運営者 Bitlet 姉妹サービス
679件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第3号) 本文 今後も行政需要などの変動を注視しながら、市民の皆様への行政サービスの水準ということも考えながら、適正な定員管理となるよう定めてまいりたいと考えております。  次に、3月予算議会の予算議案に対する附帯決議の内容である事業の検証や見直しの状況、内容についてのご質問にお答えをいたします。   もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会(第3日目) 本文 ただ、需要者ニーズに対応した生産には諸課題がつきものですが、それを明るい方向へ導く意味においても、本市としての戦略品目をどのように設定しているのか、まずお聞かせください。  学校給食では、地産地食の観念のもと、「郷土食献立の日」や「高岡食19丼」などを企画して、需要の拡大だけでなく、子供たちへの意識づけが図れていることはすばらしいことと感じております。   もっと読む
2018-03-12 氷見市議会 平成30年 3月定例会−03月12日-02号 をはじめとする協働のまちづくりの推進や、市が保有する情報を2次利用が可能な形で公開いたしまして、民間での活用を促すなどの広報広聴の充実、また公共施設の老朽化等への対策として、公共施設の統合再編を推進いたします公共施設再編計画の着実な実行、そして計画的で効率的な行財政運営の推進、さらには呉西6市で構成するとやま呉西圏域連携中枢都市圏連携事業の推進などによる広域行政等の推進、また庁内にありましては行政需要 もっと読む
2018-03-09 黒部市議会 平成30年第1回定例会(第3号 3月 9日) 女性の持つソフト面を生かし、火災予防啓発活動や各種消防訓練への参加、救急講習指導等、その活動は、市民にとって大きな意義を持っていると考えております。  次に、2点目の全国女性消防操法大会参加の結果と反響はについてお答えいたします。  全国女性消防操法大会は、平成29年9月30日秋田県秋田市で、第23回大会として開催きれ、黒部市女性消防隊は富山県代表として出場いたしました。 もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第4日目) 本文 また、イベント開催の多い土日や休日には、駐車場需要に対応するため、議員からも御指摘ございました、おとぎの森公園の北側及び西側市道に路上駐車ができることとなっております。   もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会 索引 (4) 民泊事業の可能性について    1) ものづくり体験やグリーンツーリズムなど体験型民泊は、需要が見込まれると考     えるが、支援についての考え方は。    2) 氷見市で行われている宿民泊について、本市の考え方は。   (5) 複数の所管にまたがる民泊については、統括して相談、把握、対処する窓口が必要    と考えるが、見解は。 もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第1日目) 本文 「中小・小規模企業の経営基盤強化」につきましては、創業期や再生期など、中小企業者のライフステージに応じた資金需要に対応できるよう融資制度の充実を図ってまいります。  「雇用・勤労者福祉の充実」につきましては、若者の職業的自立を目的として高岡地域若者サポートステーションの活動を支援いたします。 もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第7日目) 本文 次に、救急医療体制充実化支援事業費補助金4,000万円が計上されているが、どのような取り組みに対しどう補助するのかとの質疑に対し、本事業は、高岡医療圏の救急医療体制の安定と充実を図るため、救急医療に携わる医師の確保を目的として、厚生連高岡病院や済生会高岡病院に対し、医師1人当たり800万円の補助金を交付するものであるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第5日目) 本文 今回のハーフマラソンの取りやめにつきましては、大会を主管する高岡万葉マラソン実行委員会によりますと、6月の開催のため、暑さ対策として、医師、看護師の配置に加え給水所の増設を図ってまいりましたが、熱中症等により救急搬送される事例が発生しており、関係方面の助言を受けまして、協議を経て判断されたというふうに聞いております。   もっと読む
2017-12-13 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第3号12月13日) 県としての方向づけとして非常に品質の高いものでいくというコシヒカリでありましたから、しかし、需要側を聞いておりますと決してそうではないと。ある意味スタンダード的なもの、どこかの記事にも出ていましたけども、ハイエンドからスタンダードにわたるもの、こういう言葉があったように、そういう考えも必要なんじゃないかなということを改めて感じたところであります。  さて、次に移ります。   もっと読む
2017-12-13 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第3号12月13日) 県としての方向づけとして非常に品質の高いものでいくというコシヒカリでありましたから、しかし、需要側を聞いておりますと決してそうではないと。ある意味スタンダード的なもの、どこかの記事にも出ていましたけども、ハイエンドからスタンダードにわたるもの、こういう言葉があったように、そういう考えも必要なんじゃないかなということを改めて感じたところであります。  さて、次に移ります。   もっと読む
2017-12-06 富山市議会 平成29年12月定例会 (第2日目) 本文 2017.12.06 例えば、近い例で言うと、さきの糸魚川市の大火みたいなことが発生したときに、緊急に資金需要が発生するわけです。そのときに一切資金がないというのでは対応できないわけです。 もっと読む
2017-12-01 高岡市議会 平成29年12月定例会(第5日目) 本文 ◯市長(高橋正樹君) 今、経緯の御説明がございましたが、現在行いました事業は、それぞれの施設規模等につきまして、乗降客数や自動車の交通量その他の将来需要予測を行いまして、それらをもとに設定したものでございます。先ほど申しましたように、工法等の工夫によりまして事業費を大幅に削減してきております。 もっと読む
2017-09-14 富山市議会 平成29年9月定例会 (第4日目) 本文 2017.09.14 こうしたときに、万が一、緊急車両が通ろうと思っても、あの富山立山公園線というのは道幅が大変狭くて、2台すれ違うのに一生懸命なものですから、救急車もこんなときに来たらどうなんだろうというような思いもありました。  などなど、瓶岩橋、一級河川にかかる橋というのは、やっぱり川幅も広いですし、どうしても長大橋となりますから、補修費も多額になるということが予想されます。 もっと読む
2017-09-11 富山市議会 平成29年9月定例会 (第2日目) 本文 2017.09.11 水道水の需要については、人口減少などの社会的な背景による影響のほか、節水意識の定着や節水型機器類の普及によって年々落ち込んでおり、給水収益の増加は期待することはできない状況にあり、また、老朽化が進んだ施設の更新や耐震化に多額の費用が必要になり、水道事業を取り巻く経営環境は依然として厳しい状況になります。   もっと読む
2017-09-07 氷見市議会 平成29年 9月定例会−09月07日-02号 平成30年度からスタートする新たな行政改革プランの策定に当たっては、現行プランから引き続き持続可能な財政基盤を確立するとともに、市民ニーズの多様化、高度化への対応、少子高齢化、人口減少、低成長経済などの社会構造等の変化への対応、新たな行政需要への対応に必要な財源の確保のための行政課題を解決する仕組みの構築を目指すと示されております。   もっと読む
2017-09-01 高岡市議会 平成29年9月定例会(第3日目) 本文 北陸新幹線開業後は、本市を訪れる観光客の増加に伴い、新高岡駅、高岡駅の両駅ともにコインロッカーの需要が増加しております。 もっと読む
2017-06-15 射水市議会 平成29年  6月 定例会-06月15日−03号 射水地域の救急医療の中核病院として、救急患者さんの治療が迅速に行えるよう24時間体制をとっているとのことですが、救急医療の現状について、また昨年度との違いについて伺います。  また、救急体制については、平日の時間外及び土日祝日は当直医師が対応し、循環器疾患の場合は呼び出し体制で対応しているとのことです。私は、何よりも市民に信頼される受け入れ体制が求められていると思っています。   もっと読む
2017-06-14 射水市議会 平成29年  6月 定例会-06月14日−02号 また、救急医療体制の充実や病院機能強化の認定も得、在宅医療の充実のため、先進的なICT遠隔医療システムの稼働や循環器診療に特色を持たせた病院機能の充実や心臓血管センターの開設、7対1看護体制の導入にも取り組まれ、さきに国の医療計画と介護計画の改定を見据え、地域完結型医療として地域包括ケア病棟の開設もされ、昨年度には経営健全化を図るため市民病院改革プランの策定も終えられたところであります。   もっと読む
2017-06-13 富山市議会 平成29年6月定例会 (第5日目) 本文 2017.06.13 その中でも、主治医の往診サポートでは、例えば、主治医の不在時に往診を代行するとありますが、主治医の方が不在となれば、その期間を過ごせるように事前準備をしてから出張なりをすると考えられ、容態が急変となれば救急搬送のケースが多くなると考えられますが、主治医の往診サポートとは実際にどのような状況や連携を想定されているのでしょうか。富山市としての位置づけを具体的にお聞かせ願います。 もっと読む