1773件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

魚津市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第2号) 本文

それから、今年1月に県内で大規模養鶏場から鳥インフルエンザ発生をし、全ての鳥を処分せざるを得ないことになりました。また、令和元年の7月には、捕獲イノシシから豚熱感染が確認されたことから、ジビエとしての利用も停止になっていたのであります。  疫学調査チーム調査報告によれば、鳥インフルエンザ豚熱も、野鳥やイノシシなどの野生動物がその発生に関与しているとの見解を出しているのであります。  

滑川市議会 2021-03-13 令和 3年 3月定例会(第4号 3月13日)

十年一昔とも言いますし、そろそろようやく一区切りかなと思っていたところに、また2月に震度6強の地震発生いたしました。やっぱり日本は地震大国なのだなと思うとともに、いつ、どこで起こるのか分からない地震等への災害への備えは怠ってはならないんだなと、改めて思ったところです。  

滑川市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会(第3号 3月12日)

富山県での感染者数は、昨日現在で909人、亡くなられた方は28人となっており、滑川市では、発生確認から今日現在25人の感染者が確認されておりますが、富山県内では4日連続で感染者が報告されておりません。発生が落ち着いていることに安堵しているところであります。  感染力の強い変異株が、9日までに21都府県で271人確認したと発表されております。急速に拡大するリスクが懸念されておるところであります。  

小矢部市議会 2021-03-11 03月11日-02号

今ほどもありましたが、10年前の今日、3月11日14時46分頃、東日本大震災発生しました。改めてお亡くなりになられた方々に対して哀悼の意を表するとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。 私は、この3月11日を忘れることができません。10年前のこの日、初めての予算特別委員会委員長をしていたときに、この悲惨な地震が起きました。

黒部市議会 2021-03-09 令和 3年第1回定例会(第2号 3月 9日)

また、全国各地では2月には福島県沖で最大震度6強の大きな地震発生し、栃木県では大規模山火事発生、大雪地震だけではなく、大雨や高潮、防風など、いつ起きるか分からない自然災害には、本市も常に備えておくことで、災害に強いまちづくりをつくり上げていくことが重要と考えます。そこで、市民の生命・財産を守る防災減災国土強靭化について質問いたします。  

南砺市議会 2021-03-09 03月09日-03号

41ページの南砺市地域の現状と課題をまとめた表では、南砺市被災履歴の表にもかかわらず、過去、震度4以上の地震が9回と富山県のデータを記載しています。 南砺市に甚大な被害をもたらす直下型地震断層は、大鋸屋から頼成に至る砺波平野断層帯東部と才川七から興法寺辺りに至る砺波平野断層帯西部です。この地震発生確率は、東部が0.04%から6%、西部がゼロから2%、もしくはそれ以上とされています。

高岡市議会 2021-03-06 令和3年3月定例会(第6日目) 本文

災害発生時間、出動する分団、災害発生場所の地図の情報を伝達しております。その伝達に当たっては、セキュリティが確保された方法で、かつ確実、迅速に送信できることが求められており、SNSによる方法はその要件全てを満たしているとは言えないと考えております。  なお、同じメーカーの指令システムを運用している全国消防本部におきましても、SNSによる出動指令を実用化している消防本部は確認できておりません。

富山市議会 2021-03-05 令和3年3月定例会 (第5日目) 本文

まず、災害対策本部設置根拠法となる災害対策基本法の第23条の2、ここには、市町村地域について災害発生し──ここが大事なのです──または災害発生するおそれがある場合において、防災の推進を図るため必要があると認めるときは、市町村長市町村地域防災計画の定めるところにより市町村災害対策本部を設置することができるというふうに書いてあります。

高岡市議会 2021-03-04 令和3年3月定例会(第4日目) 本文

7点目は、地震対策であります。  まず、最近の東北での地震被害を踏まえた、新年度における地震対策をお聞きいたします。  そして、再三お聞きしております高岡断層調査促進を国に強く要請していただきたいと思いますが、見解をお聞きいたします。  8点目は、共創のまちづくりの問題についてお聞きします。  

滑川市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第1号 3月 4日)

現在、県内における新たな感染者発生は落ち着いておりますが、本市でも年明け以降、20人に迫る感染者が確認されたところであり、引き続き高い緊張感を持って感染拡大防止対策に努めてまいりたいと考えております。  感染拡大蔓延防止の切り札とされるワクチン接種につきましては、県内においても医療従事者に対し2月19日から開始されたところであります。