11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

黒部市議会 2018-12-12 平成30年第7回定例会(第2号12月12日)

インフルエンザワクチン接種、ロタウイルス、風疹はしか、B型肝炎など、ワクチンで防げる病気、いわゆるVPDへの理解とそのワクチンの定期的接種化を推進するべきと思いますが、市民生活部長に伺います。  大きな3点目、産業振興についてであります。  労働力不足の現状において、労働生産性の向上は喫緊の課題であります。

黒部市議会 2018-12-05 平成30年第7回定例会(第1号12月 5日)

インフルエンザワクチン接種、ロタウィルス、風疹麻疹はしか)、B型      肝炎などワクチンで防げる病気(VPD)への理解とそのワクチンの定期的接      種化を推進するべきと思うが  3 産業振興について   (1)労働力不足の現状において、労働生産性の向上は喫緊の課題である。

富山市議会 2013-06-04 平成25年6月定例会 (第4日目) 本文

早急に、麻疹はしか)、風疹混合ワクチン、いわゆるMRワクチンの任意での接種が必要であると呼びかけていただきました。  本年4月1日から子宮頸がん、乳幼児の細菌性髄膜炎の原因になるインフルエンザ菌b型(ヒブ)と小児用肺炎球菌の3ワクチン自治体による定期接種化になったことなど、予防医療の充実が市民健康と命を守る対策につながるものと信じます。  

黒部市議会 2008-09-12 平成20年第3回定例会(第3号 9月12日)

1番目、はしか結核の現状と対策について。2番目、人間ドックの人気の秘密について。3番目、電子カルテ体制の落とし穴について。  日ごろから、新居院長は、新川医療圏14万地域住民を守る中核病院のリーダーとして「日々念心」を掲げ、高度先進医療の推進と地域連携医療地域包括ケアを目指して前向きに頑張っておられます。また、勤務医や看護師等の現場の苦労に心を砕いておられることも承知しております。

高岡市議会 2008-09-01 平成20年9月定例会 索引

2 子供たちの健全育成のための環境整備について   (1) はしか予防のため13歳と18歳全員を対象に始まったワクチン追加接種が低迷してい    る。流行の抑制のため接種の推進を。   (2) アレルギーで悩む子供たちが多いが、3カ月や1歳半健診などの機会に正しい知識    やアドバイスなど、相談体制の強化を図っては。   (3) 子供を守る地域ネットワーク機能強化事業への支援充実を。   

高岡市議会 2007-06-01 平成19年6月定例会 索引

2 はしかワクチンについて   (1) 市内のはしか患者の報告人数は。   (2) ワクチンが不足していると仄聞しているが状況は。   (3) 1歳と小学校入学前の2回、予防接種を行っていると思うが、予防接種を受けてい    る割合とそれについての考えは。   (4) 外国人子供たちへの予防接種はどうなっているのか。  

富山市議会 2005-03-02 旧富山市:平成17年3月定例会 (第2日目) 本文

したたかさは、強さと抜け目ないということで本来議員の身上ですが、富山の人はそれに頭の回転の速さと計算高さを加味した、「はしかさ」という言葉を日常使います。このはしかいことでは、森市長は名うての議員を上回るものがあります。転びそうでも踏ん張る足腰のよさと、ここぞというときの押しの強さは、政治家として頼もしい存在に映ります。

入善町議会 2004-09-01 平成16年第19回(9月)定例会(第2号)  代表・一般質問

第2点は、共働き家庭にとって、子どもの病気や登園まで、義務的に何日間か出てはいけない、風疹とかはしかとか決められておりますが、そうした病後の子どもの対策が緊急に必要とされております。この行動計画策定に向けての指針は、概ね10歳未満の子どもの病後児保育について実数で示すことを求めております。昨年度、黒部市の病後児保育施設「こばと保育室」を利用した入善町の子どもは16名いたと伺っております。

入善町議会 2004-03-01 平成16年第17回(3月)定例会(第2号)  代表・一般質問

子どもは1歳を過ぎると、ウイルス性の腸炎や水庖瘡、そしてはしかなど、よく病気をします。勤めを持つ母親は、泣きたい思いで何日も仕事を休まざるを得ません。病院などでの一時預かり制度があれば、どんなに助かることでしょうか。  国の「次世代育成支援対策推進法」で、自治体企業に行動計画を平成16年度末までに策定することを義務づけております。

滑川市議会 2002-12-13 平成14年12月定例会(第2号12月13日)

これは働く若いお母さんのため、流行性疾患、はしか風疹、水疱瘡などの回復後、2、3日を預かる制度ですが、滑川市での取り組みをお聞かせください。  次に、2つ目として男女共同参画室の早期実現についてです。  10月の28日から3日間、総務文教委員会の視察で宮城県岩手県に行ってきましたが、白石市も花巻市もやはり行政主導型で男女共同参画室を立ち上げ、活動していらっしゃいました。

氷見市議会 1998-06-16 平成10年 6月定例会−06月16日-03号

こういうはしかいことを考えたというところを大いに褒めたいと思います。  以上です。 ○議長(扇谷久信君) この際、暫時休憩いたします。  午前11時30分 休憩        ─────────────────────────  午後 1時01分 再開 ○副議長(松波久晃君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  一般質問を続けます。  1番 久保健三君。  

  • 1