254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

本市では、歳入の確保策の一つとして昨年9月に初めてネーミングライツを導入したところでありまして、今後も対象施設を拡大していくなど、ネーミングライツの導入に取り組んでまいります。  議員御提案の市道につきましても、他市の導入事例があります。市道の維持管理費の貴重な財源として市民安全・安心に役立てることが期待できることから、ネーミングライツの対象になると考えております。  

富山市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会 (第2日目) 本文

特別枠の事業は、その多くを重点施策にも位置づけておりますが、主な事業を申し上げますと、1つに、市民生活の安心・安全の確保のため、センサネットワークを活用した消雪装置の稼働状況把握システム河川の水位監視システム、老朽化橋梁を監視するモニタリングシステム導入、2つに、国内外の観光客の利便性向上のため、顔認証システムを活用した決済システム試験的な導入観光案内へのAIチャットボットシステム導入

高岡市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 索引

(2) 道路損傷通報システム導入やAIを活用した橋梁の劣化推定技術の実証実験等が     他自治体で進む中、本市も官民連携及び先端技術活用によるインフラの維持管理を     提案するが、所見は。    (3) 新幹線ネットワークの整備は、国土強靱化はもとより、地方創生の観点からも重     要となるが、北陸新幹線整備促進に向けた本市の基本的考えは。    

富山市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会 (第6日目) 本文

木下 章広君は去る12月11日、略式命令に対し罰金10万円を納め、みずからの犯罪行為を認めたにもかかわらず、その行為を「ミス」という言葉に置きかえ、誤りや失敗過失程度の認識しか持たず、いまだ議員の職にとどまり議会改革を標榜している。  本市議会には、木下 章広君を議員と認め、ともに議会改革に取り組もうとする議員はただ一人として存在しない。  

高岡市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会(第2日目) 本文

次に、今議会には補正予算として中心市街地活性化推進事業費1.5億円が計上されていますが、これは床取得に係る10億円とは別の予算であり、市長会見の資料を見ると「公益施設導入に向けた改修工事等に係る所要の経費」との記載がありました。これまでの「導入検討」の答弁から「導入に向けた」とあり、一歩前進したと受け取れます。  

氷見市議会 2019-09-10 令和 元年 9月定例会−09月10日-03号

それと、あわせて事業展開を想定しておりました民間事業の導入につきましては、まさに氷見まちなかグランドデザインでお示ししておりましたように、市民のにぎわいを生む施設として、また公共施設と相乗効果を発揮する、そうした事業の導入は必要であると考えておりますので、今後引き続き、民間事業者の動向などについても幅広く情報収集しながら、民間事業導入につきましては、検討を続けてまいりたいと考えております。

氷見市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-03号

平成18年に佐賀県導入されて以来、多くの府県において導入がもう既に終わっております。近県の状況でございますが、福井県が翌平成19年度に、新潟県平成24年度に、石川県平成27年度に導入済みでございます。  平成31年1月現在、未導入北海道青森、埼玉、千葉、東京都、神奈川、岐阜、愛知、沖縄、そして富山の10都道県となっております。

富山市議会 2019-06-04 令和元年6月定例会 (第4日目) 本文

学習やさまざまな技能の習得に向けて、失敗したり挫折したりしながらも懸命に努力する子どもたちに寄り添い、子どもたちの「わかった、できた」という達成感や満足感をクラスみんなで共有しております。  教員にとっては、日々の教育活動の中で、そのような子どもたちの笑顔や成長する姿が何よりのやりがいにつながるものと考えております。

富山市議会 2019-03-08 平成31年3月定例会 (第8日目) 本文

平成25年度から民間委託導入し、平成30年度までに20校で実施していますが、直営校と民間委託校ともに、充実かつ安全学校給食を提供しています。  そして、栄養教諭による食育に関する授業時間や個別指導の実施回数が増えたという効果が出ている上に、昨今問題視されている教職員の多忙化解消の観点からも効果が出ています。  

入善町議会 2019-03-01 平成31年第7回(3月)定例会(第2号)  代表・一般質問

私どもの会派は、当局の甘い見通しとずさんな計画による失敗のツケを住民負担に転嫁させてはならないと言ってきました。そのために、町の一般財源から下水道会計へ繰り入れるべきだとも述べてきました。当局は、地方財政法上はそれはできないと答えてきましたが、しかし、地方財政法地方公営企業法も一般財源からの繰り入れは禁じていません。  幸い町の減債基金には約33億6,000万円という多額の積み立てがあります。

入善町議会 2019-03-01 平成31年第7回(3月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

先日、北日本新聞のニュースでは、特養ホームで介護ロボット導入し腰痛改善で職場環境を改善すると掲載をされていました。大変希望の持てる話であります。  処遇改善、労働環境改善などで職場の魅力アップを図るべきだと思います。町としてはハード・ソフト面で支援をできることはないのか、どのように考えておられるのか、見解をお聞かせください。  

高岡市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日目) 本文

次に、高岡伝統工芸品の販売店では、電子決済導入が加速していることから、今後、インバウンド観光客に対応するためにも積極的に電子決済導入を推進してはですが、総務省通信利用動向調査によると、インターネットを使う際にスマホを利用した人の割合が54.2%に上がり、スマホが主流の実態が明らかになってきております。

高岡市議会 2018-12-02 平成30年12月定例会(第2日目) 本文

国吉校区での導入を検討されていますが、この義務教育学校の中身次第では、国吉に通いたい、通わせたいと考える保護者も出てくるのではないでしょうか。少子化により児童生徒数の減少に悩んでいた国吉にとって、この義務教育学校導入は大きなチャンスとなるのでしょうか。そのためにも、義務教育学校とは一体どんな学校なのか、しっかりと市民に周知しなければいけないと考えます。  

高岡市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 索引

2) 導入の検討を進めているネーミングライツの進捗状況と今後の見通しは。   (2) 新たな稼ぐメニューの提案に関して    1) ふるさと納税を活用した事業の内容を広く周知するなど、市民の皆さんにも積極     的に協力してもらえるよう取り組みを検討しては。