運営者 Bitlet 姉妹サービス
838件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月11日-03号 休日は結局、市外へ遊びに行くと、子育て中のお母さんたちはよく口にしております。  しかし、最近、植物園の催事などに行きますと、木のおもちゃコーナーが設置されていて、結構多くの親子連れでにぎわっているというお話も聞きました。  ただ、この木のおもちゃコーナーが、実は常設ではなくリースだということを聞いて大変驚きました。   もっと読む
2018-12-10 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月10日-02号 なお、例外措置として認められる臨時的な特別な事情がある場合であっても、年720時間、1カ月当たりでは、休日労働を含め100時間未満、複数月にわたる場合は、休日労働を含め月平均80時間をそれぞれ限度とし、また、45時間を超えることができる月数を1年のうち6カ月以内と定めております。   もっと読む
2018-12-05 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月05日-01号 現在、事業者から提案された事業計画をもとに、公立保育所の再編も視野に入れた施設整備及び運営についての協議を進めておりまして、2020年4月の開設に向け、総合的な子育て支援の拠点としてふさわしい施設となるよう努めてまいります。  次に、新学校給食センターの整備について申し上げます。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第6日目) 本文 エアコンの設置工事は土曜日、日曜日などの休日にしか行えないことから、これ以上利用開始時期を早めることは現実的に難しく、教育委員会としては最速のスピード感をもって事業を進められているところである。したがって、請願者の気持ちは十分に理解できるところではあるが、改めて請願として採択する必要はないと考えるという観点から反対討論がありました。  次に、賛成討論について申し上げます。   もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 まずは、保育料の軽減や産婦人科クリニック、あるいは産前産後ケア施設の整備をはじめとした子育て支援、子育ての環境をしっかりと整えるということ、そしてあわせまして学校教育の充実を図っていくということ。 もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 しっかりと検討していっていただいて、欲を言えば、妊婦さんや子どもと接することの多い保育士さんとか幼稚園の先生なんかにも若い人もいらっしゃいますので、そういう人を対象にしっかりと行っていただきたいなと思います。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第2日目) 本文 ◯ 市民生活部長(中田 貴保君)  今ほど議員からも御説明ございましたとおり、富山市民プールの利用時間につきましては、平日と土曜日は午前10時から午後9時半まで、また日曜日と休日は午前10時から午後7時までとなっており、現在、年間約30万人の方に御利用いただいております。   もっと読む
2018-12-01 入善町議会 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問 子どもを産み育てやすい環境づくりにつきましては、学校施設の大規模改造や(仮称)飯野統合保育所の整備を進め、保育・教育環境の向上を図るとともに、不妊治療等への支援や子育て包括支援センターを中心とした子育てに対するサポート体制の強化、結婚、新婚生活、妊娠、出産、子育て、進学といったライフステージごとの切れ目のない支援、在宅保育への支援、県内市町村を牽引する保育料の軽減、さらには対象を高校生にまで拡大する もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文 また、特定の受付業務が一時的に集中する場合、例えば毎年8月の児童扶養手当の現況届の受付時には、窓口の混雑を解消するため、専用の会場を設けまして、休日も含め2週間程度の集中受付窓口を開設しております。  こういったことから、現時点ではこども家庭部内に総合窓口を設置することは考えておりませんが、今後も引き続き、質の高い窓口サービスの提供に努めてまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-09-05 氷見市議会 平成30年 9月定例会−09月05日-01号 認定こども園の整備に当たっては、今後の児童数の推移等を考慮し、公立保育所の再編を視野に入れた民間事業者による施設整備を目指しており、8月には認定こども園を整備、運営する事業者の公募を開始したところであり、今月中に優先交渉権者を選定する予定といたしております。   もっと読む
2018-09-01 入善町議会 平成30年第5回(9月)定例会(第2号)  代表・一般質問 さらに、不妊治療等への支援の大幅拡充や在宅保育への支援の新設、多様な保育ニーズや子育てに対するサポート体制の強化充実、結婚・出産・進学といったライフステージごとの支援制度の創設、加えて、保育料の軽減措置の新設、拡充や予防接種費用への支援、医療費助成の無料化など、子育てしやすいまちづくりを進めてまいりました。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第4日目) 本文 ◯ 19番(大島  満君)  おわら風の盆期間中や休日において、今後新築される八尾公民館を休憩場所やおわら実演会場として利用するなど、今後連携する予定はないでしょうか。 ◯ 副議長(鋪田 博紀君)  立花教育委員会事務局長。 もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第2日目) 本文 保育や子育て支援の充実につきましては、保育の受け皿の確保のため企業主導型保育事業所の設置に対する補助制度を今年度新たに創設しておりますが、現在5者より事前協議等があり、企業主導型保育事業所の設置が促進されるものと見込んでおります。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第3日目) 本文 ◯ こども家庭部長(中村 正美君)  未就学児が利用する施設には、市が認可している保育施設と認可外保育施設、幼稚園などがございます。市が利用者の調整を行う保育施設へ入所している児童につきましては、その児童や家庭の状況について把握しているところでございますが、それ以外につきましては状況を確認しておりません。   もっと読む
2018-06-18 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日) 市が運営している保育所・幼稚園の保育士127人のうち、嘱託職員、臨時保育士ですけども、55名、43%となっています。保育所・幼稚園で嘱託職員の方がいなかったら、正常な運営ができないと私は思います。市の考えを聞かせてください。              〔市民生活部長 村田治彦君挙手〕 ○議長(伊東景治君) 市民生活部長、村田治彦君。               もっと読む
2018-06-15 氷見市議会 平成30年 6月定例会−06月15日-03号 例えば通学路の整備であったり、スクールバスの運行、それから廃校教室の公民館、会議室、学童保育室などへの改修、いろんな形でいただいておりますが、それぞれ地区ごとに私ども教育委員会と地区の皆様との間で協議を重ね、要望に対応してまいっております。  特に加納地区につきましては、平成18年に旧鞍川保育園を学童保育室に整備しております。それから平成19年には、加納地域まちづくりセンターを整備しております。 もっと読む
2018-06-15 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日) 市長は、低所得家庭の第1子・2子の保育料は県と協力して無償化すると公約されました。県の保育料への支援は、県と市町村が半額ずつ負担する制度設計になっています。支援策は所得制限があり、9月から実施予定となっております。市も9月証明されているのか。保育料の無償化は所得制限を設けるべきでないと考えますが、あわせて答えてください。   もっと読む
2018-06-14 氷見市議会 平成30年 6月定例会−06月14日-02号 次に、放課後児童健全育成事業、いわゆる学童保育についてでありますが、新たにこの4月から上田子児童育成クラブと灘浦学童保育の2つのクラブが開設され、これにより学童保育は市内全域12小学校区に全ての地区で実施されました。開設クラブ数は22クラブでありまして、19カ所となりました。  昼間家庭に保護者がいない小学生児童が対象で、希望する登録者数は778名だそうであります。 もっと読む
2018-06-12 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第3号 6月12日) 十分している程度ではないかと思いますが、そこで、第2子保育料完全無料化のために、たくさんの方が滑川市に引っ越してこられました。  この後10月から、富山県でも所得制限つき第2子保育料無料、また来年には、国も所得制限つき第1子から保育料が無料になります。そしたら、せっかく滑川市の子育ては一番と言っておったんだけど、少しありがたみが薄れるかな。   もっと読む
2018-06-11 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第2号 6月11日) 滑川市のセールスポイントは何かというのは、それぞれ思いを皆さんの心の中で思われると思いますが、私は第2子保育料の所得制限なしの完全無料化、これが1つの売りだと思います。そして、もう1つは、ほたるいか観光じゃないかなということであります。あといろいろとあるわけなんですが、私の思いの中ではその2つが大切な滑川市の売りではないかなということであります。   もっと読む