79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第4号 3月11日)

その後、JEC台湾事務所へ訪問をし、インバウンドに関する取り組みについて、いろいろと事例を交えて紹介していただきました。  その後、立山黒部アルペンルートへの送客が台湾で五本の指に入る旅行会社3社へ、それぞれ観光PRをし、帰ってきたわけでありますが、総じて思ったことは、旅行会社の日本への送客担当者は若くて日本語も上手であります。

高岡市議会 2019-03-06 平成31年3月定例会(第6日目) 本文

例えば最近では、メディカルツーリズム、いわゆる医療観光がインバウンド対策の成長市場として注目されていることから、本県の「薬都とやま」というイメージも活用しつつ、地元の病院やヘルスボランティア協議会との連携を図り、伏木コミュニティセンターで乗船客を対象に健康チェックを提供するなどのいろんなアイデアを盛り込んで、より一層の誘致活動に御尽力いただきたいとお願い申し上げまして、次の質問に移ります。  

高岡市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日目) 本文

また、キャッシュレス決済が主体となっているインバウンド対策としてもQR決済は有効と考えますが、見解をお聞かせください。  次に、安全・安心なまちづくりについて5点お尋ねします。  まず最初に、4月から民営化されます長生寮の移行準備の現状と今後の支援体制についてお聞かせください。大半の職員が入れかわるということで、入所者の方や御家族の方から不安、心配の声を聞いております。

高岡市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 索引

(2) インバウンド対策としてQR決済は有効と考えるが、見解は。  5 安全・安心なまちづくりについて   (1) 4月から民営化される長生寮の移行準備の現状と今後の支援体制は。   (2) 手話普及の現状と普及推進に向けての具体的取り組みは。   (3) 人口減少、少子・高齢化の進展で、組織維持が困難となる自治会の現状と対策は。   

黒部市議会 2018-12-12 平成30年第7回定例会(第2号12月12日)

今回の台湾訪問につきましては、現在、立山黒部アルペンルートを訪れる外国人観光客の50%を占める台湾からの観光客を新川地域に誘客するため、一般社団法人富山湾・黒部峡谷・越中にいかわ観光圏協議会がインバウンド対策推進事業として、2018台北国際旅展への出展並びに台湾・観光関連団体に対する誘客促進要望などに取り組んだものであります。

氷見市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会−12月11日-03号

これに加え、インバウンド、いわゆる訪日外国人旅行者の獲得にも力を注いでおり、台湾でのトップセールスをはじめとした海外プロモーションも行っております。  また、多言語の観光パンフレットやホームページの整備、観光事業者等を対象にした訪日おもてなし研修の開催、多言語会話シートの制作など、来年の日台観光サミットや世界で最も美しい湾クラブ総会等を見据えた受け入れ環境の整備も進めております。  

氷見市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会−12月10日-02号

「働きたい街」につきましては、大浦第2工業団地への株式会社小松製作所の立地や氷見市・名城大学農学部連携推進協議会を設立いたしまして、産学官が連携して新たな産業育成等に取り組んでいるほか、国際観光に向けたインバウンド対策としての台湾やシンガポールでのトップセールスを実施するとともに、創業支援により地場産業の育成を進め、産業の振興と雇用の創出に取り組んでおります。  

富山市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 (第3日目) 本文

また、ホテルにつきましては、客室数が約190室あり、駅前にふさわしい品格のホテルを提供することで、今後増加が見込まれるインバウンド、あるいはシニア層の需要に応え、地域の観光振興を図ることとされております。  そのほか、路面電車の軌道に並行してオープンテラスを設けることで、南口駅前広場と一体となったにぎわいを創出する施設配置計画などが提案されております。  

立山町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 (第3号) 本文

昨日、インバウンド、訪日旅客数が前年の2,869万人を既に超え、3,000万人に達したという報道がありました。インバウンドは、アルペンルートの通り抜けを楽しまれる方が多く、また今年の4月15日のように猛吹雪のため運行休止とならない限り、天候に左右されない、ありがたいお客様となっています。  

高岡市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 索引

‥‥ 102   二塚総務部長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102   福田市長政策部長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103   米谷教育長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103  6番 山口泰祐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105  1 本市におけるインバウンド

入善町議会 2018-12-01 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

先般、台湾のほうへインバウンド関係の仕事で行ってきたわけでありますが、やはり外国からもジャンボ西瓜についての興味はすごく高いというふうに感じてまいりました。  また、いろんな方々から、今、議員のおっしゃるような栽培についてのあり方を変えてみてはどうかという意見も伺っております。例えばハウス栽培はできないだろうかというような話もございます。

小矢部市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−02号

〔10番 白井 中君登壇〕 ◆10番(白井中君)   なぜにこのインバウンドとか、こういうことを言うかといいますと、定住人口1人の年間消費額は、外国人旅行者8名分だそうでございます。  そして、国内旅行者にとっては25人分、日帰り旅行者については80人に匹敵すると、このように言われておるからであります。  

射水市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会-09月10日−02号

グローバル化が進展する中、海外都市との友好交流は、相互理解や国際親善の推進が図られることはもとより、インバウンド観光の促進などから地域の振興や活性化にもつながると期待をされるところであります。また、未来を担う子供たちや若い世代にまで交流の裾野を広げることで、国際感覚の育成や多文化共生の一層の推進が図られると考えております。  

氷見市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会−09月10日-02号

氷見だけしかない、そのような観光プランが必要であると考えますが、インバウンド対策を今後どのように行っていくのかについて質問をいたします。  次に、中心市街地の整備について質問をいたします。  4つの公共空地の利活用については、この4年間の一番大きな課題でありました。

高岡市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会 索引

(3) 県外観光客やインバウンド観光客をふやすためにどのようなプロモーションを行っ    ていくのか。  2 労働環境について   (1) 公立保育所や学童保育など働き方改革や産業構造の変化に合わせて運営の曜日や時    間などの見直しを図っては。   (2) 企業内保育施設の拡充を促すために市として設置企業への補助や支援の拡充を検討    しては。   

立山町議会 2018-09-01 平成30年9月定例会 (第2号) 本文

インバウンド頼りより地域内発型地方創生こそ必要だとの声がありました。そのことに関しての考えを問うものであります。  2回の考える会を開きましたが、ほとんどの方は事業内容を初めて聞いたということでした。それだけ町民が何も知らないうちに事業が進んでいるということになります。こうして質問に取り上げることによって、町民の方が関心を持ってもらえたら幸いです。  

黒部市議会 2018-06-18 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日)

〔8番 小柳勇人君起立〕 ○8番(小柳勇人君) ぜひインバウンド対策については、対象国を絞ることなく全世界に通用するものをこの機に整備をお願いしたいというふうに思います。  今ちょっと抜けてたところであえてお伺いしますが、駐車場対策っていうのはどうなりますかね。               〔教育部長 長田行正君挙手〕 ○議長(伊東景治君) 教育部長、長田行正君。               

黒部市議会 2018-06-15 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日)

観光局におきましては、今後のインバウンド対策に向けたさらなる事業展開と地域の稼ぐ力を引き出した魅力ある観光地づくりの実現に向け、日本版DMOの正式登録を目指しているところであります。  市といたしましては、日本版DMOの正式登録に向けた取り組みを支援するとともに、国の各種支援制度を活用しながら、観光局の人材育成と組織の強化を図ってまいりたいと考えております。  

小矢部市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日−02号

次に、インバウンドについてお伺いいたしますが、このインバウンドの捉え方は、従来は訪日外国人観光客を捉えていましたが、最近では本市に集まってくる人、物、お金、情報のベクトルの全てをいいますから、従来の訪日外国人観光客を初め留学、就労、技能実習生、不動産、移民、事業投資を含む幅広くの考え方に変わりつつあると言われていますが、当局の見解をお尋ねします。