210件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 9日)

12月定例会市長提案理由において、北陸新幹線5周年記念事業は従来の発想にとらわれることなく、2020健やか黒部躍進事業は、オリ・パラ関連事業並びに健康寿命の延伸、体力の向上など、健康・スポーツをテーマとする新規事業などを重点事業として位置づけ、要求額上限を設けないことが示されたわけですが、そこで2番目の質問として、これら事業実施するに当たり、期待する効果について伺います。  

小矢部市議会 2020-03-09 03月09日-02号

提案理由説明の中でも述べさせていただきましたが、本市令和2年度予算編成に当たりましては、国の編成方針などを勘案しながら一般財源を見積もるとともに、サマーレビュー実施により見込みました約4億円の一般財源不足額に対応するため、予算編成方針において、経費別見積基準として、経常的経費令和年度予算と比べ、一般財源額を5%削減をすること、また、政策的経費は、サマーレビューで示した額を上限として見積もること

高岡市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会(第6日目) 本文

平成14年に万葉線株式会社が第三セクターとして運行を開始し、一時期は乗客数増加に伴い両市からの補助額が減った時期もありましたが、近年は再び増加傾向にあり、今次定例会では補助上限額である3,000万円の計上ということで、この点について憂慮しております。  そこで、市長政策部長にお聞きします。

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

このような状態がある中で、国は来年度の予算案で、就職氷河期世代への支援として、地方公務員中途採用について、2019年の就職氷河期世代支援プログラムなどで、各地方自治体においても、受験資格上限年齢の引上げ、経験不問中途採用試験実施対象者への周知など、就職氷河期世代支援に取り組むこととして、予算案で30億円を計上しています。  

小矢部市議会 2020-03-03 03月03日-01号

また、歳出面では、サマーレビュー実施により見込んだ約4億円の一般財源不足額に対応するため、予算編成方針において、経費別見積基準として、経常的経費令和年度予算と比べ一般財源額を5%削減すること、政策的経費サマーレビューで示した額を上限として見積もること、さらには、市単独補助金については総額10%以上を削減することなどを示し、本市財政の課題である増加傾向にある市債の借り入れや財政調整基金の繰り入

黒部市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

これらの事業につきましては、要求額上限を設けない重点事業として予算編成を行っており、新しい令和の時代にふさわしく、本市がさらなる躍進を遂げるため、事業を通して市民各層の未来へのチャレンジを加速させたいと考えております。  最後に、政策効果を検証していくための目標設定についてのご質問にお答えをいたします。  

滑川市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第3号 9月10日)

フリー乗車証には利用回数に制限を設けていないこと、またそのほかといたしまして、あいの風とやま鉄道富山地方鉄道などの他の公共交通機関においても、運転免許証有効期限内に返納された方への運賃割引を行っていることから、現在のフリー乗車証利用期限の延長は現段階では考えておりません。  以上でございます。 ○議長(原 明君)  角川真人君。

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

本年10月から実施しますこの事業は、高齢者障害者の方々に安心して通院買い物をしていただくために、町営バスやおでかけワゴン、タクシー運賃の一部を町が助成するものであります。  対象者は、町内在住運転免許証を持たない方や運転免許証の全てを返納した方で75歳以上の方、または18歳以上で精神障害者保健福祉手帳の1・2級か、身体障害者手帳の1・2級のいずれかをお持ちの方となります。  

小矢部市議会 2019-06-21 06月21日-03号

主な見直しについては、残業時間の上限規制、年5日の年次有給休暇取得の義務づけ、同一労働同一賃金の推進、フレックスタイム制の拡充などとなっています。 経済の動向はというと、景気が低迷ぎみの中、東京一極集中の是正は進まず、少子高齢化等による影響もあり、中小企業においては人材不足人員不足により厳しい環境となっています。

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

町が運行しております町営バス「のらんマイ・カー」とデマンド交通ウチマエくん」については、従来から障害者手帳または療育手帳の交付を受けた方、65歳以上の運転免許返納者、さらに、ウチマエくんにおいては75歳以上の高齢者の方について運賃の減免をしてまいりました。  

魚津市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第2号) 本文

先ほど申しましたように、全国高齢者による重大事故が激増していて、なおかつ、国や地方自治体には、免許を返納した方に対しての大幅な運賃割引など、高齢者免許返納につながる施策が求められている状況の中、魚津市のこの返納制度では、高齢者免許返納にブレーキをかけているものとしか思えないものであります。  

黒部市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第3号 3月11日)

せっかく交通網を整備しても、公共交通の乗り方はどうすればよいのか、目的地に向かうバスがあるのか、どこからどのバスに乗ればよいのか、運賃は幾らなのか、帰りの便はあるのかなどといった基本的な情報が市民に十分に伝わってないと不安感につながります。公共交通利用を妨げる大きな要因になってしまうおそれがあると思います。