53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

立山町議会 2017-06-01 平成29年6月定例会 (第2号) 本文

次に、山本会計管理者公金管理の基本姿勢についてお伺いいたします。  山本会計管理者は、後に続く町女性職員の目標になっていると思います。心よりエールを送りたいと思います。  私は、新しい会計管理者に毎回同じような質問をするのですが、町民から納めていただいた貴重な税金の管理に寸分の間違いがあってはならない。厳格な上にも厳格な公金管理が必要であります。  

氷見市議会 2016-12-12 平成28年12月定例会−12月12日-02号

公共施設の経営は、民間企業が参入しづらく、重要ではあるが収益性が見込みづらいことから、行政公金を用いて行うものでございまして、生活文化の醸成や環境対応といった長期的な未来価値を守り創造する拠点としての方向性を示すために、当初はいろいろ議論がございましたが、最終的には、当初は市が運営することといたしたわけでございます。  

入善町議会 2016-09-01 平成28年第16回(9月)定例会(第4号)  討論・採決

次に、歳入について申し上げますと、町税の収納率は県内でも常にトップクラスを堅持しており、新たにコンビニ収納を導入されるなど、徴収率の維持向上に努めている姿勢は評価されるところであります。  次に、事務事業の執行について申し上げます。  まず、保育料算定システムのプログラム不備による保育所保護者負担金の誤算定が全国的に発覚し、当町におきましても、2世帯3人の保育料が過大徴収されておりました。  

氷見市議会 2015-09-11 平成27年 9月定例会−09月11日-03号

みこしは極めて大きい資料ですので、この後地区から寄贈したいというようなお申し出があったとしても、これ以上収納するスペースはないことに御理解を賜りたいというふうに思います。 ○副議長(谷口貞夫君) 8番 上坊寺勇人君。 ◆8番(上坊寺勇人君) ありがとうございました。  もう1点、山本教育長にお尋ねします。  

立山町議会 2014-06-01 平成26年6月定例会 (第2号) 本文

税負担の公平性の観点からも、町税の滞納整理について収納率向上を目指し、鋭意努力を重ねているところであります。  また、生活苦をはじめとしたいろいろな事情により、町税を納期限内に納めることが困難な方には、納税相談に応じながら分納等による納付をお願いしているところであります。  

氷見市議会 2013-06-13 平成25年 6月定例会−06月13日-02号

そうしないと、経営状況が市議会で審議されず、市の公金1億5,000万円を支出しているのにもかかわらず公金支出後のチェックが全くできないことになります。  棚瀬副市長は取締役としてまちづくり会社の経営に参画しておりますので経営責任を有していますが、万が一経営が行き詰まったときは、棚瀬氏個人ではどうすることもできないのではないでしょうか。やはり氷見市がバックにいることが条件になっているのです。  

立山町議会 2012-09-01 平成24年9月定例会 (第1号) 本文

また、主要な財源でもある税収入については、滞納整理に留意し徴収率の向上に努力されましたが、収納率96.2%で前年度より0.1ポイント下がっております。歳出については的確な財政計画のもとに予算が編成され、効率性を十分考慮しつつ執行されています。歳出の性質別決算状況を表4に記載しております。  

立山町議会 2012-06-01 平成24年6月定例会 (第2号) 本文

会計課は、町の公金支出のコンプライアンスを守る最後の番人であります。他の職場の職員から審査が厳し過ぎると嘆きが出るほど厳格な審査を行うべきであります。厳しい、厳しいは、美しい、美しいと褒められていると受けとめていただき、新会計管理者の審査の心構えをお伺いし、私の質問を終わります。

立山町議会 2011-12-01 平成23年12月定例会 (第2号) 本文

町税等の収納率の向上については、窓口の時間延長を含め、税務担当の努力に日ごろより感謝しております。  そこで提案ですが、町民の利便性と収納率の向上を目的として、コンビニエンスストア窓口での納付を制度として導入してはどうでしょうか。  そんなことをしなくても、口座振替を推進すればいいではないかという考えもあります。しかし、日々通帳の残高を気にしながら生活するのもつらいものがあります。

立山町議会 2011-09-01 平成23年9月定例会 (第1号) 本文

また、町の主要な財源でもある税収入については、滞納整理に留意し徴収率の向上に努力されましたが、収納率96.3%で前年度より0.6ポイント下がっております。歳出については、的確な財政計画のもと予算が編成され、効率性を十分考慮しつつ執行されております。  歳出の性質別決算状況を表4に記載しております。  

立山町議会 2010-09-01 平成22年9月定例会 (第1号) 本文

また、町の主要財源でもある税収入については、収納率96.83%で前年度より0.06ポイント上昇しており、滞納整理に留意し、徴収率の向上に努力したものと思われます。歳出については、的確な財政計画のもとに予算が編成され、効率性を十分考慮しつつ執行されています。  歳出の性質別決算状況を表4に記載しております。  

立山町議会 2009-09-01 平成21年9月定例会 (第1号) 本文

また、町の主要な財源でもある税収入については、収納率96.8%で前年度より1.3ポイント上昇しており、滞納整理に留意し、徴収率の向上に努力したものと思われます。歳出については、的確な財政計画のもとに予算が編成され、効率性を十分考慮しつつ執行されています。歳出の性質別決算状況を表4に記載しております。  

立山町議会 2008-09-01 平成20年9月定例会 (第1号) 本文

また、町の主要な財源でもある税収入については、収納率95.5%で前年度より1.5ポイント上昇しており、滞納整理に留意し、徴収率の向上に努力したものと思われます。歳出については、的確な財政計画のもとに予算が編成され、効率性を十分考慮しつつ執行されております。歳出の性質別決算状況を表4に示しております。  

滑川市議会 2007-12-13 平成19年12月定例会(第2号12月13日)

しかしこの収入役というのは、今まで自治体公金を適正に管理する会計事務責任者であったわけであります。確かに電算化の進行等で事務が効率化されまして、現金取り扱いも大幅に減りました。加えて、本来の職務とは直接関係のない市政運営の三役としての職務を担当していたわけでありまして、現在、そういう意味では、市は三役体制から二役体制になったと。じゃ、どこがどう変わったのか。