33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

立山町議会 2018-09-01 平成30年9月定例会 (第2号) 本文

質問の1)点目、保育無料化についてであります。  県はこの9月に子ども保育料を改定し、所得制限を設けた上での無料化を拡充するとのことです。さらに、国は2019年10月より3歳児から5歳児の保育料を全面的に無料化する予定とし、その前段階として2019年4月から5歳児のみ保育無料化をスタートさせることとしています。  

黒部市議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第3号 3月 9日)

都市建設部長 河田 勇君起立〕 ○都市建設部長(河田 勇君) まず、市営住宅につきましては、家賃の減免、執行猶予ということで、第16条のほうでございまして、その中で1番目として収入が著しく低額であると、あるいは病気にかかってるとか、そういうことが4つほど述べられておりまして、過去において実際減免が適用になったのは、火災のための住居入居ということで2名の方がおられたということは、市営住宅の場合でございます

立山町議会 2017-09-01 平成29年9月定例会 (第2号) 本文

今回の連携中枢都市圏構想では、その圏域内の5つの市町村に居住する中学生までの子どもが圏域内の医療機関などを受診した場合、こども医療費助成制度を利用して、窓口負担が無料となる現物給付に統一することで協議を進めております。  現在、圏域内の5つの市町村のこども医療費受給資格証は、全て同じサイズで紙に印刷した物です。

射水市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会-12月14日−03号

ランドセルを無料配布するというのはなかなか難しいと思いますが、安価な、いわゆる安いランドセルを学校の指定かばんにするという試みはどうでしょうか。  今ほどの日立市無料配布ランドセルは従来の形態のランドセルと異なりますが、日立市に問い合わせましたところ、購入価格は税別で7,800円ということでありました。

立山町議会 2016-03-01 平成28年3月定例会 (第3号) 本文

2、吉峰パークゴルフ場の利用料金を低額で、についてお伺いいたします。  パークゴルフは、老若男女を問わず、誰でも楽しめる生涯スポーツであります。個人家族はもとより、町内会、地元福祉議会、後援会など、参加プレーされた方の親睦を深めることができます。  また、高齢者医療費が増加傾向にある中、パークゴルフを楽しんで、元気なお年寄りでいてほしいと願うところであります。  

立山町議会 2015-12-01 平成27年12月定例会 (第2号) 本文

自治体によっては、独居老人認知症の方に無料提供し、安否確認が確実に行われています。利用料金は低額で、高齢者に優しいサービスです。  立山町においても導入する方向で考えてはもらえないでしょうか。  (2)認知症高齢者の把握を地域においてどのように取り組んでいくのか。  民生委員だけでは対応の遅れが出ます。高齢福祉推進員の活動も地域においては見えてきません。

射水市議会 2015-03-17 平成27年  3月 定例会-03月17日−04号

今回の新年度予算において、保育料の第3子以降無料化を継続、中学校の普通教室でのエアコンが稼働、大門小学校区・大島小学校区で児童数の増加に対応するため新たな学童保育室を整備、海岸近くの市営住宅の一部を活用し津波避難所を整備するなど、積極的な面も少なくありません。しかし、次の点において見過ごすことができないものだと考えております。  第1は、市民の税や料金の負担に関する点です。  

射水市議会 2014-06-19 平成26年  6月 定例会-06月19日−03号

もとより本市では、人口増の施策として、「子育てするなら射水市で」というキャッチフレーズのもと、中3までの医療費無料化や第3子保育無料など、さまざまな他市に先駆けた子育て施策のほか、移住交流促進事業やクレジットカード、コンビニ収納を通した利便性から、若者世代へのイメージづくり、さらには企業誘致による雇用創出など、さまざまな施策を実施してきました。

南砺市議会 2014-03-07 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号

さらに、重点施策として、第1に、健やかな安らぎのあるまちづくりでは、保育料の第3子無料化や現在、小学生の入・通院費、中学生の入院費は無料でございますけれども、この予算計上、10月からは中学生の通院費の負担を軽減することで子育て支援を行うとともに、高齢者保健福祉計画を策定して、高齢者にも住みやすいまちづくりに努めていきたいと思います。

射水市議会 2013-12-13 平成25年 12月 定例会-12月13日−03号

幸いなことに射水市では、医療費は、中学3年生まで無料であります。この適用には制限条件がなく、全国的にもトップレベルであると思います。子供を持つ親から、無料のため病気の初期に医者に行くため、こじらせることなく早く完治して、大変喜んでいると聞きます。私もこの支援は高く評価するものであります。  もう一つが、幼稚園費、保育園費の負担であります。

入善町議会 2013-12-01 平成25年第2回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

町営バスの利用者を1人でも増やす方策の1つとして、また高齢ドライバーの事故防止策として一石二鳥となりますよう、現在町が取り組んでいるこの支援事業の利用実績と、現行の5割引を無料化し、さらなる利用者促進を図る考えはないのか、当局の考えをお聞かせください。  以上3点について質問をさせていただきました。  

入善町議会 2012-09-01 平成24年第18回(9月)定例会(第2号)  一般質問・請願等

これまで、県においては、国やJRに対する粘り強い折衝により、三セク会社の貴重な収入源となる貨物線路使用料に係る貨物調整金制度の拡充や、新型車両の低額譲渡による初期投資額の圧縮など、さまざまな財政支援や負担抑制を実現してきております。  また、現在も国に対して、新幹線貸付料を活用した並行在来線の経営に対する支援について要請しているところであります。  

入善町議会 2012-06-01 平成24年第17回(6月)定例会(第2号)  一般質問・請願等

また、新型車両の譲渡を低額で受けることにより、将来的に50億円程度の経費の減額が見込まれるなど、初期投資の抑制についても引き続き折衝しております。  町といたしましても、安定的な経営を確保するとともに、利用者の負担が増加することのないよう、協議会に対して引き続きJR西日本に粘り強く要請していくことを求めてまいります。  次に、三セク会社への基金の拠出についてであります。  

入善町議会 2012-03-01 平成24年第16回(3月)定例会(第2号)  代表・一般質問

主な重点施策につきましては、町営バスの増車、運行拡充事業をはじめ、新たなコミュニティ施設建設に向けた旧舟見中学校の取り壊し、跡地造成事業、中学校3年生までの医療費無料化する医療費助成拡充事業、LED防犯灯設置推進事業、住まい・まちづくり計画策定事業などを予算化し、いずれも着実に実施してきたところであります。  

入善町議会 2009-03-01 平成21年第20回(3月)定例会(第4号)  討論・採決

次に、昨年度より拡充した小学6年生までの医療費無料化についてであります。  県下に先駆けての施策でありますが、拡充時に所得制限が設けられております。制限の対象となる方が少ないことや、子育て支援の立場からも、すべての方が対象となるよう検討いただきたいというものであります。  次に、水博物館事業負担金についてであります。  これは新川広域圏の事業ですが、かなり以前に立ち上がった事業であります。

南砺市議会 2008-09-08 平成20年  9月 定例会(第5回)-09月08日−02号

保育料で第3子の徴収額を3分の1にし、第4子以降を無料化するといったようなことは、これは翌年の予算で実現をさせていただきました。また、小・中学校の統合も手がついたところでありまして、地元の皆さんのご協力も得られるということになっております。さらには、合併支援道路東海北陸自動車道への対応などもご提言いただき、実行に移しておるわけでございます。  

  • 1
  • 2