512件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

氷見市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-03号

次に、保育所及び小中学校における安全対策について質問します。  2001年6月に発生した池田小学校事件は、国民に大きな衝撃と深い悲しみをもたらしました。この事件を契機として、全国の保育所施設や学校施設において安全対策の徹底が行われました。  しかし、あれから18年が経過し、事件の風化が進む中、懸念されるのは現在の保育所及び学校における安全対策の現状です。  

氷見市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-02号

◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 平成28年度の配付状況につきましては、小中学校や保育所、高齢者医療施設などの要配慮者利用施設と、各地区の自主防災会長や民生委員・児童委員などの支援者、さらには土砂災害警戒区域などに在住の方などを対象に、1,000台無償貸与いたしました。  

氷見市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-目次

本定例会に付議された議案等の件名 議案第39号 令和元年度氷見市一般会計補正予算(第2号) 議案第40号 氷見市税条例等の一部改正について 議案第41号 氷見市介護保険条例の一部改正について 議案第42号 氷見市国民健康保険税条例の一部改正について 議案第43号 氷見市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について 議案第44号 氷見市火災予防条例の一部改正について 議案第45号 ケーブルテレビ光

黒部市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3号 6月17日)

次に、本年10月より3歳から5歳の全ての子供たちの保育所、幼稚園、認定こども園の利用料が無償となります。しかしながら、その運用については、いまだ国から示されていないようです。お答えできる範囲でよろしいのですが、3項目めとして、保育所、こども園、幼稚園無償への対応について質問いたします。1点目として、今後どのように保護者に周知していきますか、市民生活部長に伺います。              

黒部市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第1号 6月 6日)

商業地の活性、街のにぎわいへの願いがこめられて      いるが現状を問う。  3 安全で幸せに暮らすまちをめざして   (1)少子高齢が進み地域とのつながりも希薄している今日、地域福祉の役割、      期待は大きい。第3次黒部市地域福祉計画はこうした背景のもとに策定された。      重点的な施策や取り組みについて問う。   

富山市議会 2019-06-04 令和元年6月定例会 (第4日目) 本文

このうち戦略編は、用途別や地域別に施設の現状を分析し、今後40年間の長期的な視点に立って、施設の複合・集約などといった再編手法や、計画的な保全による長寿命の方針など、施設機能の再編と総量の縮減を効果的に進めるための指針を定めたものであります。  

富山市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会 (第3日目) 本文

そんな中、20代、30代の若い世帯が理想の子どもの数を持たない理由は、子育てや教育にお金がかかり過ぎるからということが最大の理由となっており、幼児教育の無償をはじめとする負担軽減措置を講じることは、重要な少子対策の1つであるというふうに考えております。  それでは、まず幼児教育・保育無償について御質問させていただきます。  

富山市議会 2019-06-02 令和元年6月定例会 (第2日目) 本文

幼保無償はことし10月から実施されますが、在宅で育児をする世帯をはじめ、無償の対象とならない子育て世帯があると考えられ、不公平感がある制度と考えますが、見解を伺います。  国は、無償の対象として、認可保育所に加えて認可外施設等も対象とするとしましたが、認可保育所と認可外保育所の設置基準の主な違いについてお聞かせください。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第1号)  提案理由説明

しかし、新たな時代の始まりに夢を膨らませる一方で、人口減少や少子、高齢といった私たちを取り巻く環境は、今後ますます厳しい状況になることが予想されます。  町といたしましては、これまで以上に「ストップ人口減少」に向けた取り組みを強固なものとし、町民の皆さんが幸せを実感することができるよう、さらなる施策の展開を図っていかなければならないと考えているところであります。  

富山市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 目次

報酬及び費用弁償に関する条例の         一部を改正する条例制定の件(原案可決) 議案第 98号 富山市指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準等を定         める条例制定の件(原案可決) 議案第 99号 富山市介護保険条例の一部を改正する条例制定の件(原案可決) 議案第100号 富山市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件(原案可決) 議案第101号 富山市家庭的保育事業等

富山市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第1日目) 本文

次に、10月から実施される幼児教育・保育無償に伴う準備経費として、子ども・子育て支援システムや障害者自立支援給付事務処理システムの改修に要する経費などを計上しております。  次に、消費増税に係る国の経済対策に伴うものとして、未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金の支給に要する経費を計上しております。  

滑川市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会(第5号 3月22日)

議案第12号 滑川市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (5)議案第13号 滑川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (6)議案第14号 滑川市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (7)議案第15号 行政財産の使用料に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (8)議案第17号 滑川市家庭的保育事業等

氷見市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-03号

まず、「女性が働きやすい子育て環境づくり」につきましては、就任直後の平成29年7月に公約に掲げておりました、第2子以降の保育無償や放課後児童クラブの受け入れ時間を、いきいき元気館だけは午後10時まで延長するという施設を設けたほか、教育認定児童、いわゆる幼稚園部門の給食費、これはこれまで別建てで徴収されておったものが、保育園との整合性を図るため、幼稚園部門の給食費の無償をいたしたところでありますし

氷見市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会−03月11日-02号

また、ストップ・ザ・少子のスローガンのもと、本年10月から給食費と預かり保育料への補助も含めた3歳以上児の第1子からの保育料完全無償を実施いたしますとともに、現西部中学校校舎を活用した小中一貫校整備、タブレットパソコンの大規模小中学校への配置台数の拡大など、子育て支援や学校教育の充実に重点を置いた人口減少対策を推進してまいります。  

滑川市議会 2019-03-09 平成31年 3月定例会(第3号 3月 9日)

例えば、人口減少の課題についての取り組みで言いますと、第2子以降、保育料等の無償や中学3年生までの医療費助成などの子育てに係る経済的負担の軽減、児童館などの子育て関連施設や学校施設の充実、理数教育の充実など、若い世代が子育てに希望と安心が持てるまちづくりに取り組んできたところであります。  

黒部市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第2号 3月 8日)

政府は、2月12日に幼児教育、大学など、無償を閣議決定いたしました。なお、幼保は10月より、大学は来春より実施いたします。幼児教育、保育無償する、子ども・子育て支援法改正案と所得が低い世帯の学生を対象に、大学や専門学校など高等教育を無償する、大学就学支援法案を決定いたしました。

高岡市議会 2019-03-07 平成31年3月定例会(第7日目) 本文

その他の保育施策に係る予算に合わせて子育て満足度日本一を目指していくとの答弁がありました。  次に、当初予算議案のうち高岡市国民健康保険事業会計について、  保険給付費等交付金の保険者努力支援分は、インセンティブを与え、保険者の医療費適正に向けた取り組みを促す制度であると理解している。

氷見市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-01号

このような状況の中、本市においては、ピンチをチャンスに変えるという強い思いを持って、行財政運営の健全に向けた学校統合の推進、保育所の民営や氷見市民病院の公設民営など、行政組織のスリムをはじめとした行政改革に取り組んだ時代でもありました。  

富山市議会 2019-03-06 平成31年3月定例会 (第6日目) 本文

この結果を見ましても、未就学児を持つ保護者にとって、保育所は大変重要な位置づけということがわかります。  そこで、保育園の給食費についてお伺いいたします。  昨日12日から、幼児教育・保育無償のための、子ども・子育て支援法改正案が衆議院で審議入りしました。2019年10月からの、3歳以上児の幼児教育・保育無償では、国の方針では給食費が実費負担となる予定です。  

高岡市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会(第5日目) 本文

「安心して妊娠・出産・子育てができる体制の充実」については、平成31年10月からの幼児教育・保育無償に向け、システム改修などの必要な準備を進めてまいります。  「地域の子育て力の応援」については、児童の放課後の安全・安心な居場所づくりのため、放課後児童クラブのクラブ室を整備することとしております。