32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

高岡市議会 2019-09-04 令和元年9月定例会(第4日目) 本文

このように社会が大きく変化する一方で、IoTロボット、人工知能、ビッグデータといった社会のあり方に影響を及ぼす新たな技術の進展が進んできています。本市においても、課題先進自治体としてこれら先端技術をあらゆる産業社会生活に取り入れ、地域発展と社会的課題の解決を両立していくことが求められ、新たな社会であるSociety5.0の実現を目指さなければならないと考えます。

富山市議会 2019-09-04 令和元年9月定例会 (第4日目) 本文

国の青写真では、Society5.0で実現する社会IoTで全ての人とモノがつながり、さまざまな知識情報共有され、新たな価値を生み出すことで少子・高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服され、これまでの閉塞感を打破し、希望の持てる社会世代を超えて互いに尊重し合える社会、一人一人が快適で活躍できる社会となるとしています。  

富山市議会 2019-09-03 令和元年9月定例会 (第3日目) 本文

その上で、市内企業市民の方々とともに課題を共有しながら、1つには、SDGsの理念に基づく地方創生の一層の推進、2つには、Society5.0に象徴されるAIやIoTなどの近未来技術の活用による産業活性化や行政サービスの向上、3つに、歩くライフスタイルへの転換を促すことによる市民一人一人の生活の質の向上を目指した歩いて暮らせるまちづくりの実現など、将来の社会を見据えた新たなテーマにも取り組んでまいりたいと

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

その上で、新たな視点といたしまして、1つに、SDGsの理念に基づく地方創生の一層の推進、2つに、Society5.0に象徴されるAIやIoT等の近未来技術の活用による産業活性化や行政サービスの向上、3つに、歩くライフスタイルへの転換を促すことによる市民一人一人の生活の質の向上を目指した歩いて暮らせるまちづくりの実現、4つに、地方への新たな人の流れを創出するため、特定の地域と継続的かつ多様な形でかかわることにより

富山市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会 (第3日目) 本文

そして、工場というのはまさに物をつくる施設でありますので、ほかのサービス業等と違いまして、例えば遠隔でお互いをつなぎ合いながら、IoTというのですかね、最近はやりのそういった設備を使ってお互いやりとりする、そういったこともなかなか難儀だと思います。つくったものをやはり集約して、管理していくということが大切であると思います。  

高岡市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 索引

2) 経営コスト削減等に向けIoT導入を積極的に推進しては。    3) がんばる商店街づくり推進事業において、特にキャッシュレス決済の導入が促進     されるよう取り組みを強化しては。   (2) 雇用について    1) ひきこもりの状態にある人や軽度障害者社会参加を促すため、市役所において     テレワーク等の環境を整備し、市の業務に従事する機会を確保しては。    

高岡市議会 2019-03-06 平成31年3月定例会(第6日目) 本文

まず、ゼロ予算事業の中に、さきの代表質問の総人件費圧縮に関する答弁に出てきたロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)共同研究事業が掲載されていますが、これは私がさきの12月定例会で提案したICT及びIoT実装推進施策の一環であり、その際には総務省の支援策活用もあわせて提案したところです。  

高岡市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会(第5日目) 本文

また、国では、これまでの人類の歴史を振り返り、狩猟社会、農耕社会工業社会情報社会に次ぐAIやIoT、ロボティクスなどの革新的な技術が人々の生活を大きく変える第5の社会を意味するSociety5.0の実現を目指すとしております。文部科学省におきましても学習指導要領を全面改訂し、小学校でのプログラミン教育英語教育を積極的に進めていくこととしております。  

富山市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会 (第2日目) 本文

その際には、SDGsの理念に基づく地方創生の一層の推進や、Society5.0に象徴されるAIやIoT等の近未来技術の活用、さらには、中枢中核都市の機能強化や地方への新しい人の流れをつくるためのUIJターンによる起業者、就業者の創出など、国の次期総合戦略において重要なテーマになると考えられる取組みについても、市の立場から十分留意してまいりたいと考えております。  

富山市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第1日目) 本文

また、国内では、阪神・淡路大震災東日本大震災などの大災害が頻発し、防災減災、国土強靱化の重要性が高まるとともに、携帯端末の普及をはじめ、IoTやAIなどのイノベーションにより、生活や社会活動に大きな変革をもたらしました。さらには、我が国が少子・超高齢化、人口減少という過去に経験したことのない大きな問題を抱えるようになるなど、まさに激動の時代であったと考えております。  

富山市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文

その上で、今、議員がお話しになりましたように、AIの導入だとかIoTの進展ということで、例えば保育所の入所条件などを効率化していって、対象となる保育所は、あなたの場合こことここを選べますよみたいなことをすぐ出せるというのは、さいたま市が非常に速いものをつくったという情報も知っていますし、その他の手続はこれからも高度化していくというふうに思います。  ですが、そこで完結してはだめなのだと思うのです。

高岡市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日目) 本文

そして国では、今年度から募集を開始した地域IoT実装のための計画策定・推進体制構築支援事業による地方公共団体へのICT及びIoT実装に関する計画策定支援をはじめ、財政支援、人的支援、普及促進活動といった総合支援策に取り組んでいるところであり、その中に前述の自治体CIOの育成研修も含まれていますが、これら総合支援策の活用の提案に対する当局の所見をお聞かせください。  

高岡市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 索引

2 地域課題解決・経済活性化に向けたICT及びIoT実装推進について   (1) ICT及びIoT実装推進に対する市の基本的な考えは。   (2) 国が進める地域のICT及びIoT実装推進総合支援策を活用しては。  3 公共交通について   (1) 万葉線の速度超過問題に係る社員教育の内容と今後の予定は。   (2) 万葉線への交通系ICカード導入の現状と今後の見通しは。   

氷見市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会−03月12日-02号

さて、現在世界では、人工知能(AI)や全てのものがインターネットにつながるIoTによって産業が大きく変革していく、第4次産業革命進行中であるとされています。  今年1月にスイスで行われた世界経済フォーラムでは、カナダのトルドー首相は、今ほど変化のペースが速い時代は過去にはなかったが、今後、今ほど変化の遅い時代も二度と来ないだろうと述べています。  

  • 1
  • 2