143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2019-06-18 令和元年 6月定例会(第3号 6月18日)

コミュニティバス事業についてでありますが、昨年策定した滑川市地域公共交通網形成計画では、バスの更新について、デマンド交通バスの小型化など検討すべきと明記されている中、なぜ、今回、車椅子仕様対応のバスを導入、購入するのか伺います。 ○議長(原 明君)  藤田産業民生部長。 ○産業民生部長(藤田博明君)  それではお答えいたします。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

やはりなかなか車がないと生活ができない、そういった方々が自主返納されたときにやはり最低限の生活をしていただくためにはこういった制度が必要であろうというふうに考えて立ち上げた制度でありますが、基本的に町営バスあるいはデマンドタクシーなどを利用されれば片道300円、往復600円、週に1回買い物に行くということを計算しますと月2,400円。

上市町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第1号) 本文

具体的には、既存路線のうち利用が少なく運行時間が長大な白萩線と、過去に運行していた経緯があり、広い範囲に人口が密集している新屋・女川・舘方面に(仮称)陽南線を再設定し、これらの2路線において、予約乗り合い方式、いわゆるデマンド運行の導入を予定しています。

上市町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第2号) 本文

村内には富山地方鉄道が運行していますが、高齢者公共交通デマンドタクシーを求む声が多く、当町には、かみいち総合病院、開業医(院)などに多く診療のために来町され、その帰りには衣料品をはじめ食料品等々を買い物していただき、町に呼び込むチャンスと捉え、舟橋村は実現可能なら運行費用を負担すると意気込みがあり、5月13日の舟橋村交通安全村民大会にて、この課題について雑談の中で議論をしており、今後の検討課題として

入善町議会 2019-03-01 平成31年第7回(3月)定例会(第1号)  提案理由説明

町営バスデマンド交通新幹線ライナーについては、今年度実施しております実証実験の結果を分析・検証し最適化することで、より多くの方に利用していただける利便性の高い交通網を形成してまいります。また、引き続き自動車の運転に不安を感じる高齢者の運転免許証の自主返納を促進するとともに、返納された方に対して公共交通利用券を交付し外出時の移動を支援してまいります。  

立山町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第2号) 本文

デマンドタクシーをという要望もありますが、今回はタクシー支援補助として制度が設定されました。  そこで質問ですが、1つ目は、マイナンバーカードを持たないとタクシー利用助成を受けられないのかであります。  報道によりますと、自治体ポイントとして付与するとされています。しかし、当初申し上げましたように、マイナンバーをつくりたくないという方もいます。その点の考え方を伺います。  

黒部市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1号 3月 1日)

     見解、及び調査の実施を排砂実施機関に働きかけ出来ないか伺う ■1番 谷村一成議員(一括方式)  1 公共交通について   (1)本市では平成27年4月に「黒部市地域公共交通網形成計画」を策定し、公共      交通網の再編に必要な事業を着実に推進しているが、本市における公共交通の      あり方及び求められる役割をどのように考えているのか   (2)公共交通の内、路線バス・コミュニティ交通デマンドタクシー

入善町議会 2019-03-01 平成31年第7回(3月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

次に、デマンド交通「ウチマエくん」の実証実験の状況についてであります。  ウチマエくんの平成30年9月1日からことし1月31日までの利用状況は1日当たり利用人数48.4人となっております。  実験開始前の8月末までの1日当たり利用人数は42.6人であり、1日当たり約6人の利用が増加しております。

上市町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第1号) 本文

現時点では、利用者の少ない路線をデマンド方式に変更し、その他の既存路線においては、郊外部の路線沿線上において安全を確保した上での自由乗降の実施を可能とするほか、重複路線の解消や便数の増加、電車との接続改善などの利便性の向上を図る一方で、利用者の少ない便や運行日の見直しを行い、持続可能な仕組みとなるよう検討を進めております。

黒部市議会 2018-12-12 平成30年第7回定例会(第2号12月12日)

10、高齢者の足となるデマンドタクシーの活用計画は。  以上であります。当局の希望ある確信あるご答弁を求めます。  以上です。              〔14番 辻 靖雄君質問席に着席〕                〔市長 大野久芳君挙手〕 ○議長(辻 泰久君) 市長、大野久芳君。                

黒部市議会 2018-12-05 平成30年第7回定例会(第1号12月 5日)

は   (3)「区画整理地」などの用途地域への居住誘導策は   (4)パッシブタウン第2期計画への支援は   (5)髙橋川の「矢当橋」の架け替え計画は   (6)電鉄黒部駅のトイレの改修計画は   (7)歩行者空間を設定した「にぎわいづくり」の支援策は   (8)市街地活性化へ「電気バス」の走行計画は   (9)鉄道の駅(23か所)を活用した「まちづくり」の支援策は   (10)高齢者の足となる「デマンドタクシー

立山町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 (第2号) 本文

2)点目は、過去にも試験的に取り組まれましたが、現在デマンドタクシーの需要が増していると思われます。高齢者の足を守り、生活を守るという観点から、我が町でも検討を始める必要があるのではないか伺います。  デマンドタクシーとは、予約をされた方の家まで迎えに行き、目的地まで運行する予約制の乗り合いタクシーです。特徴として、家から目的地まで、例えば買い物や町医者へと行けます。

入善町議会 2018-12-01 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

まず、デマンド交通「ウチマエくん」の運行システムに関する御質問についてお答えをいたします。  少子高齢化社会の進展に伴い公共交通の果たすべき役割はますます重要となることから、利便性の高い公共交通の運行体制について常に見直し、検討を行ってまいりました。  デマンド交通「ウチマエくん」については、利用者から前日予約や待ち時間がわからないなどといった予約面に関する意見が出ておりました。

上市町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第2号) 本文

そこで、理想はデマンド型をということになりますが、デマンド型にも配車の問題や地元民間タクシー会社との競合等の課題も残ります。そこで、デマンド型でなくても、各地区から短時間で放射線状に拠点に集客し、その拠点から循環型のバス病院や買い物などの目的別のバスを運行することも可能ではないでしょうか。

上市町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第2号) 名簿

なかの活性化を    4 公共交通と地元開催の集い    (1)勉強会に参加し上市町へ誘致を    (2)既存の企画切符で体験を   8.11番 酒 井 恒 雄    1 中川町長就任1年を振り返って    (1)町民の満足度向上のために、どのような施策に取り組んできたのか    (2)今後、更に輝く上市町を目指すため、自身の格言・標榜は何か    2 平成31年度の諸課題について    (1)デマンドバスタクシー

上市町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第1号) 本文

町といたしましては、スクールバスとしての機能確保と高齢者等の日常の足の確保を最優先課題とした上で、今後、予約式の乗り合いタクシー、いわゆるデマンド運行等という新たな手法の実施も含めて、関係者との協議を行い、当町に適した交通体系についての検討を進め、新年度後半には実証実験までこぎつけたいと考えております。  次に、富山広域連携中枢都市圏の連携事業について申し上げます。  

滑川市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会(第4号 9月26日)

10 コミュニティバスを含む公共交通について、地域交通網形成計画を策定されたが、小型バスや、デマンドタクシーの導入など、市民の利便性向上のための抜本的な対策を講じるよう努められたい。 11 市営住宅(サンコーポラス上小泉)、定住促進住宅(サンコーポラス上小泉、吾妻、北野)それぞれの住宅において、入居者増に向けた政策を検討されたい。