599件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

氷見市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-03号

最後に、子ども医療費無償制度の現物給付拡大について質問します。  4月から医療費請求書が全県統一で電子データされ、市町村をまたいでの診療費の窓口支払いが簡単になりました。  現在、呉西全域で窓口無料がされておりますが、これを機にさらに富山市など、県内全域に拡大できないでしょうか。  県議会で我が党の津本議員がこれについて質問しました。

滑川市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第2号 6月17日)

第2子保育料等無料は、子ども第一主義のもと、平成28年度から実施してきた事業でございまして、平成30年度の所要一般財源は、予算ベースで約1億5,800万円でございましたが、本年10月に国において実施する予定の幼児教育無償に伴い、新たに国、県における負担が行われることから、令和元年度では半額相当の約7,700万円となる見込みでございます。  

氷見市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-目次

定例会に付議された議案等の件名 議案第39号 令和元年度氷見市一般会計補正予算(第2号) 議案第40号 氷見市税条例等の一部改正について 議案第41号 氷見市介護保険条例の一部改正について 議案第42号 氷見市国民健康保険条例の一部改正について 議案第43号 氷見市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について 議案第44号 氷見市火災予防条例の一部改正について 議案第45号 ケーブルテレビ

黒部市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3号 6月17日)

次に、本年10月より3歳から5歳の全ての子供たちの保育所幼稚園認定こども園の利用料が無償となります。しかしながら、その運用については、いまだ国から示されていないようです。お答えできる範囲でよろしいのですが、3項目めとして、保育所、こども園、幼稚園無償への対応について質問いたします。1点目として、今後どのように保護者に周知していきますか、市民生活部長に伺います。              

黒部市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第1号 6月 6日)

商業地の活性、街のにぎわいへの願いがこめられて      いるが現状を問う。  3 安全で幸せに暮らすまちをめざして   (1)少子高齢が進み地域とのつながりも希薄している今日、地域福祉の役割、      期待は大きい。第3次黒部市地域福祉計画はこうした背景のもとに策定された。      重点的な施策や取り組みについて問う。   

富山市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会 (第3日目) 本文

そんな中、20代、30代の若い世帯が理想の子どもの数を持たない理由は、子育て教育にお金がかかり過ぎるからということが最大の理由となっており、幼児教育無償をはじめとする負担軽減措置を講じることは、重要な少子対策の1つであるというふうに考えております。  それでは、まず幼児教育保育無償について御質問させていただきます。  

富山市議会 2019-06-02 令和元年6月定例会 (第2日目) 本文

全国市長会社会文教委員会子ども・子育て検討会議は、平成31年1月23日、幼児教育保育無償に際しての質の確保・向上等について(意見)の前文では、「本会としても、子どもたちの命を預かる現場の立場に立ち、円滑な無償の実施に向けて、適切に対応していく所存である」「そこで、国においては、現場の意見を踏まえた望ましい形で、子どもたちのための幼児教育保育無償を実現するよう、下記の事項を十分に踏まえて

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第1号)  提案理由説明

しかし、新たな時代の始まりに夢を膨らませる一方で、人口減少や少子、高齢といった私たちを取り巻く環境は、今後ますます厳しい状況になることが予想されます。  町といたしましては、これまで以上に「ストップ人口減少」に向けた取り組みを強固なものとし、町民の皆さんが幸せを実感することができるよう、さらなる施策の展開を図っていかなければならないと考えているところであります。  

立山町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第2号) 本文

少子高齢で増大する社会保障費を赤字国債の発行で賄ってきたことが借金増加の原因であり、本町においても、高齢の進展により、社会保障関係費の増加は避けて通ることはできません。  また、役場庁舎をはじめ、老朽した公共施設の更新や有害鳥獣対策農業商業の後継者不足など、町はほかにも克服すべき多くの課題を抱えております。  

富山市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第1日目) 本文

次に、10月から実施される幼児教育保育無償に伴う準備経費として、子ども・子育て支援システム障害者自立支援給付事務処理システムの改修に要する経費などを計上しております。  次に、消費増税に係る国の経済対策に伴うものとして、未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金の支給に要する経費を計上しております。  

滑川市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会(第5号 3月22日)

附 帯 決 議  『タラソピアについて、コンセプトの明確ならびに今後の運営方針、改修・修繕の計画、及び集客方法等を策定し、事業計画書を早急に議会に示していただきたい。』  それぞれの案件の審査の過程において、委員から質問、意見がありましたので、その概要について報告をいたします。  まず3月12日は、議案第1号の歳入及び総務部消防教育委員会関係の予算について審査を行いました。  

氷見市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-03号

立地適正計画では、都市再生特別措置法によるまちの顔、いわゆる都市機能誘導区域と住宅地としての居住誘導区域に、施設や住居を誘導する計画を立てておられますが、空き家による都市スポンジスポンジのように中が空洞になることですが、現在の対策、そして状況から推測して、このスポンジ現象が沈静する、とまると考えておられますでしょうか、大野建設部長。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長

氷見市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会−03月11日-02号

また、ストップ・ザ・少子のスローガンのもと、本年10月から給食費と預かり保育料への補助も含めた3歳以上児の第1子からの保育料完全無償を実施いたしますとともに、現西部中学校校舎を活用した小中一貫校整備、タブレットパソコンの大規模小中学校への配置台数の拡大など、子育て支援や学校教育の充実に重点を置いた人口減少対策を推進してまいります。  

黒部市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第2号 3月 8日)

政府は、2月12日に幼児教育大学など、無償閣議決定いたしました。なお、幼保は10月より、大学は来春より実施いたします。幼児教育保育無償する、子ども・子育て支援法改正案と所得が低い世帯の学生を対象に、大学専門学校など高等教育無償する、大学就学支援法案を決定いたしました。