運営者 Bitlet 姉妹サービス
227件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月18日-04号 さて、平成30年を振り返りますと、まちなかグランドデザインの策定を行うとともに、新文化施設の整備に向けた事業者の募集、旧朝日丘小学校跡地での認定こども園整備に係る管理運営優先交渉権者の決定、氷見市・名城大学農学部連携推進協議会の設立、子育て世代包括支援センターの設置や出生祝い制度の創設、また小中学校のICT教育の充実や小学校での外国語教育の推進など、さまざまな施策を議員の皆様の御協力のもと展開してまいりました もっと読む
2018-12-12 黒部市議会 平成30年第7回定例会(第2号12月12日) また、第2に農業は重労働というイメージがありますが、今後、ICTを活用したスマート農業の普及促進が重要であろうと考えております。既に水口自動潅水装置などは県内の一部でも使用されており、今後、自動運転トラクターですとか、ラジコン型草刈機などのロボット化が普及し、人手不足や高齢化を補う農業環境も整備されていくものと考えております。 もっと読む
2018-12-11 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月11日-03号 また、氷見市では、これからの社会でたくましく生きるための学力を身につけるために、外国語教育、それからICTを活用した教育を力強く進めているところでございます。  まず、外国語教育の推進におきましては、今年4月から全ての小学校で3、4年生では週1時間、5、6年生では週2時間の外国語活動を実施しております。また、全ての小中学校にALTを配置し、教員と連携しながら学習を進めているところでございます。   もっと読む
2018-12-10 氷見市議会 平成30年12月定例会−12月10日-02号 特に、恒常化をいたしております長時間勤務の根本的な是正は必須であると考えておりまして、その改善に向けてスクラップ・アンド・ビルドを徹底するとともに、業務の進め方の見直しやICTを活用した業務の効率化、また業務の民間委託を進めるなど、限られたマンパワーの範囲内での事業の重点的、効率的な配分に努めまして、総業務量の圧縮につながるよう取り組んでまいります。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第3日目) 本文 さらには、ICTを活用したスマート農業、スマート漁業に移行していき、これまで以上に経営感覚が求められる中で、それに対応でき得る人材育成が必要不可欠となっていきます。  とりわけ農業に関しては、富山市水橋地区では圃場大型化への整備が進んでいきます。圃場整備と人材育成が当該地域に存在し、協力し合って事業と教育を推進することは、今後の富山市農政にとっても非常に心強いものとなります。   もっと読む
2018-12-01 入善町議会 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問 そういった町の振興につながるものや今現在課題となっているものの研究も大事ですが、これからの農業界を見据えてICTやAIを活用したものやGPSを活用したスマート農業などの研究にも取り組んでいってもらうのも入善高校農業科だと考えています。 もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文 昨年12月定例会において宮口教育長は、「平成32年度よりプログラミング教育が実施されることを踏まえ、今後さらにICT化に向けての環境整備に努めてまいりたい」と答弁されていました。  小学校65校と中学校26校における、現在のICT環境の整備状況及び今後の方針をお聞かせください。   もっと読む
2018-09-10 射水市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−02号 次に、議員御質問の8点目、会議のICT化推進についてお答えをいたします。  会議のペーパーレス化は、用紙代や印刷費の削減、さらには職員の事務作業の効率化や資料の簡素化が期待できることから、第3次射水市行財政改革集中改革プランに位置づけ、タブレット端末の活用によるペーパーレス対策に取り組むこととしております。   もっと読む
2018-09-10 氷見市議会 平成30年 9月定例会−09月10日-02号 次に、長時間勤務の根本的な是正を図るための方策でありますが、限られたマンパワーの中で、まずは仕事の総量、全体量を減らすための工夫が必要であり、スクラップ・アンド・ビルドの徹底、また仕事の進め方の見直しやICTなどを活用した業務の効率化、民間でできることは民間への委託を行うなど、こういった方策が必須であると考えております。   もっと読む
2018-09-01 高岡市議会 平成30年9月定例会(第2日目) 本文 また、ICT環境の整備につきましては、国において平成30年4月に教育のICT化に向けた環境整備5か年計画が策定され、大型提示装置を普通教室及び特別教室へ常設配置することや、生徒用コンピュータを3クラスに1クラス分程度配備すること等の目標水準が示されたところであります。   もっと読む
2018-09-01 入善町議会 平成30年第5回(9月)定例会(第3号)  一般質問・請願等 具体的な支援内容例として3つ挙げられており、1つ目は放置竹林の伐採などを行う集落環境管理に対する支援、2つ目は柵の点検、パトロールや被害状況調査などを行う侵入防止対策に対する支援、3つ目はICTを活用した効果的捕獲、おりの点検、パトロールなどに対する支援となっています。 もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第2日目) 本文 今後、熊野川右岸の取水口の合口化と合わせた農地の1ヘクタールの大区画化を行えば、意欲ある担い手への農地の集積が進み、コメの生産コスト低減やキャベツ、バレイショなどの高収益作物への転換など、農業経営の効率化と安定化を図ることが可能になり、さらには合口化による安定した水量が確保されることで、ICTを活用した水管理の自動化など、スマート農業を実現できるものと考えております。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第3日目) 本文 それで、先日、ICT教育の先進地であります佐賀県武雄市の教育委員会に行政視察に行ってまいりました。武雄市では、平成22年からタブレット端末を利用した教育に積極的に取り組んでいらっしゃいまして、平成26年には全部の小学生に、そして平成27年には全中学生に1人1台の整備を行っておられました。  プログラミング教育だけではなく、ICTを積極的に利用したさまざまな取組みを行っていらっしゃいました。 もっと読む
2018-09-01 射水市議会 平成30年  9月 定例会-目次 けた展望について 6 公共交通について (1) 射水市地域公共交通網形成計画について (2) 0番線の状況とコミュニティバスの今後のルート再編方針について (3) デマンドタクシーの今後のあり方について (4) 万葉線の運賃値上げの影響と支援の拡充について 7 観光の推進について (1) 射水ベイエリアの進化発展に向けた取組について (2) 曳山まつりへの支援・対応について 8 会議のICT もっと読む
2018-06-18 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第4号 6月18日) 記  1 総務文教消防委員会行政視察   (1)派遣目的 ICT活用教育アドバイザー派遣事業、公共施設等総合管理計画、小中一貫教育、ICT利活用推進事業の調査のため   (2)派遣場所 佐賀県鹿島市、嬉野市、杵島郡大町町、神埼市   (3)派遣期間 平成30年5月15日から17日まで(3日間)   (4)派遣議員 尾崎照雄、開田晃江、大門良輔、脇坂章夫、岩城晶巳、古沢利之、高橋久光  2 東京滑川会総会 もっと読む
2018-06-11 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第2号 6月11日) 今回のマニフェストにおいて掲げた政策目標においては、多くの事業についてお示ししているところでありますが、例えば西部小学校区における放課後児童クラブ棟の設置、それから小学校でのICT化の推進、中滑川駅前の再整備、公設合併浄化槽の推進など、今任期中において一つ一つ具体的に取り組んでまいりたいと考えております。  いま一つは、東福寺野自然公園青雲閣の建てかえのこともいよいよ考えていかなければいけません。 もっと読む
2018-06-07 射水市議会 平成30年  6月 定例会-06月07日−02号 少子高齢化、人口減少や人手不足に苦しむ地方自治体こそ、ICTを活用すべきであり、電子自治体として働き方改革も進められるはずです。  我々議会としても、ICT化を進め、タブレット議会へ取り組もうとしていますが、今のところ当局からは後ろ向きの答弁しか得られず、車の両輪と言われる中、足並みがそろっていません。   もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第2日目) 本文 ◯ 農林水産部長(松島 十三男君)  農業分野では、高齢化の進行や担い手の減少等による労働力不足が問題となっており、作業の省力化、人手の確保、負担の軽減が求められていることから、ロボット技術やICTを活用した省力化や高品質生産を実現するスマート農業の研究開発が進められており、一部には実用化されたものもございます。   もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会 索引 (5) 今後4校に1人の割合でICT支援員が必要とされているが、本市の計画は。   (6) 教育分野におけるICT環境を整備していくに当たり、今後の課題と方針は。  2 ねんりんピックについて   (1) 本市におけるボランティアスタッフの募集方法や募集人数、募集期間などはどのよ    うに考えているのか。   (2) 本市を訪れる人数はどれくらいを想定しているのか。 もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第3日目) 本文 情報企画監とは、ICTを活用した満足度の高い市民サービス提供と効率的な電子市役所を実現するために、専門的知識を有し、かつ情報政策に適切な助言やマネジメントのできる人材です。  未来戦略企画監とは、エネルギー効率改善都市や「100のレジリエント・シティ」に選ばれたことに伴い、すぐれた国際感覚と高度な語学力を有する人材です。   もっと読む