45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

氷見市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会−03月11日-02号

特に2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されること、また2025年には大阪万博が開催されることが決定しており、今後、訪日外国人旅行者が飛躍的に増加することが見込まれます。  また、富山県においても、今年5月に日台観光サミットが、10月には世界で最も美しい湾クラブ総会が開催されることが決まっており、多くの外国人観光客が訪れるのではないかと期待するところであります。  

黒部市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第2号 3月 8日)

さて、2025年は55年ぶり大阪万博であります。どんな博覧会になるのでしょうか。楽しみというより、怖い思いがいたします。例えば、銀行マンは、銀行の将来は厳しい、キャッシュレス決済の時代が来て、半分AIに乗っ取られ、人数は半減すると。また、書店のおやじさんはペーパーレスであと5年もつだろうか、心配しております。新聞屋さんは新聞の電子版で購読者が激減、頭を抱えております。

黒部市議会 2018-12-12 平成30年第7回定例会(第2号12月12日)

特に、来年度には富山県で日台観光サミットを初め、世界で最も美しい湾クラブ総会、さらにはシアター・オリンピックスが開催されるほか、2年後に迫った2020東京オリンピック・パラリンピック、5年後の黒部ルートの一般開放並びに2025年大阪万博の開催など、今後数多くのビックイベントが行われますので、多くの台湾観光客が新川地域を周遊観光していただけるよう、引き続きにいかわ観光圏2市2町でタッグを組み、観光振興

高岡市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 索引

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102   福田市長政策部長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103   米谷教育長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103  6番 山口泰祐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105  1 本市におけるインバウンド観光対策に関して   (1) 大阪万博開催

入善町議会 2018-06-01 平成30年第4回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

大阪の花万博に県が出展した花マンダラの塔が平成3年、役場前に移設され、当時の広報に、「高さ7.3メートル、幅2.1メートルの四角錐の塔で、赤、黄色、緑、紫、色鮮やかに彩られています。夜間は内部の照明で昼とは全く違う表情を見せ、こちらもとってもきれい。花と緑と人間との調和への願いが込められた町のシンボルとして、町民やそばを通るドライバーの目を楽しませてくれます」と紹介されていました。  

入善町議会 2017-09-01 平成29年第23回(9月)定例会(第2号)  一般質問

このモニュメントにつきましては、平成2年に大阪で開催された花の万博で富山県が出展していたもので、万博終了後に県から入善町が譲り受けて、現在の場所に町が移設したものであります。現在進められております国道8号の拡幅事業におきましては、このモニュメントは拡幅計画にかかる位置にあり、現在の場所からは撤去する必要がございます。  

富山市議会 2016-03-03 平成28年3月定例会 (第3日目) 本文

4月29日から5月6日、パリ、トルコにOECD会議、また、ガランティ銀行関係者との面談、5月27日から6月3日、ミラノ、リスボン、ミラノ万博シンポジウム、モンドセレクション授賞式、9月29日から30日、ワシントンD.C.において持続可能な都市の開発の経験セッション、10月1日から10月4日、イタリア・ベラージオ、100のレジリエント・シティ市長会議、10月5日から10月7日、スペイン・バルセロナ、バルセロナ

氷見市議会 2015-06-26 平成27年 6月定例会−06月26日-04号

今現在行われておりますイタリアミラノの万博、そこにある「ミラノサローネ」という博覧会にアイデアを重ねました、大きな海を親しむプログラムであります。  例えば「マナボーネ」と称しまして、海洋漁業、魚食文化を海体験を通じて学ぶプログラムや、潮風を感じながら砂浜で遊び、海に守られ、海のあるまちの子であることを心に刻む多彩なふるさと教育プログラムを実施してまいります。  

富山市議会 2015-06-03 平成27年6月定例会 (第3日目) 本文

森市長におかれましては、年が明けて本年2月にマレーシアの「環境未来都市」構想推進国際フォーラムに出席され、4月はパリでOECDの会合に出席、直近ではイタリア・ミラノ万博において「環境未来都市とやまシンポジウム」を開催などと世界中を駆けめぐっておられるという状況です。  いよいよ本年10月には、本市において2つの国際会議が相次いで開催されます。