ると、家庭児童相談件数が302件、母子・父子自立相談件数が94件とあります。合わせると396件の相談件数となります。

氷見市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会−12月09日-02号

6月に、ひきこもり、自殺防止に関する質問をいたしました。社会の分断が進んでいるかに見える昨今、世代の差、性別、生活環境の違いを超え、生きづらさを抱える全ての市民にきめ細かく対応していくためには、行政の縦の縛りを緩め、ゲートキーパー、これは市民議員の方が「ふれあい相談員」と呼び方を変えたらいいと提案されていました。

黒部市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第3号 9月10日)

富山県は二十歳未満の自殺率は全国一だとの報道もされております。自分はだめな人間だとみずから追い込んで自殺につながってしまう、だからこそ自己肯定感を高めなければいけないという専門家先生たちは、口をそろえて発言をされております。黒部子供たちはしっかり将来の夢や目標を持って生活をしてほしいというふうに思っております。

黒部市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2号 9月 9日)

政府の2019年自殺対策白書によりますと、自殺者総数は2万840人と平成21年の3万3,000人台から9年連続、前年を下回ったわけでありますが、19歳以下は前年比32人増の599人で増加傾向にあります。また、15歳から34歳の若い世代での死因の第1位が自殺となっているのは先進国では日本のみであります。  

南砺市議会 2019-09-09 09月09日-02号

また、9月10日からの自殺予防週間を中心に、自殺予防街頭キャンペーンにも参加し、住民への自殺予防啓発普及にも取り組んでいます。 健康づくりボランティアの取り組みの中で、心の健康で気がかりな人を発見した場合、市に情報提供いただき、速やかに次の支援につなげることができるなど、連携による効果を生んでいます。今後も健康づくりボランティアと協力・連携しながら、心の健康づくり事業に取り組んでまいります。

富山市議会 2019-09-04 令和元年9月定例会 (第4日目) 本文

この質問は、9月10日から16日まで自殺予防週間ということで、自殺予防についていろいろな取組みがされております。  富山市がことしの3月に策定した富山自殺対策総合戦略の中で、本市では10歳代から30歳代の若年層自殺者数が横ばいで推移しており、39歳以下の死亡原因において自殺が第1位となっていますと明記しております。  

黒部市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会(第1号 9月 2日)

(6)政府自殺対策白書によると、過去10年では、8、9月に小中高生の自殺が      多い。夏休みも終わり2学期に入ったので、子どもの様子に異変がないか、自      殺の兆候がないか、学校家庭地域が連携して注視する必要があると思うが、      防止に向けた具体的な対策はとられているか。  

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

厚生労働省の調べによると、最も生徒の自殺が多い日は、毎年夏休み明けの9月1日だそうです。そのため、夏休みの終盤には多くの芸能人がSNSなどを通じて、自殺を思いとどまるよう子どもたちに呼びかけているそうです。  そんな中、タレントや声優として活躍する「はるかぜちゃん」こと春名風花さん(18歳)が、公式ツイッターに「いじめについて思うこと」を投稿し、反響を呼んでいます。  

入善町議会 2019-09-01 令和元年第10回(9月)定例会(第2号)  代表・一般質問

こんな状況で、景気にとってマイナスにしかならない消費税増税自殺行為と言わざるを得ません。  また、複数税率の導入やポイント還元などが小売業者に不安を広げています。小売店では、食料品は8%、その他は10%の複数税率に対応したレジが必要になります。しかし、日本商工会議所の8月1日の発表では、そうしたレジを導入した事業者は24.6%にしかすぎないというものでした。

氷見市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-03号

また、本市自殺死亡率は国や県と比べて高い水準にあり、高齢者もですが、次に40代から50代の働き盛りの男性の自殺が多いです。  自殺防止におけるこれまでの支援活動の実績についてもあわせてお聞かせください。  今後、県の実態調査に伴って、本市も人数や年齢を把握し、生きづらさを抱える人が希望を見出せるよう実効性ある対策が必要になってくると考えます。  

氷見市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-目次

………………………………… 93    答弁 …… 川淵会計管理者 ………………………………………………… 95    質問(再) 屋敷議員    以下 一問一答方式    質問 …… 穴倉議員 …………………………………………………………101          ・国民健康保険税子ども均等割減免について          ・教員の実効性ある働き方改革について          ・ひきこもり・自殺防止対策

黒部市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2号 6月14日)

本年、本市では、黒部自殺対策推進計画を策定いたしました。そこには、県内において自殺者数平成15年をピークに減少傾向となっているが、黒部市内自殺者数は毎年10人前後で推移しており、依然深刻な状況にあるとあります。その自殺も平均すると4つ以上の要因が複合的に連鎖して起きていると言われ、孤立させない社会的サポート体制の確立が必要と考えます。  

富山市議会 2019-06-04 令和元年6月定例会 (第4日目) 本文

富山市の自殺率が。これは大変いい兆しで、こういうときにしっかりと、方向をもう少しはっきりさせていくことによって、誰も自殺に追い込まれることのない富山市の実現ということを具現化できるのではないかということの思いもあって、平成31年3月に富山自殺対策総合戦略を策定しております。  

高岡市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 索引

2 安全・安心なまちづくりについて   (1) 若者高齢者自殺現状対策は。   (2) 中高年のひきこもりの現状対策は。   (3) 地域福祉充実のためにも地域包括支援センターをふやすべきと考えるが、見解は。  3 空き家対策について   ・ 空き家移住者向け賃貸住宅として活用を図るべきと考えるが、見解は。