運営者 Bitlet 姉妹サービス
2191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月10日-02号 〔総務部長 高橋正明君 登壇〕 ◎総務部長(高橋正明君) まず、長時間労働の縮減についてでございますけれども、先ほど議員からも御紹介がありましたが、職員の勤務実態を把握するために、平成29年1月からパソコンのログ時間を利用して出退勤時間を把握し、その情報を部長及び所属長に提供して、在庁時間と時間外勤務の申請に乖離がないか、それをチェックするとともに、業務量の配分に偏りが生じないよう調整を促し、職員が もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第3日目) 本文 また、富山駅のイベントスペースでは、交通サービス利用者──これは鉄道や路面電車あるいはバスなどを利用される方──の歩行の妨げにならないよう、慎重な利用が必要となります。  このことから、市民に対し、にぎわいづくりのモデルケースを示すとともに、利用上の注意点などもあわせて啓発することを目的として、本市が主体となった自主イベントも実施しているところでございます。 もっと読む
2018-12-01 入善町議会 平成30年第6回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等 2018年度当初の学童保育の利用見込み者数は、上青、桃李は59人、入善が56人と前年度より大きく増え、特に飯野学童保育の利用見込み者数は70人と最大でした。実際には69人でスタートし、現在は63人の利用とのことですが、それでも厚生労働省のガイドライン、1部屋に40人以下が望ましいを大きく上回っています。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第6日目) 本文 また、使用開始時期については、中学校が2019年の2学期から、小学校が2020年の2学期からを予定していますが、設置する教室数が約1,200室と非常に多いことや、普通教室を利用しながらの設置となるため工事できる期間が限られることから、まずは利用開始時期を確実に守れるように全力を挙げるとともに、エアコンを利用できる学校が一日でも早く増えるように事業の推進に努力していきたいと考えていますとの説明がありました もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 また、小学校の統廃合が進む中、廃校になる校舎やグラウンドの跡地利用に関して市長の見解を伺います。  7点目に、次年度予算編成の基本的な考え方について。  基金繰り入れに頼らない予算編成とありますが、今までの基金の使用目的と若干違った使い方だったのか企画総務部長に見解を伺います。  また、財政調整基金の確保とありますが、どのような考えで、どのくらいの額を想定しているのか企画総務部長に伺います。   もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 それにおきましても、ずっと流しっ放しのような状況ではなくて、やはり大雨が降ったときの水の力を利用して流すというやり方で、割と宇奈月とか出し平に近い方法であるというふうに文書には書いてございました。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第2日目) 本文 次に、財政調整基金についての基本的な考え方についてお伺いしたいと思います。  過日、地方交付税の削減材料として、財政調整基金が増えることがその材料だと言われたこともありますが、これまでも市長から、災害時などの緊急な財源出動については蓄えておかなければいけないと。多ければいいということではないと思いますけれども、さりとて、全くないのも困るなというふうに思っております。   もっと読む
2018-12-01 入善町議会 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問 実施計画事業をそのまま予算化すれば多くの一般財源不足が生じることとなり、財政調整基金及び減債基金の繰り入れによりその不足額を補うこととなります。今後、予算査定の中で事業内容や事業費を十分に精査するとともに、予算の執行に当たってもさらなる経費の削減に努めていく必要があるものと考えております。   もっと読む
2018-12-01 入善町議会 平成30年第6回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明 この補正は、本日告示の富山海区漁業調整委員会委員の補欠選挙に係る選挙事務費の計上を行ったものであります。  公選委員の死亡により欠員が生じたため、漁業法第93条第2項の規定に基づき実施されるものであり、去る11月6日に県選挙管理委員会からの通知を受け、同日付で専決処分を行ったところであります。  歳入につきましては、県支出金を計上しております。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文 そのあたりはそのあたりでの調整だろうというふうには思いますけれども。 ◯ 議長(村上 和久君)  1番 久保 大憲君。 ◯ 1番(久保 大憲君)  今、市長の答弁にもありましたように、私たち自民党会派も、この教育予算について必要なものに関しては、絶対に必要なものについては必要だと、市長と自民党会派は当然ながら一致しているわけであります。   もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第1号) 本文 経験豊富な企画調整保護司が常駐して、保護観察対象者との面談や保護司同士の連携に活用されております。今後、本市の更生保護活動の充実に期待をしております。  また、12月から満75歳以上の方の運転免許更新時に義務づけされている認知機能検査が新川学びの森天神山交流館で受けられるようになりました。今までは、近隣の市、町にある自動車学校まで出かけなければならず、予約することも大変な状況でありました。 もっと読む
2018-09-26 氷見市議会 平成30年 9月定例会−09月26日-04号 平成25年度に実施した耐震診断の結果を受け、平成26年12月末をもって市民会館の利用を停止し、平成27年3月には有識者会議から財源の確保という課題はあるものの、新たな施設の建設、整備が望ましいとする提言が市に報告されたのです。  その直後に開催した委員会では、その提言のとおり財源確保に努め、新たな施設を建設するという当局の方針を了承いたしました。   もっと読む
2018-09-20 射水市議会 平成30年  9月 定例会-09月20日−04号 歳入については、前年度療養給付費等交付金の精算による追加交付分を増額するとともに、前年度の歳入歳出総額が確定したことに伴い、その他繰越金を増額する一方、国民健康保険財政調整基金繰入金を減額するものであります。  歳出については、前年度療養給付費、特定健康診査等の負担金返還分及び財政調整基金積立金を増額するものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。   もっと読む
2018-09-11 氷見市議会 平成30年 9月定例会−09月11日-03号 若干、私も少し立ち上げが遅れたかなという感じは持っておりますけれども、この協議会におきまして、産学官の連携を図るために必要な各機関との調整機能をしっかり担ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-09-10 射水市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−02号 今回の補正予算では、昨年度の大雪の影響で除雪費用に5億4,600万円の財政調整基金を繰り入れし、対応したことから、改めて6億円を財政調整基金に積み立てることも盛り込まれています。今後も、将来を見据えた健全な行財政運営を進めていくことを期待いたします。  さて、国では来年度予算の概算要求の総額が、社会保障関係費などの膨らみによって102兆円台後半の過去最大規模となったとのことであります。 もっと読む
2018-09-10 氷見市議会 平成30年 9月定例会−09月10日-02号 しかしながら、市外の住民の方の利用とか、あと紹介患者の増加、ほかの医療機関からの紹介で来られる方。それとドックですね。こういった検診の利用促進を図るといったことで、PET−CTの年間利用者数でありますけども、今のところ、年間五、六百人程度を見込んでおります。また、リニアックについては、年間110人程度を見込んでいるところでございます。   もっと読む
2018-09-05 氷見市議会 平成30年 9月定例会−09月05日-01号 このことから、現在、風水害や落雷に弱い同軸ケーブルを含む方式となっている設備を、耐災害性の高い光ファイバーを住宅へ直接引き込む方式へと切りかえ、災害時における安定的な情報伝達手段を確保するほか、4K・8K放送の視聴や、民間通信事業者の参入が見込めない地域であっても高速インターネットの利用環境を整えるなど、情報格差の解消を目指します。   もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第1号) 本文 さらに、今年度の新たな取り組みとして、OGや大会敗退後の学生に大会期間中に継続して本市に滞在してもらうために、旧片貝小学校を利用して宿泊していただく取り組みを行いました。宿泊された立正大学、早稲田大学、関西大学の3大学22名の皆さんには、大会の応援や試合の運営に携わっていただくとともに、地元住民との交流会などを通じて、より魚津を深く知っていただけたものと確信しております。   もっと読む
2018-09-01 高岡市議会 平成30年9月定例会(第2日目) 本文 このことから、2点目の質問として、公共施設の再編において最大限の削減効果を得るためには、速やかに施設の方向性を決定して実施すべきであり、地域住民や関係団体などとの協議、調整を積極的に働きかけるべきと考えますが、見解をお伺いいたします。  次に、教育環境の整備について3点お伺いいたします。  本市も他の地方都市同様、厳しい少子・高齢化の課題に直面しています。 もっと読む
2018-09-01 入善町議会 平成30年第5回(9月)定例会(第2号)  代表・一般質問 利用の多いテニスコートにつきましては、老朽化していることからリニューアルに加え1面増やし、現在の場所において人工芝のコートとして整備をすることとしております。   もっと読む