358件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

町では、現在、住宅の新築やリフォームなどへの支援としまして、安心定住促進事業空き家バンク活用促進事業木造住宅耐震改修支援事業などを行っております。これらの事業につきましては、安全で安心して住み続けられるまちづくり促進地域コミュニティーの維持・向上、移住定住促進などを目的としており、親世帯などとの同居や近居、空き家バンク活用など、一定の補助要件を設けているところであります。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第2号) 本文

町長は3日の提案理由説明において、「定住対策推進につきましては、移住定住コンシェルジュを配置し、移住相談空き家物件情報収集移住者アフターフォローまでを一体的に行うとともに、SNSによる情報発信を積極的に行ってまいります」と申され、「さらに、若年層移住定住促進する「新婚世帯住宅取得支援事業補助金」及び「町営住宅等新婚子育て世帯移住定住支援金制度のほか、町内の空き家利活用促進する

魚津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

住宅数1万7,936戸に対しまして空き家の数は1,176戸ということで、空き家率が6.6%でございます。前回、5年前の平成26年度は、住宅数1万6,839戸に対しまして空き家数が1,028戸でありましたので、このときの空き家率は6.1%であります。そういたしますと、この5年間に空き家の数が148戸増え、空き家率が0.5ポイント増加したということになります。  

入善町議会 2020-03-01 令和2年第13回(3月)定例会(第1号)  提案理由説明

一方で、増加が懸念される空き家空き地への対策につきましては、補助制度により、空き家バンクを核とした利活用促進するとともに、老朽危険空き家除却推進に取り組んでまいります。  超高齢社会を迎え、交通弱者を支える公共交通の役割はますます重要となることから、町営バスデマンド交通を効果的に運行し、町全域を網羅する交通体制を維持してまいります。  

射水市議会 2020-02-28 02月28日-01号

空き家対策促進につきましては、老朽危険空き家解体解体後跡地の有効利用に係る費用の一部を助成する空き家対策支援事業を拡充するなど、空き家管理不全対策に努めてまいります。また、民間団体との連携を図り、空き家情報バンクの充実による流通促進や、空き家活用した地域活性化への取り組み推進してまいります。 

小矢部市議会 2019-12-13 12月13日-03号

次に、空き家活用についてお聞きします。 まず、小矢部市の空き家現状空き家バンク登録、また仕組み、今年度の登録数小矢部市が空き家対策のために行っていることをお聞きします。 ○副議長山室秀隆君)  企画政策部長 澁谷純一君。 ◎企画政策部長澁谷純一君)  本市における空き家現状についてでありますが、平成29年度に実施した調査によりますと、545戸の空き家が存在しております。

黒部市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第3号12月12日)

続いて、大きな項目の2つ目で、次年度以降の空き家対策についてです。  まず、1つ目質問として、令和2年度に黒部市空家等対策計画での空き家実態の再調査、そして新たに空き家利活用について、所有者に対し意向調査を行うとのことですが、どのような調査方法での実施を検討しているのか伺います。               

小矢部市議会 2019-12-12 12月12日-02号

それでは、次の空き家現状利活用についての質問のほうに移らせていただきます。 総務省が公表しました2018年の住宅土地統計調査によると、全国空き家数は848万9,000戸で過去最高になったとのことであります。空き家率は同じく過去最高の13.6%であります。県内の空き家は6万1,600戸で、同じく過去最高だったとのことであります。空き家率は13.3%でありました。 

滑川市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3号12月10日)

では大きな3番の空き地空き家について伺いたいと思います。  まず(1)、空き地空き家バンク利用状況はどうか。市のホームページでも紹介されておりますけれど、これ、実際にどのぐらい使われているのかなと疑問に思います。お聞かせください。 ○議長(原 明君)  石井まちづくり課長。 ○まちづくり課長石井正広君)  はい。お答えいたします。

小矢部市議会 2019-12-06 12月06日-01号

第3に、空き家は今後さらにふえていくことが予測されるが、空き家発生を抑制する取り組み空き家バンク登録をふやし、積極的な活用に向けた施策推進すること。また、定住人口増加を図るため、市内において住宅を取得し、居住している方に対して助成金を交付しているが、今後も効果的な制度の検討を進めること。 

上市町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

富山県朝日町を例にとれば、町長トップセールスによって企業誘致などを図りつつも、町の再生会議で住民の意欲や能力を引き出して、創業・起業や空き家活用など地域コミュニティー活性化につなげる試みが注目されます。  上市町ではどのような方策を進めたいかお尋ねします。  第2点、町民まちづくりについて、中川町長に伺います。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明

空き家対策につきましては、空き家バンクを核とした利活用推進に努められており、物件登録件数調査以来、年々増加傾向にあり、それに比例するかのように利用希望者登録件数も年々増加しております。契約件数登録件数の4割強の累計49件、うち町外からの契約者が5割強の累計25件と納得するものであり、さらなる成果に期待するところであります。