運営者 Bitlet 姉妹サービス
303件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-12 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第3号 6月12日) そしてまた、タラソピアは、足腰の痛みがなくなったとか、そして歩行浴で筋力アップができた、あるいは休憩室をつくったために、皆さんとコミュニケーションがよりとりやすくなった、気軽に休めるようになったなどの意見は、今いただいているうれしいニュースでもございます。  それと同時に、別の面で申し上げますと、来ておられるお客さんの中に仁科先生という方がおられまして、東京都の福祉機関のお医者さんであります。 もっと読む
2018-03-13 氷見市議会 平成30年 3月定例会−03月13日-03号 下條村の行政改革は、多くの村民、村の職員、村議会議員など、全ての方々の痛みを分かち合い、今日の成果を上げたものと思われます。  若い世代向きの設備の整った移住者専用の若者・子育て世代賃貸住宅の建設、人口の社会減対策、また数年後には子どもが生まれ自然増対策の1つとしてどうか、改めて藤澤部長にお考えをお尋ねいたします。 ○議長(嶋田茂君) 藤澤市長政策・都市経営戦略部長。 もっと読む
2018-03-09 黒部市議会 平成30年第1回定例会(第3号 3月 9日) また、副反応といたしましては、比較的多く見られるのは、接種した局所の赤み、はれ、痛み等が上げられます。接種を受けられた方の10%から20%に起こりますが、通常は二、三日で消失いたします。その他の重大なものとしては、まれに、じんま疹や呼吸困難、血管浮腫等があらわれることもあります。                  もっと読む
2017-12-08 南砺市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月08日−03号 高齢者にとって、認知症予防や介護予防の観点から、できるだけ外出することが大切と考えますが、社会参加を阻む要因に、足腰等の痛みやトイレの心配のほか、交通手段がないという理由も上位にランクインされております。  また、ことしの改正道路交通法では、認知症の検査が厳しくなり、運転免許証の自主返納も増加しておりますが、高齢者の足を守る取り組みも必要と考えます。   もっと読む
2017-12-07 富山市議会 平成29年12月定例会 (第3日目) 本文 2017.12.07 また、本年度、学校内でエピペンを使用した例につきましては、11月末の時点で、男子児童が昼休憩中に喉の痛みを感じ、所有していた内服薬を服用したけれども、その後症状が悪化してきたため、保健室でエピペンを使用したケースのほか1件、合計2件でありましたが、いずれも大事には至っておりません。   もっと読む
2017-12-01 高岡市議会 平成29年12月定例会(第5日目) 本文 少なくとも、この緊急プログラムを実行する今後5年間は痛みを伴う改革を推し進めていかなければなりません。そのためには、まずは市民の理解と協力が必要であります。何とぞよろしくお願いいたします。  では、変わって2つ目、本市の人材確保と生産性向上について順次お伺いしてまいります。   もっと読む
2017-12-01 魚津市議会 平成29年12月定例会(第2号) 本文 守りの施策というのは、今まででっかかったのが小さくなるんですから、例えば学校の統廃合であったり施設の再編であったり、そういった痛みを伴う施策というのが出てくるわけですよね。  そういったところで、例えばそういったところが所在している地域と一生懸命信頼関係を結んでいたのに、それが担当者がかわったらそういう信頼関係を一からつくり直しとかという話になると、なかなか難しいところがあります。   もっと読む
2017-12-01 高岡市議会 平成29年12月定例会(第4日目) 本文 さらに、経団連が国民の痛みを伴う改革として要求しているのが、計画どおりの消費税増税の実行です。消費税増税を法人実効税率の25%への引き下げとセットで要求していることです。国民には社会保障削減と大増税を押しつけながら、自分の税負担は軽くしてくれと言うのは余りにも身勝手です。  消費税10%の大増税は、高岡の地域経済をさらに冷え込ませ、市民の暮らしも破壊するのではないでしょうか。 もっと読む
2017-09-11 富山市議会 平成29年9月定例会 (第2日目) 本文 2017.09.11 ヒアリに対しては、南米原産のアリで、刺されるとやけどのような激しい痛みが生じ、毒性が強く、毒針で刺されるとアレルギー性反応により死に至るというものであります。  また、一連の報道では、一部誤った報道が流れていまして、死亡例が戦前から80名程度であるというものが、結果的に1年で80名亡くなったとマスコミの報道で流れました。これは国の皆さんが誤りの報告であると。 もっと読む
2017-03-14 富山市議会 平成29年3月定例会 (第6日目) 本文 2017.03.14 膝や腰に痛みを抱える人が多い高齢者にとって、いわゆる和式トイレは非常につらいものがあります。そして、生活習慣の大幅な変化によって、高齢者とともに子どもが和式トイレを使えないという、こういうことも現実だろう、いい悪いは別にしてですね、というふうに思います。  そこで、女性団体である新日本婦人の会富山支部の皆さんが、昨年10月、呉羽地域の公共施設や公衆トイレをウオッチングしたそうでございます。 もっと読む
2017-03-09 富山市議会 平成29年3月定例会 (第4日目) 本文 2017.03.09 理由の1つは、失われている有権者からの信頼を得るには、まず国会議員が痛みを感じなければならないからです。「隗より始めよ」です。そうすれば、国会に使われている予算を大きく減らすことができます」と言っておられます。  国会に使われている予算は、笹川氏は、試算するところ1,000億円1年間にかかると言っておられます。 もっと読む
2017-03-06 氷見市議会 平成29年 3月定例会−03月06日-02号 痛みを伴う市民病院の職員さんのお別れもありましたでしょう。今もなお氷見市の職員は減り続け、年間1億円近い人件費が削減をされていっております。  しかし、未来からの宿題は増える一方です。 もっと読む
2016-12-12 富山市議会 平成28年12月定例会 (第4日目) 本文 2016.12.12 世田谷区では死別等の喪失による大きな悲嘆(グリーフ)や心の痛みを抱えて一人で悩んでいる方などに寄り添う支援を、平成28年度からグリーフサポート事業として実施しています。  内閣府の発表では、近年の死亡場所の構成割合は、77.9%が病院であり、次に自宅が12.6%、続いて介護施設となっています。厚生労働省の在宅医療の推移の中で、市町村別の在宅死の割合は、富山市は8.5%と公表されています。   もっと読む
2016-12-01 高岡市議会 平成28年12月定例会(第3日目) 本文 つまりは、いじめの認知件数とは、必ずしも少なければよいというものでも多ければ悪いというものでもなく、やはり一件一件の事案に対し、いかに対応し解決したのか、あるいは、例えばインターネット上でのいじめを題材に作文を書いたりディスカッションを行うなどして、他人の痛みに思いを寄せる感性を育むような教育でいじめを未然に防ぐといった教育現場における取り組みのあり方こそが重要であり、それこそ評価の対象とするべきではないかと もっと読む
2016-06-16 氷見市議会 平成28年 6月定例会-06月16日-02号 右肩上がりの時代は利益やサービスの分配がその役割でしたが、右肩下がりの時代の政治の役割は、痛みの分かち合いと合意形成なんです。その今日的な政治手法として、氷見市が今、政治学者やマスコミの方あるいは社会的機関から評価をされているわけでありますので、そうした局面にあるということを御理解いただきたいと思います。   もっと読む
2016-06-06 富山市議会 平成28年6月定例会 (第2日目) 本文 2016.06.06 さらには、蒲島知事のお言葉をおかりすれば、被災者の痛みの最小化を図ることを忘れてはならないと考えております。 ◯ 議長(市田 龍一君)  39番 岡本  保君。 ◯ 39番(岡本  保君)  まだ地震が続いているということもあり、そしてまた継続的に現地の状況も報道されているのをかいま見ておりますと、まだまだ大変なことが多いなと。 もっと読む
2016-06-01 高岡市議会 平成28年6月定例会(第3日目) 本文 実際、緩和ケアによって受けられるサポートとしては、患者が自分の病気について知り、その治療法の選択についてのサポートを受けることや痛みなどの症状を取り除くケアを受けること、あるいは、食事や睡眠など心地よい日常生活を取り戻すケアを受けることなどと多岐にわたるサービスの提供が考えられますが、2点目の質問として、市民病院の緩和医療では、がん患者とその家族に対し、どのような特色あるクオリティ・オブ・ライフ(QOL もっと読む
2016-03-07 氷見市議会 平成28年 3月定例会-03月07日-02号 公共施設それぞれについて今後の方向性を定めていくに当たりましては、時には市民の皆様と痛みを分かち合う側面もございます。将来にわたり地域社会を成り立たせていくためにも、施設の多機能化あるいは公民連携手法の導入、他自治体との広域的利用などについても検討いたしまして、公共施設等の最適化に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(嶋田茂君) 17番 椿原俊夫君。 もっと読む
2016-03-03 滑川市議会 平成28年 3月定例会(第1号 3月 3日) また、多くの皆様にご利用いただいております有金球場及び堀江球場につきましては、供用開始後30年近く経過し、外野フェンスの痛みが著しいことから、安全かつ安心して利用していただけるよう「公園施設長寿命化計画」に基づき改修工事を行うこととしております。   もっと読む
2015-12-11 滑川市議会 平成27年12月定例会(第3号12月11日) 滑川市在住者、そして滑川市以外の市町村や県外の方々からも、滑川沖水深330メーターより取水される深層水を利用したタラソピアで、腰痛が治った、足の痛みが軽減し歩くのが楽になった、術後のリハビリに最適、介護予防になる、健康増進のために利用しているなどの効果があり、利用者の方々から存続の声が多くありました。  現在のタラソピアには各種ゾーンがあります。 もっと読む