運営者 Bitlet 姉妹サービス
89件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第6日目) 本文 会派での自律的な審査のほかに第三機関が設けられたのは、運用指針にあるように外部の視点での審査を入れるためです。しかし、あくまでも第三機関も運用指針に沿った形での判断になり、また法に関することとなれば司法判断となるため、第三者機関そのものが単独で判断を下すことが難しい案件もあったことではないでしょうか。   もっと読む
2018-03-01 富山市議会 平成30年3月定例会 (第8日目) 本文 あわせて、今回、事業承継を後押しする制度融資を設けることは、中小・小規模事業の経営に対する事業承継への意識向上にもつながるものであり、引き続き、富山市の持続可能な産業基盤の構築を下支えするものと考え、賛同するものでございます。   もっと読む
2017-09-11 黒部市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月11日) 国は、訪日客2020年、4,000万人を目指す誘致策に取り組む中、観光庁では昨年の日本人国内旅行消費額等の公表がありました。速報値では日本人国内旅行消費額は、2年連続のプラスで、統計でさかのぼれる10年以降では最高額。日本人国内延べ旅行数は5%増、市場における日本人の存在感は大きいとのことであります。 もっと読む
2017-09-07 氷見市議会 平成29年 9月定例会−09月07日-02号 導入価格は、オプションや消費税を含めましても60万円を切るくらいなのであります。   もっと読む
2017-06-13 滑川市議会 平成29年 6月定例会(第3号 6月13日)      岡 本 修 治 君  監査委員事務局長          妻 木 朋 子 君  教育委員長             吉 田 達 郎 君  教育長               伊 東   眞 君  教育委員会事務局長         膳 亀   進 君  学務課長              石 倉 裕 子 君  生涯学習課長            地 崎 紀 子 君  スポーツ課長             もっと読む
2017-06-13 滑川市議会 平成29年 6月定例会(第3号 6月13日)      岡 本 修 治 君  監査委員事務局長          妻 木 朋 子 君  教育委員長             吉 田 達 郎 君  教育長               伊 東   眞 君  教育委員会事務局長         膳 亀   進 君  学務課長              石 倉 裕 子 君  生涯学習課長            地 崎 紀 子 君  スポーツ課長             もっと読む
2016-12-01 高岡市議会 平成28年12月定例会(第4日目) 本文 ◯23番(金平直巳君) 際限のない年金カットというのは、年金生活消費を冷え込ませ、高岡の地域経済にも甚大な悪影響を及ぼすと考えますが、見解がございますればお聞かせください。 ◯議長(曽田康司君) 答弁は市長でよろしいですか。 ◯23番(金平直巳君) はい。市長です。 もっと読む
2016-06-01 富山市議会 平成28年6月定例会 (第2日目) 本文 防犯灯は、夜間、歩行や車などが安全に安心して通行できるよう道路を照らすものであり、平成27年度末の設置数は5万913灯、そのうちLED化したものは3,894灯あります。  LED防犯灯は、機器の消費電力が少なく寿命が長いなど、維持管理費の削減や二酸化炭素排出量の抑制が図られることから、経済性や環境対策のため、計画的にLED化を進めていくことは重要であると考えております。   もっと読む
2015-09-01 立山町議会 平成27年9月定例会 (第2号) 本文 今後の生活の中で必要不可欠なものとなってきますので、引き続き広報への掲載のほか、消費生活相談員が行っている高齢などを対象とした出前講座を利用して、周知に努めていく必要があると思います。  入院や施設入所などにより住所地で番号通知カードを受け取ることができない方は、事前に届け出ていただき、病院や施設などで受け取っていただきます。そのような方には、施設を通じて周知をいたします。   もっと読む
2015-09-01 入善町議会 平成27年第11回(9月)定例会(第3号)  討論・採決 〔産業教育常任委員長 野島 浩君 登壇〕 9 ◯産業教育常任委員長(野島 浩君) 本定例会におきまして、産業教育常任委員会に付託された諸案件について、審査結果を報告いたします。   もっと読む
2015-03-19 南砺市議会 平成27年  3月 定例会(第3回)-03月19日−04号 地域住民生活等緊急支援のための交付金(地方創生先行型)によって、市外からの転入を新たに雇用した企業等に対して、給料の一定額を補助する事業とのことであります。企業・事業等に対しては、通常の雇用枠とは別に、移住特別枠として交付するものであり、積極的な制度活用を求めるとの説明を受けたところであります。   もっと読む
2015-03-19 南砺市議会 平成27年  3月 定例会(第3回)-03月19日−04号 地域住民生活等緊急支援のための交付金(地方創生先行型)によって、市外からの転入を新たに雇用した企業等に対して、給料の一定額を補助する事業とのことであります。企業・事業等に対しては、通常の雇用枠とは別に、移住特別枠として交付するものであり、積極的な制度活用を求めるとの説明を受けたところであります。   もっと読む
2015-03-06 射水市議会 平成27年  3月 定例会-03月06日−03号 なお、昨年消費税が引き上げられました。その際、政府は消費税の増税分は全て社会保障に充てると説明してきました。では、2015年度国家予算ではどうなっているのか。消費税増税分は国・地方合わせて8.2兆円と見込んでいます。しかし、そのうち社会保障の充実に充てられるのは1.35兆円、わずか16%に過ぎません。では、ほかの84%はどこに使われるのか。ほかの事業に流用されようとしている。 もっと読む
2015-03-01 富山市議会 平成27年3月定例会 (第2日目) 本文 この制度は、就学前児童の教育及び保育における戦後初めての大改革とも言われており、消費税の増税による増収分を安定財源として確保し、保育施設の建設や保育を担う人材の育成、処遇改善による人員確保を推進するほか、教育・保育の量を確保するための規制緩和も行うなど、これまでにない政府の熱意を感じるものであり、大きな期待を寄せているところであります。   もっと読む
2014-12-08 氷見市議会 平成26年12月定例会−12月08日-02号 宮 本 秀 夫 君    会計課長  尾 矢 英 一 君    教育委員会   委員長   橋 本 昭 雄 君    教育長   前 辻 秋 男 君   教育次長  高 田 長治郎 君    教育次長  加 野 陽 子 君    監査委員   代表監査委員國 本 嘉 隆 君    事務局長  廣 瀬 昌 人 君    消防機関   消防長   堂 尻   繁 君         ────────── もっと読む
2014-09-01 入善町議会 平成26年第6回(9月)定例会(第2号)  一般質問 さて、本町の農業を取り巻く状況は、昨年までの1等米比率の低下と、平成13年を最後に食味ランキングでの特Aランク落ちに加えて、米の消費量の減少などによる米価の下落や国の農政改革による米の直接支払交付金の減額、さらには平成30年産米からの生産調整制度の見直しなどにより、米の生産にとって非常に厳しい状況になっております。   もっと読む
2014-06-12 氷見市議会 平成26年 6月定例会−06月12日-02号 このたびの介護保険制度の改定は、11年後の2025年に団塊の世代と呼ばれる世代が全て75歳以上になり、その後、2,500万人を超える5人に1人が後期高齢となることを想定しての改定と言われているようであります。  現状の介護保険制度の改善に本当に結びついているのか、4点について質問をいたします。  1点目は、介護保険制度の改正について市民部長に質問いたします。   もっと読む
2014-06-01 高岡市議会 平成26年6月定例会(第3日目) 本文 3点目、高齢虐待に対する相談等の現状と対応についてお答えいたします。  本市におきましては、地域包括支援センターとの連携により高齢の権利擁護に努めているところでございます。高齢虐待を含む生活困窮事例の相談や成年後見制度の活用促進、消費被害等に関する相談件数は平成25年度が541件となっており、平成24年度の479件と比較して増加してきております。   もっと読む
2014-06-01 富山市議会 平成26年6月定例会 (第4日目) 本文 ◯ 議長(中川  勇君)  麻畠教育長。 ◯ 教育長(麻畠 裕之君)  本市では、就学援助制度により、経済的な事由で就学が困難な児童・生徒に対し、世帯の所得基準に基づいて、給食費や学用品の購入費用などの援助を行っております。  昨年度においては、2,357人の児童・生徒が準要保護として就学援助の認定を受けているところでございます。   もっと読む
2014-03-13 氷見市議会 平成26年 3月定例会−03月13日-03号 食材の安心・安全とクオリティーにこだわる首都圏の消費をターゲットにするには、それなりの対応が必要であります。  昨年、和食がユネスコの無形文化財遺産に登録されました。先日、国内で開催された海外食品の見本市の出展へ「なぜ日本で売りたいのか」と質問したところ、「日本で売れることは、安心・安全以上のうまいというステータスになるからだ」と答えていたのが印象的でありました。   もっと読む