運営者 Bitlet 姉妹サービス
1115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月18日-04号 新しい元号となる来年においては、まちの顔となる新シンボルとして、新文化施設を核とした(仮称)氷見文化交流プラザや学校給食センターの整備、氷見運動公園野球場の改修などのプロジェクトを財政の健全性を図りつつ着実に実行し、市民の皆様の幸福の向上へとつなげてまいる所存でありますので、議員各位におかれましては、今後とも御理解、御協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。   もっと読む
2018-12-13 黒部市議会 平成30年第7回定例会(第3号12月13日) そうしたら、せんだっての給食のときに招待されましたとき、私聞いたら、今でも金屋さん、しばんばを教えているということでございました。よかったねと私は思っております。そういう意味におきましても、やはりこれからはふるさと離れていく人もたくさんおるんです。なぜかというと、大学とか、就職して、ふるさとを離れていくんです。 もっと読む
2018-12-12 黒部市議会 平成30年第7回定例会(第2号12月12日) 市民病院に関しては、市役所同様希望者からの応募や問い合わせに順次対応し、事務補助や給食業務補助等の職種で3.0人ないし4.0人の非常勤職員の雇用を目指しております。 もっと読む
2018-12-10 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月10日-02号 特に、人口減少対策を強化し、人口が減少しても幸せに暮らせるまちづくりの実現のため、平成31年度におきましては、新文化施設の整備、小中一貫校へ向けた学校施設の改修や新学校給食センターの整備などを推進するとともに、私が掲げる氷見元気プロジェクトに基づく総合的な事業展開を強力に推進するため、平成31年度におきましても予算要求基準に氷見元気プロジェクト推進枠を設けまして、予算を重点的に配分してまいります。 もっと読む
2018-12-05 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月05日-01号 次に、新学校給食センターの整備について申し上げます。  老朽化が顕著となっている学校給食センターにつきましては、児童生徒の心身の健全な育成に資する、おいしくて、栄養バランスのとれた、そして安全・安心な給食を提供する施設とするため、昨年度策定いたしました「学校給食センター整備計画」に基づきまして整備内容を取りまとめたところであります。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第3日目) 本文 市の小学校では、学習で使う用具、給食費、校外活動など、中学ではそのほかに、体育実技用の用具や修学旅行の費用が実費でかかっています。  各校、その詳細は異なると思いますが、副教材やそのほかの学習用品、校外活動やPTAの負担などで、保護者の年間の負担は、小学校で約4万円、中学校で約8万円負担しているというふうに私のほうで調べました。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第6日目) 本文 行政改革では、学校給食の単独校調理場調理等業務の民間委託拡大により、人件費削減のため低賃金で未経験や経験の浅い調理従事者が多くなり、衛生管理状況調査でも問題が指摘されています。   もっと読む
2018-12-01 入善町議会 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問 また、子どもたちに安心でおいしい給食を提供する調理師も正職で採用すべきと考えますが、答えてください。  次に、公共交通について伺います。  乗り合いタクシー「ウチマエくん」の予約はこれまでの前日の夕方4時までだったのをこの9月から運行システムを導入し、運行の1時間前までとして試験運行をされています。運行システムを導入し、予約の改善を図ったことは評価するものです。 もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文 また、午後0時半までの時間ですと給食時間を超えないわけでありますので、やっぱりサポーターさんを頼っているお子さんたちが、サポーターさんと一緒に給食を食べたいというふうな声もあるようでありまして、せめて子どもたちが学校にいる午後3時までの勤務が必要というふうに考えるわけでありますけれども、その勤務時間の延長というのは可能ではありませんか。教育委員会の見解をお聞かせください。 もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第5日目) 本文 学校給食と地産地消について質問します。  去る11月7日付の北日本新聞で、県内の学校給食で「県産食材3年連続減」と大きく報道されました。富山市の学校給食用物資について、野菜、果物のこの5年間の資料をいただきました。 もっと読む
2018-09-10 射水市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−02号 本市では、公立学校等施設整備計画に基づき学校施設の整備を計画的に実施しており、今年度においては歌の森小学校の大規模改造第2期工事としてランチルーム棟、渡り廊下の改修、小杉南中学校の大規模改造第2期工事として普通教室棟、給食室棟の改修及び大門中学校の長寿命化改良第1期工事として管理・普通教室棟の改修を行っているところでございます。   もっと読む
2018-09-01 入善町議会 平成30年第5回(9月)定例会(第4号)  討論・採決 また、給食もほかの施設からの搬入が認められており、調理室や調理員の配置も必要ないとされています。昨今報じられているベビーシッターの幼児虐待事件、託児所での死亡事故、給食への異物混入やアレルギーへの対応等を考えると、現状に比べ保育の質の低下、格差を生む余地を残すような条例を制定すべきではありませんと述べて反対討論を行いました。   もっと読む
2018-09-01 入善町議会 平成30年第5回(9月)定例会(第1号)  提案理由説明 また、家庭的保育事業では、事業所内で給食を調理する自園調理が原則となっておりますが、小規模事業者が多く、その適用には5年の猶予期間が設けられておりました。今回、この猶予期間を10年に延長するものであります。  あわせて、給食の外部搬入先につきましても範囲を拡大し、保育所などから調理を受託している給食センターなどの事業者からも搬入を可能といたします。   もっと読む
2018-09-01 高岡市議会 平成30年9月定例会 索引 (2) 小中学校給食における高岡産食材の平成29年度の使用品目数と平成30年度の目標は。   (3) 地域の農業を活性化させ、食材の旬や生産の様子を子供たちに教えられるなど、メ    リットの多い学校給食における地産地消の取り組みを継続、拡大していく必要がある    と考えるが、見解は。 もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第3号) 名簿    誠 君    建設課長  牧   英 治 君   下水道   課  長  海 野 貴 志 君  教育委員会   教育長   畠 山 敏 一 君    次  長  冨 居 幹 生 君                      (兼教育総務課長)   学校教育               生涯学習・スポーツ   課  長  上 坂 一 弘 君    課  長  政 二 弘 明 君   給食 もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第6日目) 本文 これに対し当局から、病院給食は患者の治療や療養の重要な一環であると考えており、何より栄養面や衛生管理等がしっかりできるということが重要であります。  また、給食業務などの現場では、人手不足の問題が深刻化しており、下処理済み食材の利用などにより作業効率を向上し、従業員の負担を軽減するなどして、必要な人材を確保し、安定的に病院給食を提供するということも重要であると考えております。   もっと読む
2018-06-15 氷見市議会 平成30年 6月定例会−06月15日-03号 そして、今回は学校給食センターもこの北部中学校に併設されるというさまざまな事柄が変わってきておるわけでございまして、こういったことを統合のときに対応しているからというのではなくて、しっかりとその後も継続的に見ていただけているのかどうか、これについて同じく教育次長に答弁を求めます。お願いします。 ○議長(嶋田茂君) 荒井教育次長。 もっと読む
2018-06-15 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日) 新幹線新駅周辺整備を初め新庁舎建設、宇奈月温泉総湯建設、市道新堂中新線・前沢植木線整備、黒部消防署建設、小中学校大規模改造、中学校建設、コミュニティセンター建設、吉田科学館改修、学校給食センター建設など総合振興計画に基づく重点事業の着実な推進に傾注してまいりました。   もっと読む
2018-06-14 氷見市議会 平成30年 6月定例会−06月14日-02号 その進めていく代表的なものといたしましては、喫緊の課題でございます新文化施設の建設、そして金沢医科大学氷見市民病院におけるPET─CT導入のがんセンター整備、あるいは氷見運動公園の再整備、あるいは学校給食センター、あるいは4つの跡地の市街地の空地の整備等々あるわけでございまして、こうした事業をしっかりと今後道筋をつけてまいりたいと、そんな覚悟でございます。   もっと読む
2018-06-12 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第3号 6月12日) 本市におきましては、平成28年度から所得制限を設けず第2子以降の保育料無料化を給食費も含め実施しているところであり、国に先駆けた子ども第一主義の滑川市独自の目玉施策ともなっているところでございます。  滑川市の未来を担う子どもたちの育ちを切れ目なくサポートしていくため、引き続き子どもとその親のため、子育て支援策の充実に努めてまいりたいというふうに考えております。 もっと読む