173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

氷見市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-03号

また、本市の自殺死亡率は国や県と比べて高い水準にあり、高齢者もですが、次に40代から50代の働き盛りの男性の自殺が多いです。  自殺防止におけるこれまでの支援活動の実績についてもあわせてお聞かせください。  今後、県の実態調査に伴って、本市も人数や年齢を把握し、生きづらさを抱える人が希望を見出せるよう実効性ある対策が必要になってくると考えます。  

富山市議会 2019-06-04 令和元年6月定例会 (第4日目) 本文

富山市自殺率が。これは大変いい兆しで、こういうときにしっかりと、方向をもう少しはっきりさせていくことによって、誰も自殺に追い込まれることのない富山市の実現ということを具現化できるのではないかということの思いもあって、平成31年3月に富山市自殺対策総合戦略を策定しております。  

高岡市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会(第5日目) 本文

次に、増加傾向にある若年層の自殺防止のためのきめ細かな対策についてお聞きします。  3月は自殺が多い月であることから、自殺対策強化月間と位置づけられており、9年連続で減少しているものの、2018年で2万598人ものとうとい命が失われております。  全国の15歳から39歳までの死因第1位は自殺と、深刻な問題です。

富山市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会 (第2日目) 本文

このほか、学校は、社会環境の変化に伴い、不審者対策やネットトラブル、いじめ不登校への対応、さらには防災教育等の充実が求められており、加えて新学習指導要領の実施に伴い、道徳教科化や小学校3・4年生での外国語活動の導入、小学校5・6年生での外国語科の新設、プログラミン教育の実施など、学習内容や授業時数も増加しております。  

富山市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第1日目) 本文

いじめ不登校対策においては、スクールソーシャルワーカースクールカウンセラーを配置するとともに、関係機関と連携を図りながら、児童・生徒や保護者の支援に努めてまいります。  小・中学校などの施設整備については、耐震化が必要な学校施設の改築や大規模改造、耐震補強を着実に実施するとともに、小学校プール建設など、安全で快適な教育環境づくりを推進してまいります。

富山市議会 2018-09-04 平成30年9月定例会 (第4日目) 本文

その結果、いじめ認知した場合には、いじめの解決に向けて、即時対応に努めているところでございます。  また、認知していない場合や認知数が少ない場合でも、実際に起こっているいじめを見落としているのではないかと再点検を実施するなど、常にいじめのない学校づくりに市教育委員会と連携しながら一生懸命に取り組んできております。  

富山市議会 2018-09-02 平成30年9月定例会 (第2日目) 本文

自殺防止対策について伺います。  本日9月10日はWHO(世界保健機関)が制定いたしました世界自殺予防デーであります。自殺死亡率が全国に比べ高いこと、1つに、自殺死亡者数が総数では減少傾向にありますけれども、10代、20代の若年層では増加傾向であること、また70歳以上の高齢者自殺率は全国的に増加傾向にあります。  

黒部市議会 2018-06-15 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日)

その中では、特に今回、本市におきましても自殺対策計画を策定いたしますが、そういった自殺者の減少ですとか、職場の健康管理といいますか、支援環境の充実、子供の心身の問題への対応といったことが、今後、必要になってくるかと考えております。                〔5番 中村裕一君挙手〕 ○議長(伊東景治君) 中村裕一君。                

富山市議会 2018-06-03 平成30年6月定例会 (第3日目) 本文

95 ◯ 26番(村石  篤君)  これは、全国的に各消防本部に守ってくださいという対応策なのですけれども、全国的にいろんな事件というか事故があったからということで、「サンデー毎日」2016年4月3日号の中で書いてあるものなのですけれども、「熊本では3年連続で消防署員が自殺。パワハラが原因と見られるが、上司は調査もしようとしない。

富山市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会 (第1日目) 本文

いじめ不登校対策については、スクールソーシャルワーカースクールカウンセラーを配置するとともに、関係機関と連携を図りながら、児童・生徒や保護者の支援に努めてまいります。  小・中学校等の施設整備については、耐震化が必要な学校施設の改築や大規模改造、耐震補強を着実に実施するとともに、小学校プール建設などに加え、防犯カメラを設置し、安全でより快適な教育環境づくりを積極的に推進してまいります。

立山町議会 2018-03-01 平成30年3月定例会 (第2号) 本文

頻発するいじめ問題が社会問題化し、その解決策の一つとして創設されることになったとあります。  道徳教育アーカイブの中で、「考え、議論する道徳」への転換に向けた取り組みを支援することとあり、また各学校児童生徒の実態に応じて、多様な創意工夫を生かした授業づくりを進めることが重要だとあります。  小中学生の感受性豊かな時期に、道徳教育教科化されることを大変心強く思います。

富山市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会 (第5日目) 本文

本市における心の悩みや自殺に関する電話相談窓口といたしましては、議員からも御紹介をいただきましたが、平成22年度から保健所に「不安や悩みの相談電話ハートSOSダイヤル」を開設し、平日の午前8時30分から午後5時15分まで対応しております。  昨年度の相談件数は204件であり、相談内容は健康問題に関する相談が最も多く、次いで家庭問題となっており、自殺に関する相談は全体の1割でありました。  

黒部市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第2号 9月11日)

8点目は、いじめや虐待、自殺など複雑な家庭教育環境の中で、年々減少する子供たちに合わせて、教員も減らすようなことになれば、長時間労働がさらにふえ、教育の充実どころではなくなるのではないかと危惧するものであります。統合後の教員配置については教育を受ける立場から、十分な検討を要すると思うのでありますが、教育長の意気込みをお伺いいたします。  

黒部市議会 2017-09-04 平成29年第3回定例会(第1号 9月 4日)

各生徒が小6の時の結果と      中3での結果を比較して、個別の教育に活されているのか   (8)いじめや虐待、自殺など複雑な家庭教育環境の中で、年々減少する子どもた      ちに合わせて、教員も減らすようなことになれば、長時間労働がさらに増え、      教育の充実どころではなくなるのではないか。